はぴねす台湾

台湾を愛するチャッキーあゆみのブログです。 友達が少ないので気ままなソロ旅が多いです。 台湾のお友達に教えてもらった地元の人ならではの情報もお伝えしたいと思います。台湾がはじめての人にもリピーターの人にも足を運んでもらいたい観光スポットをご紹介します!

「台湾へは何度か行っている、初めてだけれどフリータイムには自分の足で観光したい」という皆さんに「自分で行ける台湾観光」をお伝えします!
気軽な台北市内からちょっと足を伸ばして行ける穴場なスポットをお届けします!

カテゴリ: 台湾グルメ

台北101ビルのフードコートでご飯を食べました。

img_1



「魯肉飯定食」です! 
くったくたに煮たお肉がご飯に染み染みで美味しい~! 
お揚げとゆで卵丸ごと入っています。
卵を崩しながらごはんと混ぜて食べるとさらにやさしい味に。
こってりに思えますが全然!さらっと食べられます。

スープはあっさりでその中に、大根のさっぱりとした煮物と
こってり甘口に味付けされたスペアリブが入っていてそのバランスが最高です。 

青菜は茹でたもので食べる直前に甘めの醤油タレとチキンスープをかけてくれました。 

台湾で生活すると野菜がたっぷり取ることが出来ます。
健康的!



img_23


台湾の食べ物ってヘルシー!
好きなスイーツはが色々あるのですが、その中でも台湾行ったら必ず食べないと気が済まない
「カエルの卵管のシロップ煮(?)」「雪蛤膏」シュエハーガオをご紹介。

カエルがどう調理されているのか、どう加工されているのかハッキリ言って
分かりません。
  
いいの。
調理の過程なんてどうでも。
お肌に良ければ!!

そうなんです。
カエルの卵管にはコラーゲンがたっぷり含まれていてお肌プリプリに導いてくれる漢方デザート!ツバメの巣のように希少なものなんですよ。

食べればお肌ツヤツヤ?!

しかも不味かろうキモかろうではNGですが
これが意外とイケル!

見た目も……わりと…………………無難。

あっさりとした薄いシロップに
氷とゼリー状になった雪蛤膏を浮かべて食べます。
完全にゼリーです。
卵管そのものには味はなくてシロップの味で食べるあっさりデザート。

進化系で蓮の実とシロップ煮にした「蓮子雪蛤膏」リンズシュエハーガオもお上品。
写真は蓮の実と漢方でよく登場するナツメを入れたゴージャスバージョン。
これで血液もサラサラです。

日本でもどうにか食べられないかと思っていた矢先、日本にお持ち帰りできる瓶詰めシロップ煮を見つけました!
台北駅の新光三越デパートに雪蛤膏&ツバメの巣デザートの専門店が!
たまたま試食させて頂けたので食べてみると甘味処で食べた物より一層あっさりして高級?!
パンフレットを見ると進物用をメインにした高級品のようです。
1瓶で¥600くらいでした。
サイズは約高さ10センチ

ちょっとお高いけれど5瓶ほど購入!
日本に帰る日に見つけたので荷物の都合上今回は少量でしたが、美肌ドリンク代わりに次回は大量購入してきます!
                ムフッ♡


img_19

台北の朝市でマンゴーを購入しました。


台湾へ行く理由の一つとしてマンゴーが!
価格は忘れちゃいましたが1個100円くらい。めっちゃ安かった!

台北の雙連朝市へ行ってきましたよ!

2種類のマンゴーがあり、食べ比べをしたいけれど一斤(600g)ずつ買って2斤では帰るまでに食べきれないので店先で悩んでいると、お店のおじちゃんがとても優しくて1カゴに2種類を混ぜて売ってくれました。

さっそくホテルに帰りマンゴー祭りを開催!!
と言っても友人とふたりむさぼり食べるだけですが。。。
一応、恒例となっているので紙皿とプラスティックの簡易ナイフ、フォークを日本から持って来ました。

カットしている時には部屋中がマンゴーの香りでいっぱいです!
果汁でパンパンのせいか、1個がすごく重い!
カットしている手に滴る果汁!!ヒ~もったいない~っ!!

緑のマンゴーと赤いマンゴー。
おじさんは緑のマンゴーが台湾のマンゴーで、赤いのはフィリピンだと言っていました。
食べ比べてみると、赤いほうが甘く肉厚ですが、香りは緑の方が強くしっかりとした果肉。
もちろんこちらも甘い!
日本ではこの甘さのマンゴーは食べられない(私の懐具合では)!
だってとってもジューシーな果物を食べているのに、甘さで喉が渇くくらい!
手を洗ってもマンゴーの香りが残っていてこのままお出かけしたら虫が寄ってくるんじゃないかとちょっと心配。

せっかくおじちゃんが2種類まぜて売ってくれたのに、私達、実は1日で一斤食べてしまい、また次の日買いに行ってしまいました。
初めから2種類づつ2カゴ買っとけって話です。
その後も友達と2人で4日間毎日一斤づつ食べました。
なんで一斤食べるのに2、3日掛かると思ったんだろう。4日間で4斤ふつうに食べたわ。
心なしか帰る頃には顔が黄色くなっていたような。。

台湾のマンゴーの季節は気温が高くて、めちゃくちゃ暑いですが、マンゴーお目当てなら外せません!

台湾で絶対に食べてほしい「于記杏仁豆腐」

img_0

杏仁のデザートです。 
杏仁「豆腐」ではありません。 
杏仁のスープにお白玉やタピオカ、豆などの穀物類を甘く煮たものが入ります。 
私は4色トッピングが選べるものにしました。 
黒タピオカに仙草ゼリー、甘く煮た緑豆、白玉の中に甘いひよこ豆が入っているもの。一つ一つの白玉に豆が一粒づつ入ってるって芸が細かいです。
ちなみに白タピオカ一粒づつにあずきが入ったものや、
小さく切ったイチゴやキュウイが入ったものなどもあります。
 
それらの具材をドバっと入れた後に砕いたアーモンドをまたまたドバッと入れてくれます。 

レンゲですくって口元に持ってくるだけで杏仁の良い香りがします。 
ラーメン鉢サイズとビッグです。鉢に口をつけて直接ゴクゴクいきたい。 
タピオカ類のモチモチの食感とアーモンドのザクザクとした歯ごたえが面白いです。 
この日はは肌寒かったので温かいものにしましたが暑い日に氷が入ったものも美味しいだろうな!

台湾デザートはホットでも冷たいものでもどちらでもイケます。 
日本ではゼリーの類が熱いなんて考えられないけれど 
台湾では普通です。熱々の豆花なんてめちゃくちゃ美味しいです。 
機会があればみなさんも是非是非。
写真は以前三越にあったフードコートのものですが現在は西門町のお店がリニューアルされてキレイになっています。 

于記杏仁豆腐
住所 台北市衡陽路101号
営業時間 10:30~22:00
休業日 無休
クレジットカード 不可
日本語 不可
日本語 Menu あり  

台湾フェアの時に買っておいたカルディ 五香カレーを食べます!

FullSizeRender


パッケージ、めっちゃ美味しそう!

五香とは複数の香辛料を合わせたものなのですが、必ずしも5種類の香辛料って訳では無いそうで、種類も地方ごとに違ったりと必ずしもコレ!と決まったものでは無いらしい(ゆるい笑)。

しかしパッケージに記しているようにカルディ の五香カレーに入っているスパイスはこちらのようです。シナモン、クローブ、クミン、八角、カルダモン。


レトルトなので手軽に食べられるのがええね。

箱から出すとこんな感じ。

FullSizeRender


カルディ オリジナル商品のレトルトパウチって商品名が入ってて好きです。

早速温めます。

FullSizeRender


レトルトパウチは卵焼き器で湯煎するに限る!最小限の水ですぐ沸騰するしね!

中を開けてみました。


FullSizeRender



大きめのインゲン豆がたくさん入っていて美味しそう!

そぼろ状の鶏肉が入っています。

食べてみるとピリピリは強め。よくある市販のカレールーの中辛より少し辛いかな。カルダモンの香りが立っています。五香の香りが甘くて全体的にピリピリは強めでも感じる味はかなり甘口です。辛さ抜きで甘味だけで言うならばお子様カレーレベルに甘いです。

脂っこくなくサラッとしていてライトな味わいですが、ゴロゴロ入っているインゲン豆が柔らかくホクホクしていて食べ応えありますね。

FullSizeRender


食べた後の後味がとっても軽い。

原材料もシンプル!

限定入荷でなくKALDIオリジナル商品だから食べたくなったらまた買えますね!

  • 内容量|180g
  • カロリー|195kcal(炭水化物 21.0g)
  • 原材料|炒めたまねぎ、いんげんまめ、鶏肉、カレーペースト、小麦粉、植物油脂、香辛料、砂糖、チキンエキス、しょうが、りんご酢、食塩

 

台北の士林夜市にて長ーい串に刺さったポテトを発見。
インパクト大です!
img_18

やわらかいのか、硬いのか、どのようなものか分かりませんでしたがとり合えず購入。

近くで見ると串を中心にらせん状にぐるぐると全部つながっている!

持ってみると長すぎて不安定!
グラグラします。

食べようと思うと手を腰の辺りまで下げないと、一番上のポテトに届かない!


食べてみるとパリパリのポテトチップスでした!

味は「のり」「ガーリック」「カレー」「胡椒」他にもなにかありました。。。

私はシンプルに胡椒を頼みました。
当たり前ですがイモって感じです(笑)
普通においしい^^


食べ方ですが本当は下からパリっとちぎって食べるそうです。

私は嬉しがりなので上からかぶりつき食べましたが、やはり下から手で食べた方が食べやすいと思います。

img_10

鍋で煮ても茶碗(ラーメン鉢)でお湯かけるだけでも良いの?
どっちでも良いって…。
テキトー!!
img_12

前に台湾で子供がガリガリと生の乾燥麺にかじりついていたのを見たことがあった。
記載されてはいないけど生でもいけるのか?!
試しに私もかじってみた。
ほんのりしょうがの香りがする。けっこう美味しい…!
これはおやつだね。
要するにベービースターラーメンみたいな物ね。
でもふと思い出したが台湾の子供は調味料をかけてかじっていた気もする…。

では「お湯かけ」で作ってみる。
おわんに麺と薬味、調味料を入れお湯を注ぐ。
。。。。。。待つ。。。。。
img_11

食べてみる。
案の定、固めの麺になる。アルデンテか…!
でも煮て作ったときよりも麺の表面がふやけない分ツルツルして美味しく感じる。
固めの麺が好きな人にはこちらが良いのでは?
野菜やウインナーなど他の物が煮込めないからラーメンのみになってしまうけど私は麺の食感が明らかにこちらの方が好みでした。
手軽で美味しいんだからこっちの方が良いやん!

もしかして日本のインスタント麺も煮なくても良いのでは?
韓国の「辛ラーメン」も袋の外から中の麺を軽く砕き、薬味と調味料を入れ、袋へお湯を注いで袋から直接食べるいわゆる「軍隊式」の食べ方ができるそうだ。ワイルドすぎて躊躇するけど食器汚れなくて良いね。
日本のラーメンが神経質すぎるなのかな?

鍋など、洗い物は少ないほうが良い。
今度、日本のインスタントラーメンも「お湯かけ」で食べてみよう。

ん?ノンフライ麺は無理なのかしら?

初めて臭豆腐を食べたときの思い出。
一度食べたものの、美味しいのかまずいのか分からず、
ふと思い出しては食べたいのか食べたくないのか、分からずにいた変な感覚。

2度目に台湾へ行って臭豆腐の匂いを嗅ぐと、「ちょっと食べたい」って事で食べてみました。
するととっても美味しく感じで今では臭豆腐大好きに。

士林夜市で屋台の小菜やさんに入ったのだけれど、周りの人みんな同じ類のミニ火鍋を食べていてお店の人に聞いたらお勧め料理との事で指でメニューを指してくれました。
img_14

その名は鴨血臭豆腐…。
すごいフォントに力を感じる。ちょっとグロそうだな。。絶対グロいよな。
臭豆腐好きでも鴨血好きでもグロいの食べられるかな?少々不安。美味しければ良いと思う反面、見た目が食欲を減退させるものだと食べられない可能性もあると思う。
美味しいのか美味しくないのか分からない物だとなおさらではないのか?!

実は鴨血は大好物、没問題。
でも鍋の臭豆腐と鴨血いけるかな?こちらのお店の臭豆腐、隣の人の揚げた臭豆腐を見てみるとグレーがかった色で臭レベル高そう。私が美味しいと感じる臭豆腐はきっとまだまだお子様レベル。

でも回りは必ずといっていいほどその鍋を注文している。きっと美味しいんだ、と心を決めて注文しました。

鍋が運ばれてきました。やはりちょいグロ、しかも具は鴨血と臭豆腐のみで背水の陣です。
img_15

だがしかし、恐る恐るひとくち鴨血を食べてみると臭みがなくプルプル美味しい!香辛料の利いた辛〜いスープもイケル!
見た目のちょいグロさも香菜のさわやかな香りでなかった事に?!高菜の酸味がアクセントになって美味しい。
さて臭豆腐は………
お、美味しい!!
臭い!臭いけど良い!もっと臭くても良い!!

臭豆腐の喉の奥で感じる酸味や臭いが最高に美味しいと感じました。結構臭レベル高いけど、もっとガツンと臭ってもOK!「もっとパンチきかせてよ~!」といった感覚で臭豆腐の私の臭レベルアベレージがUPしました。

台湾人を魅了する理由わかりますよ^^
臭豆腐が好きになってからも、その臭レベルを警戒しながら間合いを取って注文していますが、脳が、体がどんどんより臭いものを欲してきている。やはり臭豆腐は納豆やニンニクと同じで香りに中毒性がありますね。
最初は食べるのに勇気が要りますがハマる人はハマる美味しさなので是非挑戦して欲しいと思います。

今では日本で臭豆腐が食べられるお店を検索してしまうくらい恋しい今日この頃です!

台湾にスイーツを食べに来たと言っても過言ではない!

IMG_9730

台湾に来たらスイーツを食べないとね!
今回は豆花から始まって台湾スイーツ3種を食べて来ました。

先ずは豆花。豆花はほんのりと甘いお豆腐の様なデザートです。

マンゴーや甘く煮た豆類、芋類、白玉に似のモチモチとした芋園(タロ芋を混ぜ込んでます)をトッピングして頂きます。

甘さ控えめでとってもさっぱり。熱いのも冷たいのもあり、冷たい豆花には氷が入っていて蒸し熱い台湾の夏にはピッタリ!

IMG_9727


そうそう、お店は西門町の「珍品養生坊」さんです。トウモロコシソースのかき氷で有名な「楊記花生玉米冰」さんのお隣にあります。おばさんがテキパキ動いて注文と同時に芋園を茹でてくれるので茹でたてが食べられます。本当にモッチモチ!タロ芋の香りもしっかりしていて良い!


FullSizeRender


この↑写真は紅豆芝麻湯園。胡麻ペースト入りの白玉が入ったお汁粉です。こちらも言わずもがな美味しい。心が穏やかになる様な優しい味わいです。台湾のスイーツは本当に甘さ控え目で何杯でも食べられちゃいます。
FullSizeRender
お値段も良心的です。
注文方法はテーブルの上に置いてあるオーダーシートに食べたいものの数を記入し、お店の人に渡して先にお会計をします。このシート、英語表記もあって分かりやすい!シートを渡す注文方法だと「言葉が分からず店先で焦ってよく分からないものを注文しちゃった!」なんて事がないので良いですね。席に座ってじっくりと食べたいものを選んでください。

そうそう!あまりにも見た目が地味で写真を撮る必要は無いだろうと食べてしまい写真には納められなかったのですが、杏仁豆腐も絶品でした!これは皆さんにお伝えしておかないといけない美味しさです!

なかなか日本では出逢えない!日本にもある杏仁豆腐を台湾に来て食べるつもりはなかったんですが、やたらと注文する人が多いことに気づき私も注文してみたんです。豆花と湯園を食べた後でしたがあまりの美味しさに一気にかき込んでしまいました。

日本での杏仁豆腐の立ち位置って中華の定食に付いてくるおまけのデザート感が否めなかったのですが、立派な主役。こんなに美味しい杏仁豆腐は初めてです。一緒に行った台湾人の友達も「ここの杏仁豆腐は特別だ!」と驚いて家族にお持ち帰りをしていました。

ここの杏仁豆腐は杏仁の香りが非常に強いのですが、わざとらしい香料の香りではなく爽やかに鼻に抜け、杏仁ミルクのコクをしっかりと感じることが出来ます。硬さは粘り気とプリプリ感が丁度良く、お茶碗1杯分くらい数秒でペロリです。

実はこの杏仁豆腐を食べに3日連続で通いました。

杏仁豆腐のサイズは小さめなので他のデザートプラスワンとして食べても良いでしょう。

西門町へ来た時は食べに来たい!いや、ここのデザートを食べるためにわざわざ西門町まで足を運びたい!そんな絶品スイーツが味わえる珍品養生坊さんでした。

IMG_9729


お店情報

珍品養生坊
108台北市萬華區漢口街二段46號
開店時間11:00〜



西門町の記事

同じく西門町の美味しい魯肉飯「天天利」はこちら

西門町の「茶茶果chachago」でタロ芋ミルクティーの記事はこちら 

西門町の美味しいかき氷「成都楊桃氷」の記事はこちら


台湾の葱抓餅が冷凍食品として業務スーパーにありました!
いやん!嬉しい!
FullSizeRender
5枚入り388円でした!

以前池袋の中華系スーパーさんで蛋餅は見つけたことありましたが、持って帰る間に冷凍が溶けちゃったりして持って帰るのが大変なんですよね。いやー、嬉しいな。

IMG_9916
中身は1枚1枚ビニールに挟まれています。
乾燥しにくいので良いですね!

葱抓餅を早速作ってみましょー!

FullSizeRender
油をひかずに焼くそうです。手軽で良いね!
片面を焼いていると葱抓餅独特のプクプクしたパイ状になってきます。
ネギの良い香りが漂います。冷凍でもこんな香りするんだ〜!
焼き色が付いてきたらひっくり返します。
そしてまた焼き色がつくまで焼いて、出来上がり!はやっ!
FullSizeRender
あー!簡単!手軽!
そして味の方はと言いますと、香ばしくってネギの香りがしっかりして美味しい!しかし写真の1度目は屋台のようなふんわりとしたパイ状のボリュームが出なかった!ぺったんこ。
途中で生地を揉むと厚みが出る筈だったのですが遠慮がちに揉んだのが原因です。完全に揉みが足りませんでした。

2回めに作ったのはコレ。少しふんわりしました。
FullSizeRender
2回目挑戦した際には片面をひっくり返したタイミングでがっつりお箸で端っこから端までを掴んで揉み込むとふんわりと出来ました。
皆さんも作る時にはガッツリとつまみ上げながら作ってくださいね!

本来葱抓餅油っぽいものだったりしますが全然!生地に練りこんでいる油分はありますが、油っぽい匂いもないですしイケル!渋いお茶とも合いますし、ビールでも良い!

なかなか屋台味に近いのではないでしょうか。
これから食べたい時に食べられる!
ヤッタネ!

↑このページのトップヘ