台湾グルメ!臭豆腐はクセになる美味しさ!

臭豆腐

台湾を歩いていて、何だか変な臭いがするそんな経験無いですか?

台湾の至る所で香ってくるその正体は臭豆腐

その名の通り臭い豆腐!

お店の前を避けている方を見かけましたがこの臭豆腐、食べると中毒になるくらい美味しいんですよ。

臭豆腐

豆腐を発酵液に浸けて作られるこの臭豆腐、よく納豆やチーズに例えられるけど、もうちょっと臭い!いえ、だいぶん臭い。でもクセになる!

私はニンニクの中毒性に似ている気がします。ニンニクってたっぷり入れると美味しいですよね、そしてまた食べたくなる。もっと量を増やして食べたくなる。どんどん臭いのが欲しくなってくるんです。

臭豆腐

臭豆腐は焼いたもの(烤臭豆腐)と揚げたもの(油炸臭豆腐)、そしてお鍋などに入れたものがあります。

私が1番好きなのは揚げたもの。多分初心者向きです。

外側がカリッカリで中がジューシー。もちろん臭いです。アンモニア臭です。でもそれがたまらない。

実は記念すべき第1回目に焼いた臭豆腐を食べた時は美味しいと感じなかったんです。

焼いたものを食べたのですが臭いがダメというより食感がダメでした。

もちろん臭いですが甘辛いタレと相まって気にならなかった。

今考えると焼きたてでなく、テイクアウトしてしまったのがベチャッとしてしまってダメだっのかももしれませんが。

でも、でもでも、その後日本に帰って何だかウズウズ。何だか臭豆腐の香りを懐かしむ自分がいてあの匂いを欲したんです。自分でも美味しく無いと感じたものになぜ食べたくなるのか分かりませんでしたがすごく食べたくなりました。

その後、台湾に行った時、我慢できなくてすぐに夜市で揚げたものを食べました。そしたらどういうことでしょう、泣きそうになるくらい美味しかったんです。臭くて美味しい!染みる!臭いが良い感じに染み渡る!タレも甘くて最高!

お豆腐2丁分くらいの量を1人で一気に食べてしまいました。

揚げた臭豆腐には必ず泡菜というキャベツの甘酸っぱい酢漬けが付いているんです。お漬物の様なものですね。それと交互に食べるとエンドレスで食べられる。

もちろん煮物も美味しいです。辛いお鍋に入れると最高です。

臭豆腐

台湾人のお友達いわく臭豆腐にはレベルがあるそうで、私が食べたものはまだまだライトなもののようです。熟成度が高いものは豆腐の色がグレーがかっているらしい。私が食べたのは綺麗な白でした。

台湾の人も個々に好みがあるようで台湾人も高いレベル?のものは食べられないという人もいるそうです。

人生で美味しいものを逃すのはもったいない。一度挑戦してはいかがでしょうか?臭いと避けて通っている方も一度食べると中毒になるくらいハマるかもしれません。

最初の挑戦は揚げたての炸臭豆腐がおススメです。現地の人が並んでいるような流行っているお店の臭豆腐だと間違い無いです。それでダメなら臭豆腐とは悲しいかなご縁がなかったと言う事だと思います。

美味しくない臭豆腐は本当にびっくりするほど美味しくないので初めて食べる方のファースト臭豆腐が美味しいものに当たる事を心から祈ってます!