台湾のローカル色あふれる昔ながらの移動人形劇

人形劇

美味しいと噂の杏仁豆腐屋に行く為に、迪化街の古ーい建築物を見ながら街をだらだらと歩いていたら
「ガッチャン、ガッチャン、プアー!プアー!ジャランジャラン!」とにぎやかな音楽が聞こえてきた。

10年くらい前は台湾を歩いているとよくお祭りのパレードに出くわす事がありました。
お祭りかな?と思いパレードがどこからか現れるのを期待するが現れず。
この音楽はどこから?と見回すと少し先の廟から聞こえてくる。
通りすがりに覗いてみると人形劇をやっていました。

外から眺めていると入り口に立っていたおじいちゃんが「見て行きなさい」と声を掛けてくれたので中に入って見学する事に。
中に入ると目線よりずいぶん高い所に小さい舞台が。
そこでまた小さな人形が右へ左へと忙しそうに動き回っていた。

台湾らしい彩りと音楽。そしてすごい音量!
私は何の演目かさっぱり分からなかったけれど、連れは「○○○だ」と言っていた。←けど何て言ってたか忘れた←確か聞いたときは「あぁ!そうなんだ。」と私でも分かる有名な戯曲だった。

周りはおじいちゃんばっかり。みんなすっごい楽しそう。
しばらく見入っていると突如その小さな舞台から「バサッ!バサッ!」と何かが投げつけられた。
すると今まで劇を見ていたおじいちゃん達が一斉にしゃがみ込み、落ちてきたそれらを拾い集める。何?!何が降ってきたの?!と分からず立ちすくむ私達。

何のきっかけか分からないけど度々突如何かが舞台から投げつけられる。
おじいちゃん達の動きがあまりにも機敏すぎて、取れない!

取るのを諦め、落ちてきた物を確認する事に専念。するとそれがアメだと判明。
パラパラと落ちてくるというよりは高いところから地面へバシッと投げつけられるよう。
首が弱い私は上を向いているのが辛くなりそろそろ退散しようと思った矢先またアメが降ってきた。

今度こそ!と思ったけどやっぱり取れず。。。
運動神経なし!そういえば反復横飛びとか苦手だったな。直線走るのは自信があったんだけど。

おじいちゃんに負ける自分の運動脳力にため息をついていると
隅のほうで座り込んでいたホームレスらしきおじさんがニコニコしながら手招き。
近くに行くとこれまたニコニコしながら自分が取ったアメを差し出してくれている。

ええ~!!私にくれるの?!おじさんこそ糖分とか真面目に必要なんじゃないの?
おじさんお腹すいているんじゃないのかな?!だって私の方が確実に太ってるし!
座ってる位置からは高い所にある舞台は見えないし、アメが振ってくるからここにいるんじゃないの?!
それなのに私が貰って良いの~~~~??!!
とオロオロしていると「あげるよ」とさらにアメを突き出してくる。

やっぱ台湾の人優しいよ~~~~~(感涙)!
みんな聞いて!台湾の人は優しいの~~~~~~(主張)!!

あまりにもおじさんが優しくニコニコしているのでついにアメを頂いてしまいました。
本当に本当におじさんありがとう!!!
おじさんに「とっても嬉しい!」とお礼を伝え、私はその場を後にしました。

アメ、貰ったものの、ただのアメ以上に価値のあるものに思えてしばらく食べる事が出来ず、帰りの飛行機でふと思い出し、口の中にほおり込みました。
甘い味とともに広がる優しいおじさんへの想い。台湾への想い。

今回もありがとう台湾!
台湾から帰ってくるとささくれていた心が晴れて私は少し優しくなれます。
また心が洗濯された(消毒?)渡台になりました!

人形劇

人形劇裏から見るとこんな感じ。
上半身裸のおっちゃんたちが頑張ってます。