台湾に来たならホテルのお部屋でマンゴー祭り

マンゴー

マンゴー

台北の朝市でマンゴーを購入しました。

台湾へ行く理由の一つとしてマンゴーが!
価格は忘れちゃいましたが1個100円くらい。めっちゃ安かった!

台北の雙連朝市へ行ってきましたよ!

2種類のマンゴーがあり、食べ比べをしたいけれど一斤(600g)ずつ買って、2斤では帰るまでに食べきれないので店先で悩んでいると、お店のおじちゃんがとても優しくて1カゴに2種類を混ぜて売ってくれました。

さっそくホテルに帰りマンゴー祭りを開催!!
と言っても友人とふたりむさぼり食べるだけですが。。。
一応、恒例となっているので紙皿とプラスティックの簡易ナイフ、フォークを日本から持って来ました。

カットしている時には部屋中がマンゴーの香りでいっぱいです!
果汁でパンパンのせいか、1個がすごく重い!
カットしている手に滴る果汁!!ヒ~もったいない~っ!!

緑のマンゴーと赤いマンゴー。
おじさんは緑のマンゴーが台湾のマンゴーで、赤いのはフィリピンだと言っていました。
食べ比べてみると、赤いほうが甘く肉厚ですが、香りは緑の方が強くしっかりとした果肉。
もちろんこちらも甘い!
日本ではこの甘さのマンゴーは食べられない(私の懐具合では)!
だってとってもジューシーな果物を食べているのに、甘さで喉が渇くくらい!
手を洗ってもマンゴーの香りが残っていてこのままお出かけしたら虫が寄ってくるんじゃないかとちょっと心配。

せっかくおじちゃんが2種類まぜて売ってくれたのに、私達、実は1日で一斤食べてしまい、また次の日買いに行ってしまいました。
初めから2種類づつ2カゴ買っとけって話です。
その後も友達と2人で4日間毎日一斤づつ食べました。

なんで一斤食べるのに2、3日掛かると思ったんだろう。4日間で4斤ふつうに食べたわ。
心なしか帰る頃には顔が黄色くなっていたような。。

マンゴーが美味しい季節の台湾は気温が高くて、めちゃくちゃ暑いですが、マンゴーお目当てなら外せません!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA