はぴねす台湾

台湾を愛するチャッキーあゆみのブログです。 友達が少ないので気ままなソロ旅が多いです。 台湾のお友達に教えてもらった地元の人ならではの情報もお伝えしたいと思います。台湾がはじめての人にもリピーターの人にも足を運んでもらいたい観光スポットをご紹介します!

「台湾へは何度か行っている、初めてだけれどフリータイムには自分の足で観光したい」という皆さんに「自分で行ける台湾観光」をお伝えします!
気軽な台北市内からちょっと足を伸ばして行ける穴場なスポットをお届けします!

カテゴリ: 台北の観光

最近マジョリカタイルって言葉よく耳にするんです。何なんだろうと調べてみたら美しい色合いで花柄などが入ったタイルの事だったんですね。古くはルネッサンス期のイタリアのマヨリカ焼きが発祥。そしてイギリスのタイルメーカーのミントン社がマジョリカタイルという名前で売り出し有名になったとか。

それを見て思い出しました。花柄タイルと言えば台湾にも素敵なのがあるじゃない!以前に出逢った台湾の素敵なタイル、伝統的な建物に施されたタイルが美しい!と感激して写真をいっぱい撮ったのでした。写真フォルダを捜索して発掘いたしました。

FullSizeRender
色合いが可愛らしいです。グリーンの縁取りと青色のアクセントが効いていますね。

FullSizeRender
蓮の葉花という所が台湾らしいですね。こちらは金門島で見つけました。透明感があって奥行きを感じるタイルです。

FullSizeRender
色鮮やかで美しいです。3種のタイル。私は1番上がが1番好みかなぁとか聞かれてもないのに見ながら考えてしまいました。

FullSizeRender
これはタイル?焼き物の様ですが…

FullSizeRender
タイルとは言えないかもですが色鮮やか、そして艶やかです!

FullSizeRender
透明なピンクが瑞々しくて可愛いですね。
うるうるとしたグラデーションが美しくて惹きつけられてしまいました!

FullSizeRender
何のお花がモチーフなんでしょうか?細やかですね。個人的には縁を飾っている中華唐草模様に萌えが入ります。
FullSizeRender
壁一面タイルです。色合いが違うのに隣同士でもしっくり来ますね。

台湾のタイル、洋風なのか中華風なのかはたまた日本風なのか判別付きませんがずーっと見ていたい様な奥深い美しさを感じました。
細やかなほど美しいという訳ではなくて、大柄もつるんと艶やかで可愛らしかった!
台湾の渋みある建築に可愛らしいタイルが映えていて素敵さMax最強の組み合わせでした。

そうそう台湾の台鉄嘉義駅に「台灣花磚博物館」というタイル博物館があるそうですね。
今回写真を見返してみて是非行ってみたいなと思いました。



美味しいと噂の杏仁豆腐屋に行く為に、迪化街の古ーい建築物を見ながら街をだらだらと歩いていたら
「ガッチャン、ガッチャン、プアー!プアー!ジャランジャラン!」とにぎやかな音楽が聞こえてきた。

10年くらい前は台湾を歩いているとよくお祭りのパレードに出くわす事がありました。
お祭りかな?と思いパレードがどこからか現れるのを期待するが現れず。
この音楽はどこから?と見回すと少し先の廟から聞こえてくる。
通りすがりに覗いてみると人形劇をやっていました。
img_13

外から眺めていると入り口に立っていたおじいちゃんが「見て行きなさい」と声を掛けてくれたので中に入って見学する事に。
中に入ると目線よりずいぶん高い所に小さい舞台が。
そこでまた小さな人形が右へ左へと忙しそうに動き回っていた。

台湾らしい彩りと音楽。そしてすごい音量!
私は何の演目かさっぱり分からなかったけれど、連れは「○○○だ」と言っていた。←けど何て言ってたか忘れた←確か聞いたときは「あぁ!そうなんだ。」と私でも分かる有名な戯曲だった。

周りはおじいちゃんばっかり。みんなすっごい楽しそう。
しばらく見入っていると突如その小さな舞台から「バサッ!バサッ!」と何かが投げつけられた。
すると今まで劇を見ていたおじいちゃん達が一斉にしゃがみ込み、落ちてきたそれらを拾い集める。何?!何が降ってきたの?!と分からず立ちすくむ私達。

何のきっかけか分からないけど度々突如何かが舞台から投げつけられる。
おじいちゃん達の動きがあまりにも機敏すぎて、取れない!

取るのを諦め、落ちてきた物を確認する事に専念。するとそれがアメだと判明。
パラパラと落ちてくるというよりは高いところから地面へバシッと投げつけられるよう。
首が弱い私は上を向いているのが辛くなりそろそろ退散しようと思った矢先またアメが降ってきた。

今度こそ!と思ったけどやっぱり取れず。。。
運動神経なし!そういえば反復横飛びとか苦手だったな。直線走るのは自信があったんだけど。

おじいちゃんに負ける自分の運動脳力にため息をついていると
隅のほうで座り込んでいたホームレスらしきおじさんがニコニコしながら手招き。
近くに行くとこれまたニコニコしながら自分が取ったアメを差し出してくれている。

ええ~!!私にくれるの?!おじさんこそ糖分とか真面目に必要なんじゃないの?
おじさんお腹すいているんじゃないのかな?!だって私の方が確実に太ってるし!
座ってる位置からは高い所にある舞台は見えないし、アメが振ってくるからここにいるんじゃないの?!
それなのに私が貰って良いの~~~~??!!
とオロオロしていると「あげるよ」とさらにアメを突き出してくる。

やっぱ台湾の人優しいよ~~~~~(感涙)!
みんな聞いて!台湾の人は優しいの~~~~~~(主張)!!

あまりにもおじさんが優しくニコニコしているのでついにアメを頂いてしまいました。
本当に本当におじさんありがとう!!!
おじさんに「とっても嬉しい!」とお礼を伝え、私はその場を後にしました。

アメ、貰ったものの、ただのアメ以上に価値のあるものに思えてしばらく食べる事が出来ず、帰りの飛行機でふと思い出し、口の中にほおり込みました。
甘い味とともに広がる優しいおじさんへの想い。台湾への想い。

今回もありがとう台湾!
台湾から帰ってくるとささくれていた心が晴れて私は少し優しくなれます。
また心が洗濯された(消毒?)渡台になりました!

人形劇裏から見るとこんな感じ。
上半身裸のおっちゃんたちが頑張ってます。
img_14

台湾レトロに惚れています

IMG_9788


台湾にいるとたまに見かける桶屋さんや籠やさん。日本では道具屋街くらいでしか見かけませんが、台湾ではよく見かけますね。

私はよく懐かしい雰囲気に惹かれて寄ってみると素敵なものが見つかって、持って帰る時に飛行機で苦労したりしています(笑)特にかご屋さんとか!キッチンで使える物とかが多いの!

IMG_6757


レトロな感じがなんとも良いですね。こういうお店見ると台湾に来たなぁって思います。

海外旅行に来たらその国らしいお店に入るだけでも旅人の心がワクワクしちゃいますよね。
IMG_6595


台湾はここ10年凄まじい勢いでオシャレスポットがあちらこちらに出来ていて、それももちろん楽しめるのですが、その反面古くからのお店が無くなりつつもあって台湾の素敵な一面が失われていくのは惜しいなと思ってしまいます

住んでいる方にはどちらが良いのか分かりませんし、よそ者のの勝手な言い分と恐縮しつつ…。

レトロな風景は台湾の大きな魅力のひとつなので、これからも昔ながらのお店もまだまだ頑張ってレトロな風格をこれからも感じさせて欲しいなと思いました。

饒河街夜市(ラオハージエイェシー)

台湾人のお友達が一押しの饒河街夜市へ行ってきました。

今回は饒河街夜市のメインストリートから路地へ入った商店街のお店で台湾の定番料理の晩ごはんを食べましたよ。

IMG_6139


メニューは左の赤い器が鴨血湯(やーしえたん)、右が蚵仔煎(おーあーちぇん)。

そして臭豆腐(ちょうとうふ)を注文。ちょっと癖の強いものが多いです。
蚵仔煎は台湾名物の牡蠣オムレツ、卵オムレツの中に台湾の小さめ牡蠣がゴロゴロ入っていて磯の香りがしっかりしています。アツアツを頬張るのが最高です。少し甘いとろみのあるソースをかけていただきます。

臭豆腐はお豆腐の加工食品で名前でおわかりの通り臭いです。アンモニア臭の様な香りなのですが慣れるとニンニクや納豆のように癖になる美味しさなんですよ。揚げたり焼いたり鍋にも入れたりします。今回は香ばしく揚げたものを注文しました。

鴨血湯は鴨の血を固めた独特の食感のある食材で火鍋の定番ですが、そのほかの料理でも度々登場します。見た目はレバーに見えますがクセがなく食感はプリッとしていて硬めの寒天の様な食感?ほんと、独特の食感なので表現が難しい!香りも味もあまりないので食感を楽しむ食材ですね。

そう言えば台湾の人って食感にすごくこだわりますね。タピオカや芋餅などのQQ(もちもちしたものを表す)も大好きですものね。


こちらが台湾名物臭豆腐。


IMG_6136

熱々で外側がカラッと揚がってサクサクした臭豆腐にニンニクの効いたタレを絡めて頬張ると中からジュワーっと旨味が溢れ出て至福の時を味わえます。日本人には好き嫌いが別れる臭豆腐ですが、食べてみると本当に美味しいんですよ。にんにくの中毒性と似ています。どんどん臭みを欲してエスカレートしちゃいます。

臭豆腐の横には必ず添えられているキャベツの甘酢漬けもさっぱりしていて美味です。臭豆腐にはこれがないとね!


ふらっと入ったお店でしたがひとつひとつとっても美味しかったです。この界隈は全体的にお店のレベルが高いなと思いました。競争率激しそうですもんね。良いお店しか残れないんでしょう。夜市の規模的にも大きすぎず、歩きやすいのでちょうど良いなと思いました。これから台湾に行かれる方、饒河街夜市はおすすめの夜市ですよ。

碧山巌開漳聖王廟の夜景

碧山巌は、台湾で最大の開漳聖王廟でだそうです。碧山巌は内湖の碧山に位置し、廟内には民族の英雄である陳元光とその部下の李伯瑤と馬仁の二人の将軍が祀られています。陳元光は唐の時代に福建漳州地方を開拓した人物で、漳州の人々には守護神として崇められ、「開漳聖王」と尊称されています。


私、実はそんなすごい廟だったとは知らずに夜景が綺麗に見えるスポットだと思って行きました。

IMG_4649


後で多くの参拝客が訪れる有名な廟だと知ってもっとちゃんと見ていればよかったと後悔。

夜景がとても綺麗でそっちばかり見てしまったのであります。

そびえ立つ台北101を筆頭に台北駅の三越など台北市内を一望できます。周りが暗いので台北の夜景が暗闇に浮かび上がっている様に見えます。日中なら淡水河と鯉魚山、棚田なども見られるそうです。


IMG_4652


途中夜市で買ってきた猪血糕と臭豆腐とパパイヤミルクをベンチで食べながら素敵な台湾の夜景を見ました。周りのカップルの方ごめんなさい。ロマンティックな夜を臭豆腐の香りで包んでしまいました。しかも、夜景の写真、3枚しか撮ってない。食べるのに必死で。

IMG_4653

写真の後ろ姿お二人は台湾人のお友達夫婦です。こちらへ連れて来てくれました。

今回は車で来ました。バスという手もありますが、帰りのバスがなくならない様に気をつけて下さいね。


こちらはデートスポットとして有名ですが、夜は人もまばらで混んでいるという事はありませんでした。台湾を代表する夜景の美しさを是非堪能してみて下さい。


碧山巌開漳聖王廟

台北市內湖區碧山路24號

MRT「内湖駅」から小2バス・成功路四段182巷口から乗車 碧山巖(白石湖)まで約10分

開門:5:00~21:30

お手洗いあり
猫いっぱいおり

 

台北「寧夏路夜市」で満腹一人旅

スクリーンショット 2018-12-30 7.17.15
ずっと雨が降っていましたが台北最期の日は晴天でした。 なので夜はホテル近くの夜市でご飯を食べました。台北で有名なのは街全体が夜市という大規模な士林夜市ですが 小さな夜市も地元感があって良いですね。 今日は寧夏路夜市でごはんです。落ち着いてごはんが食べられて良い。 
スクリーンショット 2018-12-30 7.21.54
晩御飯は揚げた臭豆腐。
臭豆腐の調理方法はピリ辛の鍋や、串焼きもあるけれど私は揚げた臭豆腐が一番好きです。 アゲになった外側部分がザクザクした歯ざわりで、中の豆腐部分がジューシーでとっても美味しいです。 熱々をはふはふ言いながら食べる。 揚げるとあの匂いはほのかに感じます。臭豆腐屋さんの周りにいる方が香りが強い。食べた方が香り控えめという不思議な現象。
臭豆腐より生ニンニクのすりおろしが入ったタレの方が強烈でかき消されるのかもしれません。 
臭豆腐は個性の強いチーズとか納豆とかキャビアの匂いに通じていて中毒性があります。 みんな一皿を2人くらいで分けあって食べてるけど私は一人で平らげました。 
1年以上日本でおあずけ食らってたので夢中で食べました。 
スクリーンショット 2018-12-30 7.22.08スクリーンショット 2018-12-30 7.22.14
調理しているお兄さんのすぐ後ろにある長テーブルで頂きます!大盛り!ザクザクと歯ざわりさいこー!酢漬けキャベツの酸味も良い!

持参した飲み物は臭豆腐を揚げてもらっている間に隣の屋台で買った蜂蜜レモンジュース。 フルーツの国の台湾だからジュース屋さんのメニューは生のフレッシュフルーツを使ったジュースが多いです。 レモンも注文してからその場で絞って(2個も!)作ってました。 さっぱりしていて油っこい食事には最高ですね。

臭豆腐を夢中でかぶりつき、ゴキュゴキュとジュースを飲み、ふはーと幸せな溜息をつきながら食べていたら、同じテーブルに座っていた台湾人のカップルに「美味しい?日本人が臭豆腐食べるの珍しいね」と話かけられました。私、凄い勢いで食べていた事に気付きました。「めっちゃ好き。日本に持って帰りたいくらい好き。」と返事したら「本当は台湾人じゃないの?」と笑われました。そして食べてる所写真とってあげるよといって私のカメラで撮影してくれました。台湾の人には本当にフレンドリーですね。それに親切です。優しく声をかけてくれて感謝!
スクリーンショット 2018-12-30 7.22.33
デザートはあべかわ餅のような湯でたお餅にしました。 大きな鍋でお餅をゆでています。 お餅はぷるぷるです。屋台の裏側にあるテーブル席が満席で空いていないので、根性据えて店の正面のスペースで食べることにしました。 私の背中のすぐ後ろは写真の人通りで通行の邪魔にならないように小さくなって食べました。日本でお餅によく付けるきな粉ではなくピーナツとゴマの粉で食べます。 餅より白玉に近い食感で箸で突っつくとプルンプルンと震えます。 そして笑っちゃうくらい伸びる。舌触りはツルツルぷにぷに。 これまた熱々で涼しい日でしたが汗をかきながら食べました。 
スクリーンショット 2018-12-30 7.22.41スクリーンショット 2018-12-30 7.22.48
わんこがいた!どこかの屋台で飼われているお馴染みのわんこらしく各お店に顔を出しおやつをもらっていました。おしりにガムが付いてたから取ってあげようと追いかけたけど人ごみにまかれちゃいました。いろんな所で声をかけてもらってご満悦のようでした。台湾って黒いワンコが多い気がするなー。

台湾の最後の夜に台湾らしい時間を過ごせて大満足です。 活気のある夜市に行くと自分まで元気が湧いて来ちゃいますね。エネルギーをチャージ出来ました。
楽しかったな台湾。
 

台北の饒河街観光夜市は地元民がおすすめする美食の夜市

台北MRT松山新店線の松山駅からすぐ。ローカルフードや衣料などを扱う屋台が立ち並ぶ夜市です。士林夜市よりも規模は小さいですが、台湾で2番目に大きく名店も多いそうで地元の方に人気の活気ある夜市です。台湾人の友達は皆こちらの夜市をお勧めしてくれます。


夜市の明かりが見えてくるとすごくワクワクしませんか?!私は早く辿り着きたくて走り出したくなります(笑)

IMG_6132


饒河街夜市は食べ物が美味しいと教えてくれたので早速有名な胡椒餅を食べました。福州世祖胡椒餅は台北にいくつかお店がありますが、この夜市の屋台が本店なんです。饒河街夜市へ来たならば是非食べて欲しいです。

IMG_6129


繁盛していて並んでいる事が多いですが、お店の方が手際良いので胡椒餅が焼きあがればすぐに買う事が出来ます。次々に焼きあがるので意外にすぐに順番が来ます。

IMG_6133


石窯で焼かれた胡椒餅は皮がパリッと香ばしく焼けていて中は胡椒で香り付けした豚肉がたっぷり。とてもジューシーで気をつけないと熱い肉汁が手をつたってこぼれてしまいます。

写真ブレブレですいません。胡椒餅が熱くて持つのが大変だったんです!中身をお見せしたかったのですがホントに火傷しそうなくらい熱くて!

IMG_6131


デザートのお店も沢山ありました。台湾の暑さと夜市での熱気をクールダウンさせるべく、かき氷のお店へ。冷たい杏仁豆腐を注文したのですがすごい大きさです。大きめのどんぶり鉢ですが、台湾のスイーツって甘さ控えめで口当たりが良いから1人でペロリと食べちゃえるんですよね。

IMG_6150

IMG_6146

饒河街観光夜市には有名な廟があります。松山慈祐宮は、東門の近くにある建つ6階建ての廟で饒河街観光夜市のアイコンとなっています。

IMG_6154

夜はライトアップされ浮かび上がる様に輝いています。誰でも中に入れるので参拝の方の邪魔にならない様にそーっと静かに入ってみました。

IMG_6166

IMG_6164

廟内は繊細な彫刻や極彩色の装飾があり、美しい!上の階まで階段で登ってみました。古い建物なのでさほど高さはありませんが、高台から見る夜の街は活気がありました。

IMG_6159


夜市の食べ歩きでお腹いっぱいになった後に、ちょこっと寄ってみると松山慈祐宮の落ち着いた雰囲気で熱気を冷ますことができるかもしれません。

饒河街夜市へ来たら松山慈祐宮の見学もセットでいかがですか?

台北の問屋街「迪化街」でおみやげ探し

迪化街は中国茶、ツバメの巣などの高級食材や漢方薬などを売るお店が軒を連ねる台北で1番古い問屋街です。

ローカル色が強くて迪化街ならではの雰囲気のある街並みです。

MRT北門駅からぼちぼち歩いて徒歩10分!

ガツガツ歩けばもっと早い。

南京西路と迪化街一段の交差点を目指し迪化街一段を北上していくとお店がたくさん出てきます。
 

お店の前にもワゴンが並びそれらを見に行くだけでも面白いのですが、迪化街で台湾ならではのお土産を買うことが出来ます。

IMG_6750


私がいつも大量に買って帰るのはドライフルーツ。ちょっと重いけど。

お馴染みのマンゴーやイチゴ、キウイ、オレンジ、イチジクに加え、ナツメやグァバなど日本ではあまり見かけないものも沢山あって、どのお店でも色々味見をさせてくれます。私は健康に良いナツメと甘酸っぱいサンザシをよく買って帰ります。お茶請けに最高なんです。
 

IMG_6748


量り売りが多く1斤でお値段表示されている事が多いですが半斤にしてと言えばしてくれます。斤とは台湾の重さを表す単位です。1斤600グラムで半斤は300グラムです。

お友達と買うならば半斤を人数分に分けてもらうと少しづつ色んな物が買えて良いですね。

また小分けにもしてくれるので沢山買う時にはお願いしています。お店によっては真空パックにしてくれますよ。
 

カラスミも安く売っています。

日本ではたまに居酒屋さんでメニューで見かけることはあっても、まるごと売っているのはなかなか見た事がないですね。デパートの物産展くらいかな。
年配の方から買ってきてと頼まれることがたまにありました。日本で買うよりかなり安いです。 

定番は薄切りにして同じく薄切りにした大根と一緒に食べたりします。お酒が好きな方へのお土産に良さそうですね。
私はいつもパスタに入れています。削ってパスタと和えると濃厚で美味しいんですよ。


お土産となりそうな物はその他にもお茶や火鍋の素や漢方入浴剤など。


買う時のコツとしては1店舗でまとめ買いした方が安くしてくれやすいです。お友達と一緒ならいっぺんに買ってお値段交渉してみましょう。ちなみに迷っていると結構安くしてくれる(笑)。多めにおまけしてくれることもよくあります。


そうそう、迪化街はお買い物だけでないんです。通りには、美しいバロック建築の建物が並んでいます。

IMG_6751

IMG_6755

お店の商品ばかり見てしまうのですがその建物もなかなか素敵なのです。

そして縁結びの神・月下老人を祀る霞海城隍廟などもあって見所も多いんです。

最近はお洒落なリノベーションカフェも出来ていて、お買い物して観光してお茶してたら3時間くらい経っていることもしばしば。

なかなか濃い時間を過ごせるスポットだと思います。

まだ訪れたことのない方は是非一度足を運んでみてはいかがでしょうか?他にはない面白いスポットだと思いますよ。

行き方
MRT「北門」から10分。北門駅出口2を出ます。塔城街を北上し途中市民大道をくぐり進んで行きます。南京西路を越えた辺りから迪化街と名前が変わります。この辺り一帯から迪化街で問屋街が軒を連ねます。
迪化街北部へ行くにはMRT「大橋頭」駅出口1からアクセスしてください。
MRT「雙連」駅出口1または2、MRT「中山」駅出口6からも行けますが徒歩20分位かかります。迪化街のエリアは広いので目的地に合わせた駅の利用を。 




迪化街でホッとひと息つける杏仁豆腐のお店『夏樹甜品』

迪化街へは北門駅が便利!「北門駅はミニ博物館」!


北門駅(MRT)で台北の歴史に触れる

北門駅は人気の観光地「迪化街」まで徒歩10分ほどで行けたり、MRT空港線の台北駅に近いので何気に便利な駅なんです。
IMG_9751

MRT北門駅の構内にはミニ博物館のような展示物があるんですよ。

IMG_9750


足元の床がガラス張りになっており発掘された北門鉄道遺跡がそのまま展示されています。清国時代の石壁や戸口、機械局工場のほか、日本統治時代に設けられた下水道、排水管などが見られます。

ミニミニミニ博物館なのでわざわざ行くことはないかもですが、通りすがりにちょこっと見るには大変興味深い。私は駅の床がガラス張りになっているだけでもテンション上がりました!

IMG_9778


ちなみに私は初め北門が北門駅の入り口だと思っていました…。もちろん違います。

お恥ずかしい!


 

↑このページのトップヘ