はぴねす台湾

台湾を愛するチャッキーあゆみのブログです。 友達が少ないので気ままなソロ旅が多いです。 台湾のお友達に教えてもらった地元の人ならではの情報もお伝えしたいと思います。台湾がはじめての人にもリピーターの人にも足を運んでもらいたい観光スポットをご紹介します!

「台湾へは何度か行っている、初めてだけれどフリータイムには自分の足で観光したい」という皆さんに「自分で行ける台湾観光」をお伝えします!
気軽な台北市内からちょっと足を伸ばして行ける穴場なスポットをお届けします!

カテゴリ: 航空

スクート 搭乗記《成田空港→台北桃園空港》

この度の渡台で選んだ航空会社はスクート 時間が好みだったのでエクスペディアからホテルとセットで申し込みました。エクスペディア、ひとり旅にはとても使いやすいサイトでお値段も航空券と一緒ならホテル代が安くなるので私は重宝しています。

今回のスクート飛行機代は約31200円。旅行期間は3/14でした。あれ?LCCにしては高くない?そう思った方多そうですね。私も若干高いと思います。しかしながら台北に15:10着で帰りは14:50発となかなかゆとりのある便を選択した結果なので仕方ないかな。前宿泊になりそうな早い便や現地深夜着のような便ならもっと安いと思います。

ちょっと高かったですが(LCCにしては)滞在時間を長くすることができました。

スクート のチェックインは3時間前からできます。今回座席指定なしで申し込みました。


スクート の機内手荷物は「手荷物1個10kgまで、またはノートPCや手提げ袋などを含む手荷物2個合計10kgまで」なので他社のよくある7kgまでよりは良心的です。因みにバッグの大きさは54×38×23以内となります。


スクートが使用する機体はボーイング787エアバス820ボーイング787は長距離を飛べる大きい飛行機です。IMG_9452

今回行きが787のドリームライナーでアタリでした。と言っても席が広いわけではありません。787は気圧の調整や設備が最新なんです。天井の高さもあるし解放的。荷物入れにも余裕があります。
ビジネスシートや広い席にしようかと思いましたがスクートの座席はフルサービスキャリア航空会社エコノミーと変わらないと聞いていたのでそのままエコノミーにしてみました。そしたらチェックイン時になんと行きは1番前の広い席です。ってチケットをくれました!決まるのはランダムらしいのでたまたま空いていたところに当たったのでしょう。ラッキーでした!

IMG_9453

エコノミー席1番前のC席は半分通路に出ている作りになっている。だから変な言い方だけど前に座席も壁もない!すっごい解放間だったけどビジネスとの境のカーテンを閉められたら通路を行き交う人の開け閉めで睡眠には集中出来なかった。それでも足元が広いのはすごくラッキーでした。

帰りはエアバス320。そして帰りは非常口席でした。チェックイン時にやたらと早い英語で「英語話せるか?」って聞かれたので「おっ!これは!」と思って期待したらやはりexit seat12Aの席だったのですが、「ここリクライニングできなかった気がする」と思ってたらやっぱり出来なかった!スクートA320の座席背もたれはかなりの直角。足元は広すぎるくらい広かったけど姿勢が苦しかったです。

普通の席も他のLCCより広そうでした。小柄な女性なら普通のシートでも充分に思えました。


今回は普通席に座ることは無かったけど、発着時間とかも良いし、荷物も手荷物合わせて10キロなので他より余裕があります。今後もスクート 使えるなと思いました。てか、使う!帰りはお土産買って持ち込み6.8キロ、手荷物2.5キロだったのでスクート で良かった!3キロの余裕はすごく大きいです!

お陰でなかなか良い旅になりました!

和光市駅から成田空港へ

いつもは電車で行っていましたが今回初めて埼玉の和光市駅からのバスを利用しました。

私は和光市駅で降りるのは初めてで「早朝のバスで周りに誰も居なさそう当日バス停探せるかな?!」と不安になり、ビビリな私は事前にgoogleのストリートビューでバス停を探してから行きました(笑)でも先にチェックしていて良かった!バス会社のサイトにある地図でもわからない事ないけれど、バス停の案内が目に入らずそこまで歩くのに不安になりました。

空港行きのバス停は少し脇道を入ったところにあるのでこれから利用される皆さんの参考になれば良いな。

2019年3月の記録ですので時間が経ってこの記事を読まれている方は場所やお店が変わっていないか気をつけてくださいませ。


和光市駅南口を出るとバスロータリーがありますが空港行きの京成バス乗り場はここにはありません。ファミレスのガストが見えるのでガストの方に歩いていきます。ガストと線路の間の道を3分くらい歩くとスポーツジム「ザバス」の看板が出てきます。その看板の前に小さなバス停があります。屋根も椅子もないんです。吹きっさらしです。着くのがあまり早すぎると暑さ寒さに耐えなければいけないと思います。

FullSizeRender

6:50のバスをWebサイトから予約しました。

ここから約2時間(遠すぎっ…)。乗ってみると車内に人はまばらでガラガラでした。朝早かったからかな?羽田空港行きの方は沢山並んでました。以前新宿からバスを使っていた時、いつも車内は満員。こんなにも人の多さが違うんだね。

この人がまばらな状態で乗り換えなしで行けるのは荷物が多くてもめっちゃ楽ちん!和光市駅から成田空港へのバス料金は2900円で私の家からの電車料金の倍するのですがこれからバス使っちゃうかも。寝てても勝手に着くなんて極楽です。

渋滞など少し心配でしたが今回バスは定時に到着しました。電車だと旅行出発前に疲れてしまいそうですが、バスなら余力は充分です。

遅延に注意しながら次回からも利用したいと思いました。

スクリーンショット 2019-01-18 16.05.46

エバー航空の機内食が美しい!美味しい!プレミアムローレルクラス


今回キャンペーンでとてもお得な料金でビジネスクラスに乗ることが出来ました。愛すべきエバー航空の写真をアップします。
ほぼ機内食レポートですが…。
東京羽田から台北松山です。

スクリーンショット 2019-01-18 16.05.58
足元広々で楽ちんのプレミアムローレルクラス。
機体は古い感じがするけど東京ー台北を往復80,000円で(キャンペーン価格でした)快適に移動出来るのだから文句はありません。普段はLCCばかり乗っていますがここぞとばかりにチケットを購入しました。シートは180度背もたれが倒れるライフラットシートです。
東京〜台北が4時間程度なのでシートを倒すこともほぼないんですがとりあえずは1度倒してみましたよ。お隣のお席と区切るパーテンションがヘッドレストからスライド式で出すことができました。
これがあるとリラックスして眠れますね。
スクリーンショット 2019-01-18 16.06.05
なんだかんだぎっしり詰まっていますが入っているものはいたって普通。
冊子類が縦の差し込み式に収納されているのは使いやすかったです。
ヘッドホンが大きくて「イイやつ」でした。
スクリーンショット 2019-01-18 16.06.11
ミールタイムです。
ビジネスクラスでも凝った機内食が有名なエバー航空。通常のメニューに加えネット予約限定のメニューが4種類もあり、私も予約してみました。 サイトのメニュー表記が英語なので自分の想像したものが正解なのか当日までドキドキしましたが大体合っていました。 洋食なのか和食なのか中華なのかが分かりにくくて。。。 日本語も表示して欲しいなあ。
前菜:シーフフードと柿のカクテル オリーブと香草の香りとともに(訳:チャッキーあゆみ)」
ヒラメなどのシーフードのカクテルを薄く切った柿でセルクルの様にしています。
美しくて感激しました。
世間で賛否両論ある「甘い×塩辛いの組み合わせ」が好きな私にとってはほんのりとした柿の甘みが嬉しい。
スクリーンショット 2019-01-18 16.06.17
メイン:エビと白身魚のベーコン巻き&たっぷりグリル野菜のパスタアメリケーノ(訳:チャッキーあゆみ)
プリプリの大きな海老が食べごたえありました。
パスタはまあ普通。結構なボリュームですがエビの他に白身魚と蕪、ブロッコリー。お野菜たっぷりは大歓迎です!
その他「ガーリックトーストとバターロール」
機内でバターとガーリックたっぷりの熱々バゲットが出てくるとは。
美味しかったです。
スクリーンショット 2019-01-18 16.06.23
デザートは「フルーツとモンブラン」or「ハーゲンダッツ」。
そりゃフルーツとモンブランでしょう。と思いきや機内は意外とアイスクリームが多かった。
へ〜そうなんだ。
スクリーンショット 2019-01-18 16.06.29
食後にエスプレッソを頂きまーす。
お食事の食器もそうですが、機内で陶器のカップで頂けるのが嬉しいです。これもビジネスクラスのありがたみですね。リラックスできます。
このシュガースティック可愛くて大好きだけどエスプレッソは一気飲み派には歯がゆいです。ザラザラっとお砂糖を入れてぐるぐる回して一気飲みしろとゴットファーザーも言っていました。溶けるまで待てないです。
スクリーンショット 2019-01-18 16.06.35
あっという間に台湾です。
ビジネスクラスはお値段は高いですがただの移動をイベントにしてくれます。
だからキャンペーンがあると飛びついちゃう。いい経験になりました。
頑張ってお仕事します〜!

キティちゃんがいっぱい!エバー航空のキティジェット

エバー航空でパリへ旅立ちました!エバー航空大好きなんです!わざわざ台湾経由して選ぶ価値ありのエバーです。今回はキャンペーンでビジネスクラス破格だったので、この時しか乗れない!とプレミアムローレルクラスにしてみました。
東京から出発の私は関西から来る友人とトランジットの台湾桃園空港で待ち合わせでした。数便しかないキティジェットに乗ってみたくて、待ち合わせ時間の4時間前に台北に着く事になりましたが、それでも乗ってよかった!と思える内容でした。

もう全てがキティ!載せている写真はごく1部でございます。ちなみにキティジェットは5種類くらいの外観があるらしいです。日本では見当たりませんでいたが、台北の空港にはキティのどピンク自動チェックイン機までありましたよ。モニターの中でもキティが案内していました。

キャラクターものとは昔から縁遠く、特にキティちゃんが好きな訳ではなかったのですが、徹底されている事でさらにテンション上がってひとりで鼻息があらくなっていました。フン!フン!お陰で移動がイベントになりました。またキティジェットを狙って乗りたいです!
スクリーンショット 2019-01-16 0.53.18
チケットがキティです。ここから怒涛のキティちゃん祭りが始まります。
スクリーンショット 2019-01-16 0.53.30
 ラゲッジタグまでキティちゃん!
スクリーンショット 2019-01-16 0.53.38
出発エントランスの表示もキティ!
スクリーンショット 2019-01-16 0.53.44
TVモニターも!
スクリーンショット 2019-01-16 0.53.52
クッション、「安全のしおり」までキティ!徹底しています。でもまだまだ序の口。
スクリーンショット 2019-01-16 0.53.58
キティチラリズム
スクリーンショット 2019-01-16 0.54.04
コースターやナプキンまでキティ。
スクリーンショット 2019-01-16 0.54.11
お手洗いのアメニティーも!ちなみにトイレットペーパーもキティちゃんでしたよ!
スクリーンショット 2019-01-16 0.54.18
メニューも!
スクリーンショット 2019-01-16 0.54.32
メニューの中まで!徹底してるな−!
スクリーンショット 2019-01-16 0.54.38
ナプキンホルダーやペーパーナプキンも!
スクリーンショット 2019-01-16 0.54.49
デザートも!きゃわわわわ!!!

キティちゃん好きでなくても気分が上がりまくりのキティジェットでした!絶対また乗るぞー! 
 スクリーンショット 2019-01-18 16.01.02

エバー航空プレミアムローレルクラスの機内食の記事はこちら

↑このページのトップヘ