はぴねす台湾

台湾を愛するチャッキーあゆみのブログです。 友達が少ないので気ままなソロ旅が多いです。 台湾のお友達に教えてもらった地元の人ならではの情報もお伝えしたいと思います。台湾がはじめての人にもリピーターの人にも足を運んでもらいたい観光スポットをご紹介します!

「台湾へは何度か行っている、初めてだけれどフリータイムには自分の足で観光したい」という皆さんに「自分で行ける台湾観光」をお伝えします!
気軽な台北市内からちょっと足を伸ばして行ける穴場なスポットをお届けします!

カテゴリ: よもやま話し

IMG_6216


初めての台湾旅行で九份へ行った帰り道でのこと。

初台湾ながら自力で九份まで行き意気揚々としていました。ワタシかなり調子に乗ってましたね。

行きは台湾鉄道で瑞芳駅まで行き、そこからタクシーで九份へ、帰りも逆パターンで九份から瑞芳駅までタクシーで行くつもりで、流しのタクシーをボーっと待っていました。周りも暗くなり始めていました。

すると、なにげに目の前にバスが停まり、それにウッカリ(!?)乗ってしまいました!しかも行き先も見ずに!

発車して座席に座り5分くらいたった頃に「私、なんでバスに乗ってんだ?!」と気付きました。それからは超絶焦り、バス停で降りようと思っても外は暗い山の中。半泣きのゼスチャーで運転手さんに「間違って乗った!(タクシーとだけれども)このバスどこ行き?!」聞いたら運よく台北に行くとの事。(その時は中国語を全く話せず、唯一タイペイと言うのが聞き取れた)

「台北」と言う言葉を聞いた私は、乗っていれば台北駅まで帰れるんだと安心しそのまま降りずにバスで帰ることに。
そして安心した私は、なんと初体験のバスの中で爆睡してしまい、運転手のおじさんに揺り動かされ目が覚めました。
「台北だよ!降りなくていいの?!」とおじさんが言っているように思い、お礼を言い慌てふためいてバスを降りました。深く眠っていて、バスの発車を待たせちゃっていました。どんだけ寝とんねん!

バスを降り、周りを見渡すとそこは全く知らない町。「台北駅じゃない。ワタシ降りるところ間違った。。」
スマホも無い時代、東西南北も分からず唖然と立ちすくんでいたら通りすがりの方が事情を察してくれたようで、近くに何らかのMRTの駅があることが判明!かなり歩きましたが

あとで分かりましたが、爆睡しながらバスに2~3時間は揺られていたようです。時間の感覚も寝ていてほとんどない。九份から各停の路面バスですからそれなりに時間が掛かっていたようです。
運転手のおじさんは「台北市内に入ったけど大丈夫?」って教えてくれたのだと今では思います。今考えればきっとそのバスに最終まで乗っていたら台北駅へ行ったはず。

それにしても旅先のバスで眠りこけるなんて油断もはなはだしいと反省しました。
バスの運転手さんが起こしてくれなかったら、終点まで行っていたか(それは結果オーライ)、知らない所で目が覚めまたパニックになったかも。
運転手さんといい、通りすがりの方といい、やっぱり台湾の人は優しい。
それを実感した出来事でした。

………ってかタクシー待っててうっかりバスに乗るなよ!!!!!!と、過去の自分に言いたい。


旅先でバスに乗って寝るなんて台湾だったから良かったものの治安の悪い国ならスリやら置き引きにあっていただろうな。

台湾で助かりました。


皆さんもどうかお気をつけくださいませ(タクシーとバス乗り間違えはないと思うけど〜)。

東京ドームで草野球のトーナメント「Kusa1」があり、開幕式の司会とチームの方々のアテンドをしました。
今回は台湾との親善試合で前日からワクワク!私が試合に出るわけではないのですが、台湾の方が来る!ってだけで楽しみなのです。
IMG_0622
まだ選手の方々が来られる前のグラウンドです。迫力がありますね!

FullSizeRender
台湾と日本の国旗も仲睦まじく準備も出来てますよー!
FullSizeRender
草野球トーナメント「Kusa1」のマスコットキャラクターのカエルの「ピクルス」くん達も試合を見守っています。
IMG_0625
台湾チームの皆さまです。

私はこれといったスポーツをやっていないので、スポーツでの国際交流って憧れます。
白熱した試合ながらも終始和やかな雰囲気で試合が終わった後も互いのチームと写真を撮りあったりされていました。

この場に参加させて頂けて光栄でした!皆さまありがとうございました!

怪奇温泉旅館

IMG_0348


ちょっと変わった3人の少年達は、経営難の温泉旅館で手伝いをする羽目に。だが、旅館には"何か"がいる様子...。真相を確かめるため、一同は大騒動を繰り広げる。


監督

林 冠慧 (リン・クアン・ハイ)

脚本

林 冠慧 (リン・クアン・ハイ)

出演者

張 庭瑚 (チャン・ティンフ)

洪 言翔 (ホン・イェンシャン)

林 鶴軒 (リン・ホーシュエン)

郭 書瑤 (グオ・シューヤオ)

羅 家英 (ロー・ガーイン)


はい!イケメン!イケメン3人出てきます!設定や絵面が可愛いー!コミカルなホラーです! 


あらすじ

実家は山奥にある廃業寸前のオンボロ旅館のシャオジン。宿を開いた両親は他界し、今は祖父母によって経営されています。その祖父が死んだという知らせを聞いたシャオジンは、温泉宿に帰省することに。

シャオジンは学校では友達もいない半端者。そんなシャオジンと腐れ縁なのか、懐いているのか分からないルー・チュンとシュ・リーハンを引き連れ実家に帰ってきます。

旅館に泊まる3人でしたが、なんだか不吉な空気を感じるシュ・リーハン。温泉に入っているところで幽霊を見てしまいますが誰も信じてくれません。でもその夜ルー・チュンも幽霊に遭遇してしまいます。3人は幽霊を追い出そうとしますが



台湾映画って感じのコミカルさです。どんな風にコミカルかと言うとそれはもう、ドリフです。若い人は知らないか。志村後ろーー!っていう夏のホラー回そのまんま。


登場人物の個性がそれぞれぶっ飛んでいてぶつかりあってました。そんなてんこ盛り感が台湾らしい。

台湾映画というかドラマって感じだね。いちいち絵面も可愛いのだ。オーソドックスなホラーが好きな方は物足りないと思う。てか、ホラーに入れられない。だって怖くないし可愛すぎるから。ホラー映像もコミカルでファンタジーな感じです。

可愛い台湾ドラマが好きな人向きかな。台湾の恋愛ドラマを見ているみたいでした。ストーリーはありきたりなんだけど、登場人物3人が可愛いので憎めない。

てか目の保養としてもう一度観たいと思うのでした。

個人情報の保護について

「http://happinesstaiwan.club/」(以下、当サイト)を利用される方は、以下に記載する諸条件に同意したものとみなします。

個人情報の収集について

利用者は匿名のままで、当サイトを自由に閲覧する事ができます。お問合せ等、場合によっては、利用者の氏名やメールアドレスなどの個人情報の開示をお願いする事がありますが、利用者の個人情報を利用者の許可なく、当サイトから第三者へ開示・共有する事はありません。

広告の配信について

当サイトはGoogle及びGoogleのパートナーウェブサイト(第三者配信事業者)の提供する広告を設置しております。その広告配信にはCookieを使用し、当サイトを含めた過去のアクセス情報に基づいて広告を配信します。 DoubleClick Cookie を使用することにより、GoogleやGoogleのパートナーは当サイトや他のサイトへのアクセス情報に基づいて、適切な広告を当サイト上でお客様に表示することができます。 お客様はGoogleアカウントの広告設定ページで、パーソナライズ広告の掲載に使用される DoubleClick Cookie を無効にすることが可能です。また aboutads.info にアクセスして頂き、パーソナライズ広告の掲載に使用される第三者配信事業者のCookieを無効にすることが可能です。 その他、Googleの広告における、Cookieの取り扱いについての詳細は、Googleのポリシーと規約ページをご覧ください。

ウェブサーバの記録

当サイトのウェブサーバは、利用者のコンピュータのIPアドレスを自動的に収集・記録しますが、これらは利用者個人を特定するものではありません。利用者が自ら個人情報を開示しない限り、利用者は匿名のままで、当サイトを自由に閲覧する事ができます。

免責事項

利用者は、当サイトを閲覧し、その内容を参照した事によって何かしらの損害を被った場合でも、当サイト管理者は責任を負いません。また、当サイトからリンクされた、当サイト以外のウェブサイトの内容やサービスに関して、当サイトの個人情報の保護についての諸条件は適用されません。 当サイト以外のウェブサイトの内容及び、個人情報の保護に関しても、当サイト管理者は責任を負いません。

台湾でこの編み籠よく見かけませんか?

IMG_6595

これ、めっちゃ便利なんです。漁の網などで使用するポリエチレン製やビニール製ですっごい丈夫!
軽くて柔らかいのに自立するので収納に役立つ!
ウチではスカーフや箱の無い靴などを入れてクローゼットの中にポン。ちょくちょく手軽に使いたいものを入れるのにうってつけです。

台湾に行くたびに買い足していたら、いつの間にか増えていてうちのクローゼットに5つも!どこで買っても大体同じ様な仕様なので揃えた感があります。上の棚に乗っけても軽いので取り出しやすいんですよ。万が一上から落ちて来ても中に入れているものが軽ければ、カゴが柔らかいので怪我しちゃうこともない。

あと、洗濯カゴとしても使い勝手が良いです。ポリエチレンで編んでいるものは通気性抜群!濡れた洗濯物を入れても平気だし、重くても持ち手が丈夫なので壊れない!洗濯カゴのものはもう10年くらい使っていますが全然へこたれません。まだまだ使えます。

台湾から持って帰るときはペッチャンコにして持って帰るか、機内持ち込みの荷物として使用しながら持って帰ります。お土産にも良いですね!市場などで売っているのは大きさにもよりますが50〜100元くらいで買えます。オシャレ高級スーパー神農市場MAJI FOOD & DELIでも最近見かけることがあったのですが市場の倍くらいの値段で売られていました。
どれも同じようなものなので市場で手に入れるのがおススメです。


台湾物産館が閉店していました

以前は近くに住んでいたので自転車でよく通っていたのですが…。イートインもあってマンゴーかき氷も食べられて重宝していました。

閉店とはなんとも悲しいです。


マンゴーかき氷やパイナップルケーキが食べたくなったらいつでも食べられるんだ!という安心感が崩壊してしまいました。

私は今後一体どこに安心感を置けば良いんだろう。心の安らぎを求めるべく新たな場所を探さねば。

台湾での両替について

ここでの両替は日本円から台湾元への事でなく高額紙幣から少額紙幣などに変える両替の事。

空港で何も言わず両替すると2000元と1000元札が入ってきます。

両替所で小さい札入れてと言えればいいのですが私はいつも両替所の方の素早さにアワワとなって言いそびれる事が多いのです。

2000元札というと日本でいう一万円札のようなもの。

これ、屋台とかではとっても使いにくいんです。日本でも屋台のたこ焼き買うのに一万円札って申し訳なくって出しにくくないですか?

街の個人商店でもひっきりなしにお客さんが来るようなところならまだしも小さいお店だと「もっと小さいお札はない?」と聞かれちゃったりします。高額なものや沢山購入してれば問題ないんですけどね。タクシーワンメーターや40元の魯肉飯を注文するのに二千元は気を遣って出せないっ!

なので2千元札退治には空港のコンビニを使って崩すことが多いです。空港なら高額紙幣を持っている方がほとんどだと思うので使用頻度も多くお店側も分かっててくれてるのと勝手に解釈しております。お水やちょっとしたお菓子を買って崩します。すると今度は1000元札が出て来ます。これもまだまだ使いにくい。


そんな小心者の私が1000元の両替に利用するのはMRTの駅にある銀行のATMなんです。券売機の近くに置いてあるいかつい銀色のあれです。

これに1000元札の両替機能が付いています。

お札と小銭の配分を数パターンから選べるのでとても便利なんです。


なので私はいつも駅に付いたらお財布チェック。1000元をマメに崩しています。

500まで細かくなれば駅の券売機で切符を買えます。


スイカのようなチャージ機能のカード悠遊卡(ヨーヨウカー)も便利ですが、町の屋台でお買いものしたい時にはやっぱり現金必須です。

↑このページのトップヘ