台北「寧夏路夜市」は地元民が愛するローカル感満載の夜市。

寧夏路夜市

台北「寧夏路夜市」で満腹一人旅

寧夏路夜市
ずっと雨が降っていましたが台北旅行最後の日は晴天でした。

なので夜はホテル近くの夜市でご飯を食べました。

台北で有名なのは街全体が夜市という大規模な士林夜市ですが、小さな夜市も地元感があって良いですね。

今日は寧夏路夜市でごはんです。


寧夏路夜市
晩御飯は揚げた臭豆腐。

臭豆腐の調理方法はピリ辛の鍋や、串焼きもあるけれど私は揚げた臭豆腐が一番好きです。
 アゲになった外側部分がザクザクした歯ざわりで、中の豆腐部分がジューシーでとっても美味しいです。
 熱々をはふはふ言いながら食べる。
 揚げるとあの匂いはほのかに感じます。
臭豆腐は臭豆腐屋さんの近くにいる時の方が香りが強くて実際に食べた方が香り控えめという不思議な現象。

臭豆腐より生ニンニクのすりおろしがたっぷり入ったタレの方が強烈で臭豆腐独特の香りがかき消されるのかもしれません。
寧夏路夜市
臭豆腐は個性の強いチーズとか納豆とかの匂いに通じるものがあって中毒性があります。
 みんな一皿を2人くらいで分けあって食べてるけど私は一人で平らげました。 
1年以上日本でおあずけ食らってたので夢中で食べましたよ。
調理しているお兄さんのすぐ後ろにある相席の長テーブルで頂きます!
大盛り!
ザクザクと歯ざわりさいこー!酢漬けキャベツの酸味も良い!
寧夏路夜市
持参した飲み物は臭豆腐を揚げてもらっている間に隣の屋台で買った蜂蜜レモンジュース。
フルーツの国の台湾だからジュース屋さんのメニューは生のフレッシュフルーツを使ったジュースが多いです。
レモンも注文してからその場で絞って(2個も!)作ってました。
さっぱりしていて油っこい食事には最高ですね。

臭豆腐を夢中でかぶりつき、ゴキュゴキュとジュースを飲み、ふはーと幸せな溜息をつきながら食べていたら、同じテーブルに座っていた台湾人のカップルに「美味しい?日本人が臭豆腐食べるの珍しいね。」と話かけられました。
私、無我夢中で凄い勢いで食べていた事に気付きました。
「めっちゃ好き。日本に持って帰りたいくらい好き。」と返事したら「本当は台湾人じゃないの?」と笑われました。
そして食べてる所写真とってあげるよといって私のカメラで撮影してくれました。
台湾の人には本当にフレンドリーですね。それに親切です。優しく声をかけてくれて感謝!
寧夏路夜市
デザートはあべかわ餅のような湯でたお餅にしました。
大きな鍋でお餅をゆでています。 お餅はぷるぷるです。
屋台の裏側にあるテーブル席が満席で空いていないので、根性据えて店の正面のスペースで食べることにしました。 私の背中のすぐ後ろは通路で人通りが多く通行の邪魔にならないように小さくなって食べました。
日本でお餅によく付けるきな粉ではなくピーナツとゴマの粉で食べます。
 餅より白玉に近い食感で箸で突っつくとプルンプルンと震えます。
 そして笑っちゃうくらい伸びる。舌触りはツルツルぷにぷに。
これまた熱々で涼しい日でしたが汗をかきながら食べました。

寧夏路夜市 犬
わんこがいた!どこかの屋台で飼われているお馴染みのわんこらしく各お店に顔を出しおやつをもらっていました。
寧夏路夜市 犬
おしりにガムが付いてたから取ってあげようと追いかけたけど人ごみにまかれちゃいました。
いろんな所で声をかけてもらってご満悦のようでした。
台湾って黒いワンコが多い気がするなー。

台湾の最後の夜に台湾らしい時間を過ごせて大満足です。
活気のある夜市に行くと自分まで元気が湧いて来ちゃいますね。エネルギーをチャージ出来ました。
楽しかったな台湾。

台湾ブログランキングに参加しています!

にほんブログ村 台湾ブログ 台湾旅行へにほんブログ村台湾ブログ

台湾ランキング

台湾ブログランキング