はぴねす台湾

台湾を愛するチャッキーあゆみのブログです。 友達が少ないので気ままなソロ旅が多いです。 台湾のお友達に教えてもらった地元の人ならではの情報もお伝えしたいと思います。台湾がはじめての人にもリピーターの人にも足を運んでもらいたい観光スポットをご紹介します!

「台湾へは何度か行っている、初めてだけれどフリータイムには自分の足で観光したい」という皆さんに「自分で行ける台湾観光」をお伝えします!
気軽な台北市内からちょっと足を伸ばして行ける穴場なスポットをお届けします!

カテゴリ: 日本で台湾

台湾観光協会協賛の阪急百貨店アジアフェアに行ってきました!
朝の開店とともにフロア9階の会場へ!
気合い入ってますよー!
FullSizeRender

代々木台湾フェスタで暑くて惨敗したのでここで取り戻す!
色々お買い物したので熱が冷めやらぬうちにトントントーンとご紹介しますね!

まず最初に向かったのはパイナップルケーキのサニーヒルズ。
毎日完売してしまうそうなので1番に向かいました。
IMG_0712

サニーヒルズの台湾版と日本版は少し味や素材が違うのですが、なんとこちらでは台湾版と日本版両方買えるんです!並べて食べ比べも出来ちゃう!しっかり両方買って帰りました。
これは嬉しい!
FullSizeRender
東京の表参道でも売っていますがそちらも長蛇の列ですから、今日並ばずに購入出来てよかった!こういったフェアに出ている時を狙うとさほど並ばずに買えて良いですね。勉強になりました。
FullSizeRender

朝ごはん、食べずに家を出たんです。
豆漿を食べるために。おなじみ世界豆漿大王の豆漿です!
しょっぱい方の「鹹豆漿(シエンドウジャン) 」を食べました(甘い豆漿はなかった)。薬味がパクチーでなくネギなのとラー油がなかったのでちょっと気の抜けた感じが否めないけど半年ぶりにたべた豆漿は美味しかった!「油條(ヨウティャオ)」がフランスパンのラスクみたいな感じだったけど良いの。良いのよ。
FullSizeRender
でも756円!うえーん!高い!日本で食べるから仕方がないけどめっちゃ高く感じます!

その次向かったのはサンドイッチで有名な洪瑞珍餅店。FullSizeRender
台中の洪瑞珍と洪瑞珍餅店は別みたい。だけどもとりあえず4種全部買ってみましたよ!
FullSizeRender
甘いマヨネーズとチーズの風味がなかなかでした。しかし洪瑞珍でなく洪瑞珍餅店なんですよ。パッケージも違います。今度台中に行くので洪瑞珍との違いをリポートしたいと思います。

そして鹿港の肉まんも食べましたよ!
くせがなく日本の肉まんに近い味わい。もっとがっつり八角を効かせてくれても良いのに!
FullSizeRender
FullSizeRender
お持ち帰り用もありました。ここは大阪ライバルは551の蓬莱ですな。

そしてお待ちかねの豆花です!
FullSizeRender
681円也!日本で食べるから妥当かなと思いつつも台湾現地の価格に思いを馳せてしまうのでした。きび糖を使った優しい甘さでしたが下の方に食べ進めるにつれて甘さが増していく。豆花の豆の香りもあまりしない。
やはり台湾クオリティにはなかなか届かないのか…

そして大鶏排!
FullSizeRender

FullSizeRender
熱々の揚げたてをいただけます!ザクザクでウマー!でもTwitterでつぶやいていた方もいらっしゃるように台湾の鶏排と少し違ってスパイシーさが足りないですね。でも八角の香りはしっかりしていましたので満足しました。

最後に客家(ハッカ) の方達にで、古くから親しまれ続けている「擂茶」を購入。
FullSizeRender

たくさん味見させてくれました。甘酒と合わせたものがとても美味しかったです。お得用の特大を購入しましたよ。たっぷりの穀物で健康になりたーい!
FullSizeRender


擂茶に関しましては新竹県、北埔の本場で体験して来ましたのでご興味ある方はこちらから記事をご覧くださいませ!
台湾のレトロカフェで北埔名物「擂茶」を体験!http://happinesstaiwan.club/archives/14656371.html

台湾の香りを楽しめる梅田阪急百貨店のアジアフェア、しっかりと楽しんできました!
全体的にフードはパンチが足りない気もしなくはなかったですが日本で食べられるだけでもありがたい!是非来年もやって欲しいです!

食べ物ばかりのレポートでしたが雑貨もとっても素敵でしたよ。
お昼過ぎからすごい混雑になりました。
こういったフェアは午前中に行くのがベストですね。
またどこかの台湾フェアを探して是非足を運びたいです。




台湾フェスタに行ってきました。
代々木公園の野外ステージで7/27.28と2日間の開催です。
FullSizeRender

行って来たは良いものの台風の雨の予報は何処へやら、お天気が良すぎて気温が高く30分も経たないウチにへばってしまいました。
人が多くて前に進めない!
IMG_0687

台湾料理ブースもたくさん出てましたが長蛇の列で最後尾が分からない!
たまに香りが漂ってくる八角の香りで台湾を味わって来ました笑

あまりの人の多さで押し出されてしまいTwitterで教えて頂いた素敵なアクセサリーとも巡り会えず(泣)
惨敗ー!

けれど観光ブースは割と空いていたのでゆっくり見られましたよ。
ずっと行きたいと思っていた澎湖ポンフーのブースがあって興味深かったです。
ブースの前に写真集が置いてあったのでこの台湾フェス滞在の大半の時間をそこで過ごしました。
IMG_0683

写真集美しいので必見です!
澎湖に更に行きたくなりました!台湾からの観光客はとても多いそうですが日本人はまだまだ来ることが少ないそうです。
観光名所も沢山あり素敵なホテルもいっぱいあるとのこと。
行きたい!是非行きたい!その未知の台湾とやらをとくと見てみたい!
今後の第1渡台希望になりましたよ!
ブースの方がとても親切なので色々お話を聞くことができましたよ。楽しい時間をありがとうございました。

フェスの美味しい食べ物にはありつくことは出来ませんでしたが澎湖の事を詳しく知れたから良かったかな。

明日台湾フェスに行かれる方はくれぐれも暑さ対策気をつけて下さいね!
水分補給も忘れずに行ってらっしゃいませ!

台湾フェアの時に買っておいたカルディ 五香カレーを食べます!

FullSizeRender


パッケージ、めっちゃ美味しそう!

五香とは複数の香辛料を合わせたものなのですが、必ずしも5種類の香辛料って訳では無いそうで、種類も地方ごとに違ったりと必ずしもコレ!と決まったものでは無いらしい(ゆるい笑)。

しかしパッケージに記しているようにカルディ の五香カレーに入っているスパイスはこちらのようです。シナモン、クローブ、クミン、八角、カルダモン。


レトルトなので手軽に食べられるのがええね。

箱から出すとこんな感じ。

FullSizeRender


カルディ オリジナル商品のレトルトパウチって商品名が入ってて好きです。

早速温めます。

FullSizeRender


レトルトパウチは卵焼き器で湯煎するに限る!最小限の水ですぐ沸騰するしね!

中を開けてみました。


FullSizeRender



大きめのインゲン豆がたくさん入っていて美味しそう!

そぼろ状の鶏肉が入っています。

食べてみるとピリピリは強め。よくある市販のカレールーの中辛より少し辛いかな。カルダモンの香りが立っています。五香の香りが甘くて全体的にピリピリは強めでも感じる味はかなり甘口です。辛さ抜きで甘味だけで言うならばお子様カレーレベルに甘いです。

脂っこくなくサラッとしていてライトな味わいですが、ゴロゴロ入っているインゲン豆が柔らかくホクホクしていて食べ応えありますね。

FullSizeRender


食べた後の後味がとっても軽い。

原材料もシンプル!

限定入荷でなくKALDIオリジナル商品だから食べたくなったらまた買えますね!

  • 内容量|180g
  • カロリー|195kcal(炭水化物 21.0g)
  • 原材料|炒めたまねぎ、いんげんまめ、鶏肉、カレーペースト、小麦粉、植物油脂、香辛料、砂糖、チキンエキス、しょうが、りんご酢、食塩

 

台湾の葱抓餅が冷凍食品として業務スーパーにありました!
いやん!嬉しい!
FullSizeRender
5枚入り388円でした!

以前池袋の中華系スーパーさんで蛋餅は見つけたことありましたが、持って帰る間に冷凍が溶けちゃったりして持って帰るのが大変なんですよね。いやー、嬉しいな。

IMG_9916
中身は1枚1枚ビニールに挟まれています。
乾燥しにくいので良いですね!

葱抓餅を早速作ってみましょー!

FullSizeRender
油をひかずに焼くそうです。手軽で良いね!
片面を焼いていると葱抓餅独特のプクプクしたパイ状になってきます。
ネギの良い香りが漂います。冷凍でもこんな香りするんだ〜!
焼き色が付いてきたらひっくり返します。
そしてまた焼き色がつくまで焼いて、出来上がり!はやっ!
FullSizeRender
あー!簡単!手軽!
そして味の方はと言いますと、香ばしくってネギの香りがしっかりして美味しい!しかし写真の1度目は屋台のようなふんわりとしたパイ状のボリュームが出なかった!ぺったんこ。
途中で生地を揉むと厚みが出る筈だったのですが遠慮がちに揉んだのが原因です。完全に揉みが足りませんでした。

2回めに作ったのはコレ。少しふんわりしました。
FullSizeRender
2回目挑戦した際には片面をひっくり返したタイミングでがっつりお箸で端っこから端までを掴んで揉み込むとふんわりと出来ました。
皆さんも作る時にはガッツリとつまみ上げながら作ってくださいね!

本来葱抓餅油っぽいものだったりしますが全然!生地に練りこんでいる油分はありますが、油っぽい匂いもないですしイケル!渋いお茶とも合いますし、ビールでも良い!

なかなか屋台味に近いのではないでしょうか。
これから食べたい時に食べられる!
ヤッタネ!


台湾朝食専門店の「東京豆漿生活」をご存知でしょうか?

東京豆漿生活(とうきょうどうじゃんせいかつ)は台湾版豆乳の豆漿を始め台湾の昔ながらのパン焼餅や揚げパンの油條など、様々な台湾の定番朝食が食べられる日本では希少なお店です。

しかし営業時間は朝だけ、自宅からは遠いし長蛇の列らしいし、ずーっと行きたかったんだけれども行けなかった豆漿のお店。


それがこの度お友達の家に遊びに行った時、なんと!東京豆漿生活の豆漿と酥餅(スーピン)をテイクアウトで用意してくれていました!

ありがとう!ありがとう!

2種の豆漿に花生湯、酥餅まで!

しっかりと堪能させて頂きましたよ!

FullSizeRender


黒糖豆漿に黒胡麻豆漿、ピーナツスープの花生湯、そして胡麻酥餅、紅豆酥餅、花生酥餅、ネギと肉が入った葱肉酥餅!感激です!

FullSizeRender

黒糖豆漿はそのままですが、胡麻豆漿と花生湯を分かりやすいようにお椀に出してみました。

写真上、黒糖豆漿は黒糖のコクと大豆の香りが豊か。豆漿自体は台湾で飲むサラサラのものよりもトロミがしっかりあって日本の豆乳に近く感じました。底に黒糖が溜まりやすいので混ぜながら飲むのが良いですね。

FullSizeRender
底から溢れ出てくる黒糖。

写真右、黒胡麻豆漿は色からも分かるように胡麻たっぷりで香ばしい!これは健康に良さそうです。あっさりしていましたよ。


そして特筆すべきは写真左下の花生湯!ピーナツの甘いスープなのですがピーナツがふわふわに柔らかくなっていて口に運ぶ度に幸せを感じる〜!スープの甘みも優しく見た目とは逆にあっさりとしていてコレ、どんぶり鉢で食べたい!ハートど真ん中を射抜かれました!

FullSizeRender


そして忘れてはいけません酥餅。酥餅は、柔らかいパイの様な皮に様々な餡を包んだ中華菓子です。台湾では良くあるお菓子なのですが日本ではなかなかお目にかかれません!

FullSizeRender


今回頂いたのは胡麻酥餅紅豆酥餅花生酥餅葱肉酥餅!コロンとした姿がとっても可愛い!日本でこれだけの種類の酥餅が食べられる日が来るとは思わなかった!

胡麻酥餅はゴマのペーストがぎっしりと入っていて食べると胡麻の香りが辺りに漂う〜!ホロホロとしたパイの皮に味はほとんど付いていないので、その素っ気なさと胡麻ペーストの程よい甘さの組み合わせが良いですね。日本のお饅頭のように甘くないので、いくらでも食べられそう。

紅豆酥餅は小豆の粒が適度に残っていてこれまた優しい甘さが小豆の風味を引き立てています。小豆がホクホクとしていて美味しい!優しい口当たりの食感が最高です!


FullSizeRender


花生酥餅は細かく挽いたピーナツが入っているのですが中はしっとり!ピーナツの粒がジューシーなんて初めての体験です。ですがピーナツバターの様にねっとりとはしていないんです。細かな粒を感じる食感でピーナツバターとはまた違った美味しさです。お菓子の花生とちょっと似ていますすごく香ばしくて食べた後も顔の周りにピーナツの香りが漂う。


葱肉酥餅はネギと豚肉がむっちり入っていてザ!台湾の香り!「八角」が入っています。食べた瞬間に感激しました。ふわっと嫌味なく八角の華やかな香り。日本でコレを食べられた事に感謝!


酥餅って水分がほとんどないので、モサモサと喉に詰まりやすいんですが、こちらの酥餅は中の餡がしっとりとしているのでするんと食べられてしまいます。


ちなみにお値段は

黒糖豆漿 380

胡麻豆漿 380

各種酥餅 250

良心的だと思います。

ありがたやー!


台湾の様に早朝に開いていて健康的な朝食のお店が日本にもあったら良いなと始めて台湾に行った時から思っていました。今回「台湾の様な」でなく、台湾朝食そのもののお店が出来た事がこの上なく嬉しい!

こんなお店が近くにあったら毎日でも通いたい。台湾の朝食専門店、もっと増えてくれないかな。早起きして通うよ〜!


おまけ

FullSizeRender


酥餅を包んでいた紙の袋、台湾屋台に足繁く通う方ならご存知かと。葱油餅(ネギパイ)や豚肉餡が入った胡椒餅を買うときによく使われる袋!この女の子に日本で会えるとは思ってませんでしたよ。

一瞬台湾にいるのかしらと錯覚しました。トコトン台湾にこだわったお店ですね。


東京豆漿生活

〒141-0031 東京都品川区西五反田1丁目20−3

営業時間 [月曜~土曜] 8:00~14:00(売り切れ時は閉店)

     [定休日] 日曜日
     [座席数]  18席    

 


台湾のお母さんが池袋で作るカラフル餃子
「線條手打餃子専門店」

台湾の味を求めて池袋にある線條手打餃子専門店に行ってきました。

FullSizeRender


中華料理の多い池袋で台湾のお店を探してもレストラン的な所が多く、ちょこっと小腹を満たしたい時に入れる食堂ってあまり無いんですよね。しかしこの度やっと見つけられました!

池袋の西口から7分ほど歩いた裏通りにひっそりと。2人がけのテーブルが3つしかない定員6名の小さな小さな餃子専門店です。お店のあまりの小ささに驚きますがこの独特な雰囲気、良いじゃないですか!

壁には取材があった沢山の雑誌が置いてあります。厳選された記事を載せると言われているJALの機内誌にも載ったんですね!すごい!

FullSizeRender


メニューはと言いますと、沢山ありますが日によっては無いものも多数あるようです。今日はほとんど無いそうです笑

お店のお母さんお勧めのタケノコの和え物とカラフル餃子を注文しました。

餃子は素食(ベジタリアン)用と普通のものがあるそうですが私は豚肉を使用した普通のものを注文しました。

IMG_0502


餃子が焼ける間にタケノコの和え物を頂きます。ぽりぽりと歯ざわりが良く醤油とごま油の香りがし、ちょっとピリ辛です。ビールのおつまみに最高ですね。

FullSizeRender


餃子のタレが先に出されたのですがこのタレ、女将のオリジナル調合でテーブルに置いているだけで薬膳の香りが漂って来るんです。餃子が来る前にフライングしてタレだけちょっと味見を。普通の餃子のタレってしっかりと酸味がありますがこれは黒酢を使っているのでしょうか、酸味控えめで甘みがあります。色はしっかりと濃いのに見た目に反して薄味で深い薬膳の香りがします。台湾出身の女将が作っているので台湾でよく料理に使われる八角が入ってるのかな?と話していたら「入っていない、いろーんな香辛料が入ってる」との答え。これ以上聞くのは野暮かと思いタレを舐めながら調合を推測しつつ餃子を待ちます。早くこのタレに餃子を付けて食べてみたい!と気持ちがはやります。

餃子まだかな〜と待つ事15分。満を持してカラフル餃子の登場です。

FullSizeRender

わお!すごく鮮やか!メニューに載ってた写真よりも実物の方がカラフル〜!
しかもこの鮮やかな皮の色、なんと合成着色料は使っていないそうです!どれも野菜や果物を練り込んで色を出しているそうですよ。こんなにしっかりと濃い色が出せるとは驚きです。
ちなみにピンク色はドラゴンフルーツ、青色は美容にも良いとされるお茶のバタフライピーで色を出しているそう。ガッツリ餃子の色合いの元は意外にも乙女なものでした。

FullSizeRender


餃子のサイズは一つ一つが大きいです。

皮は厚く食感はモッチモチ!この皮が厚さのせいかひだの取り方も厳つい感じで、その効果かしっかりとした弾力があります。焼き餃子でこの皮の厚みは新鮮!普段は薄皮の餃子が好きなのですがこの食感の虜になりそうです。

中の餡はそれぞれオーソドックスな豚肉、セロリ、ニラ、カニ、ホタテとなっていました。鮮烈な香りがするセロリが珍しくて1番気に入りました。小籠包の様に肉汁が溢れてきます。どの色もジューシーでありながら脂っこくはなく、さっぱりとしておりニンニクの香りはかなり控えめです。餃子も先ほどのタレと同様に薄味で餡の素材とタレの薬膳の香りの両方をしっかりと楽しめます。タレとの調和が取れていて美味しい。

お値段は101100円とお高めだなーと思いましたがこの味とこの手の混みよう、納得です。他の料理も食べたかったのですが餃子でお腹がいっぱいに。それくらい皮も餡もしっかりとした餃子でした。

ちょこっと寄ってサクッと食べて帰るのに丁度良い。

FullSizeRender


お店の外観がディープな雰囲気を醸し出しているので女子には勇気がいるかもしれませんが、一歩中に入るとお母さんからの暖かいウェルカムが待っていますので、気後れせず安心して入って下さいませ。女性おひとりさまにもおススメ出来ちゃいます。私もこれから1人でふらりと通うことになりそうです。

餃子の色や中の餡はお母さんの采配で注文のその時々に変わるそうです。数十種類の餃子メニューがあったので通って色々食べてみたいですね。

線條手打餃子専門店

東京都豊島区池袋2-55-12 セピア池袋II 1F


JR山手線他、東京メトロ丸ノ内線・副都心線 池袋駅 徒歩4分

東京メトロ有楽町線、東武東上線 池袋駅 徒歩5分

西武池袋線 池袋駅 徒歩6分

池袋駅から541m


営業時間

[月~土・祝] 11:00~22:00

[日]     13:00~22:00

定休日 不定休

クレジットカード使用不可

座席数 2人席✕3

駐車場なし

 

チャイナタウン西川口

チャイナタウン化している埼玉県の西川口。美味しいお店が沢山あると聞いて行ってきました。目指すは台湾料理です。

この西川口、道を歩いている人、外国人が多い!チャイナタウンと言われていますが中国の方だけでなく様々な人種の方が様々な言葉を話しながら私の横を通り過ぎていく。どこの国にいるとも思えない不思議な感覚です。沢山の外国人が住んでいるならば、その外国人に認められた本場の味の美味しいお店があるはず。期待できそうです。


賑やかな繁華街から少し離れた所に台湾料理のお店がありました。

お店の明かりが薄暗い通りに浮かび上がっています。

お店のメニューに排骨(ぱいこー)や魯肉飯(るーろーふぁん)があるようで、こちらのお店「百香軒」さんに入る事にしました。

FullSizeRender


中国 台湾料理「百香軒」

お店の中は明るくて吊るしてある中華風の飾りがとても可愛いです。

テーブルも広々としていて2人で使うには勿体無いくらいと都内で狭い席に慣れた私は恐縮してしまいます。

FullSizeRender


店内は清潔感があって綺麗だしテーブルには立派なメニューが置かれていて、思わず「高級店?!」と焦りましたがメニューを見ると良心的なお値段でホッとしました。中華料理のお店は庶民的な作りなのに実は歴史ある高級店だったりしますからね。ヒヤヒヤしました。


注文したのはこちらです。

  1. ピータン豆腐
  2. 海米瓜条(キュウリの浅漬け干しエビとニンニクの風味)
  3. 黒酷咕咾肉(黒酢酢豚)
  4. 清炒墨花(青菜と松崎イカの炒め物)
  5. 魯肉飯(バラ肉丼)
  6. 担仔麺(台南風ラーメン)

ピータン豆腐

FullSizeRender

前菜のピータン豆腐は細かく切ったピータンと、さいの目に切ったお豆腐が口の中でうまく絡み合います。ごま油がしっかりと効いていてピータンの独特な臭みを感じず食べられました。

サイコロ状の長芋が入っているのが独特でシャクシャクと歯ざわり軽快なピータン豆腐でした。キリリと冷たく冷やされていたのが前菜の第1品目にちょうど良かったです。結構なボリュームがありました。

海米瓜条(キュウリの浅漬け干しエビとニンニクの風味)

FullSizeRender

キュウリの浅漬けがさっぱりしています。さっぱりの中にも和えている干しエビの旨味が一緒に広がります。 ニンニクの香りが食欲をそそり、前菜として注文しましたがおかずにもなる一品でした。


 黒酷咕咾肉(黒酢酢豚)

FullSizeRender

黒酢の深いコクと甘酢ぎないタレが大人が好む酢豚になっています。タレのトロミが硬すぎずユルすぎず、丁度よい塩梅に揚げた豚肉と絡みます。この豚肉がとても柔らかくてお箸で切れちゃうぐらいです。熱々の揚げたての豚肉は噛むと肉汁が溢れ出てくるくらいジューシーです。この酢豚だけでご飯3杯くらい行けそう。


 清炒墨花(松崎イカの炒め物)

FullSizeRender

イカがふわふわで柔らかい。そしてとても繊細な松笠切りで口当たりがとても良いです。
さっぱりとした塩炒め。塩加減が絶妙です。そして鮮烈なセロリの香りが清々しくお口の中をリセット!箸休めにもなります。


魯肉飯(バラ肉丼)

FullSizeRender

台湾のソウルフード魯肉飯。こちらの魯肉飯はお店のオリジナル色が強いです。
こちらミニサイズを注文したのですが小さめ丼鉢で出てきましたよ。台湾の
魯肉飯はお茶碗サイズで出てくるのでこちらの小サイズもてっきりそうだと思っていたので少々驚きました。

普通の魯肉飯はそぼろや細かく切った豚肉が多いのですが、こちらは2センチくらいの角切りにされた豚肉です。台中で大きな角煮がドン!と乗っている魯肉飯を何度か見たことがありますが、その中間といったところでしょうか。ツユもとろみがあって独特。
豚肉はトロトロに煮込まれていてしっかりとした醤油ベースの味付け。バラ肉の脂の部分がとても美味しい。シメの丼のつもりが、またまたこれでビールがいけそうです。
ツユにとろみがある分、ご飯の粒に絡みやすくてサラサラつるるんとご飯が飲み物の様に胃に入っていく。 

担仔麺(台南風ラーメン)

FullSizeRender

 さっぱりとした鶏出汁の担仔麺。これで正真正銘の〆になりそうです。
こちらもミニサイズと表記されていましたが小さめ丼鉢で来ましたよ。2人で分けてちょうど良かった。米粉麺(ビーフン)に変える事ができますが普通のラーメンの麺で注文しました。その麺も美味しかったですが鶏出汁には米粉の方があっていたかもしれないです。
モヤシの食感がのシャキシャキしていて口当たり良く、満足のいくシメになりました。

2人で6品注文しました。もうお腹がはちきれそうです。1品がそこそこ量があるのでこれ以上は無理。本当は排骨(ぱいこー)も頼みたかったのですがお腹が「無理無理ー!」と悲鳴をあげていたので今回は頼めず。再来して注文したいですね。

今回これらとビール1本で4490円(税込み)でした。ちなみにチャージが1人350円です。
味は間違いないしボリュームもあったのでこのお値段はとっても安いのではないかと思います。
メニューの料理数がとっても多いので「これも食べたい!あれも食べたい!」となりますが2人ではこれが限界。今回はオーソドックスなものを注文しましたが次回はもっと攻めたいですね。 
ちょこちょこ通いたいお店です。
 

IMG_0419


 お店情報

店名 台湾料理 百香軒 

ジャンル 中華料理、台湾料理

住所   埼玉県川口市西川口3-31-9 山崎ビル 1F

交通手段 JR京浜東北線西川口駅下車西口から徒歩5分 西川口駅から382m

営業時間 11:00~15:00 17:00~23:30

定休日  無休(営業時間・定休日は変更となる場合あり)

席数   40席

 



ブログランキング・にほんブログ村へ

台湾料理 青葉

埼玉は大宮駅にある台湾料理の青葉に行ってきました。

美味しいと聞いていたので期待しちゃいます。

ランチでお邪魔しました。

FullSizeRender


とってもレトロなお店構えです。

店内は昭和の佇まい。懐かしい雰囲気でめっちゃ落ち着く〜!

FullSizeRender


台湾料理とありましたが、ランチメニューでは台湾らしきものがなかった

中華料理屋さん、といったところでしょう。台湾料理屋さん“あるある”ですね。

それでも美味しければ良いのです。

IMG_0302


気を取り直し、何を注文するか考察。

ラーメンの上にレバーとモヤシが乗っている写真に惹かれレバそば850円を注文しました。

名前の付け方がなんとも単刀直入!良いですね!


レバそばが来ました。美味しそう!!

FullSizeRender



ん?でもこれ、“レバー炒め”と“ラーメン”!

ラーメンにレバーを煮込んだりしているのかなと思ってたらラーメンの上にレバニラを乗せたラーメンだったのでした。


まずはスープをひと口。

スープ!めっちゃ美味しい!昔ながらのスッキリとした鶏ガラスープ!最近の白濁した鶏白湯ではなく澄んだスープです。懐かしい味と香り!醤油味の優しい香りが沁み入ります。

FullSizeRender


そして上に乗っているレバニラ炒めはというと、厚めのレバーで歯ごたえがあります。炒めたレバニラの醤油がとっても香ばしくて食欲が増して来ます。そしてかなりのボリュームです。食べても食べてもレバーが出て来る。なんて太っ腹なんだろう!モヤシのシャキシャキも瑞々しく良い。

FullSizeRender

麺は細麺です。オーソドックスな昔ながらの麺です。柔らかさもコシも丁度良く醤油ラーメンには、やっぱりコレだなぁとしみじみしてしまいました。
醤油ベースの鶏ガラスープにレバニラの炒めた香ばしさが合わさって絶妙です。

ラーメンが来た時にラーメン&レバニラやん!と思ってしまってごめんなさい。ちゃんとマッチしていました。


しかし今回台湾料理をたべるつもりがランチメニューのレバそばになってしまいました。

ランチでは麻婆豆腐や五目そばなどあまり台湾ぽい物はありませんでした。お昼間でも一品料理を注文すれば良かったかな。

夜の一品メニューの時に狙って来たいですね。


台湾料理 青葉

埼玉県さいたま市大宮区宮町3-1
大宮駅東口から500mくらい

座敷 あり
個室 なし
駐車場 なし
貸切り 可能(20〜50人)

カルディ で見つけた「混ぜるだけルーローファン」

魯肉飯の素、パッケージにKALDIと記載があるのでオリジナル商品なんですね。お店にもよると思いますが、常時置いてある商品なら美味しかった時にリピート出来る安心感がありますね。
FullSizeRender

魯肉飯とは台湾のソウルフード。台湾の豚そぼろご飯です。普通の魯肉飯は白いご飯の上に醤油とお砂糖等で炊き込んだそぼろ肉とツユを上に掛けて食べるのですが、これはご飯に混ぜ込んだ炊き込み風になります。炊きたてのご飯に魯肉飯の素を混ぜるだけ。
パッケージを開けるとアルミのパウチが入っています。
FullSizeRender

ご飯はパッケージ裏に書いてある通り水少なめの2合で炊きました。
ではご飯が炊けたので早速混ぜて作ってみましょう。炊飯器の中で作っちゃいます。洗い物が少なくて助かりますね。炊きたてのご飯に魯肉飯の素を投入!
FullSizeRender

結構ツユだくに感じました。パッケージの通り、お水少なめでご飯を炊かないとベチャッとしたご飯になりそうです。混ぜ混ぜして5分ほど蓋を閉めて蒸らして馴染ませました。

混ぜた後はこんな感じです。
FullSizeRender

混ぜる時は混ぜすぎに気をつけましょう。ムラがないようにしっかりと混ぜてているとご飯にべたつきが出てきます。さっくりと混ぜる方が良いですね。魯肉飯はもともとかけご飯なので少しのムラは気にしないようにしました。
FullSizeRender

パッケージでは煮卵がのっていましたが、私はより簡単に目玉焼きを乗せました。魯肉飯の名店「天天利美食坊」風!
普通は小さなお茶碗で出てくる素っ気ない見た目の魯肉飯ですが、今回はリーフ系の緑もちょっと足して見た目良くしてみました。
FullSizeRender

食べてみます!
パウチを開けた時から「あ〜!これこれ!」と言った感じの台湾の香り“八角”が香っていたのですが、食べると結構な強さで香りが立っています。
味は薄めに感じました。そこがやけにリアルに思います。魯肉飯は濃い見た目とは裏腹に薄味なものなので。しっかり目の味付けが好きな方はご飯1合半でも良いと思います。

味はほんのりと甘くて食欲が出てきますね。
豚肉の存在はあまり感じませんが、タケノコ多めなのでコリコリと食感が良いです。食べていて飽きません。

八角の香りが強めなので苦手な方もいるかもしれませんが、なかなか再現度が高くリピートもしたいと思いました。
ご飯に混ぜるだけでとても手軽なのに、手の込んだ炊き込み風になるので満足感もありましたよ。

【名称】まぜごはんのもと
【原材料名】豚肉、野菜(たけのこ、しいたけ、にんにく、しょうが)、しょうゆ、砂糖、大豆油、食塩、清酒、ポークエキス、五香末、スターアニス(八角)、唐辛子、増粘剤(加工でん粉)、カラメル色素、調味料(アミノ酸等)、酸味料、(原材料の一部に小麦、大豆、豚肉を含む)
【殺菌方法】気密性容器に密封し、加圧加熱殺菌
【内容量】126g
【商品サイズ】160×130×18mm
【賞味期限】別途商品ラベルに記載
【保存方法】直射日光を避け、常温で保存




春水堂(チュンシュエタン)でタピオカ鉄観音ミルクティー


埼玉は大宮駅、ルミネの中にある春水堂(チュンシュエタン)へ来ました。
タピオカミルクティー、最近流行ってますね。

春水堂は台中に本店を構え、ここ数年は日本各地にお店が登場して話題になりました。
創業1983年、台湾で45店舗を展開するお茶専門カフェです。
タピオカミルクティー発祥の店として本場台湾で国民的な人気を誇っています。

時代に合わせた革新的なお茶の飲み方を開発する他、お茶の文化継承と味への追求を行うため「お茶マイスター」認定制度を設け、春水堂のドリンク作りは全て認定者が担当しているそうです。
「お茶マイスター」は、厳しいトレーニングを受けて茶葉に対する専門知識を習得した社員さんにしか与えられない厳格な社内資格制度で春水堂の味を守っているとのこと。また、安全性と風味にもこだわり、防腐剤無添加の茶葉やタピオカ、オリジナルにブレンドしたシロップ作りも自社で手掛けているそうです。

なんだかすごいぞ!

FullSizeRender

お店へ平日の13時半頃に行きました。席はそこそこ埋まっているもののさほど混んでいなくて、すぐに席に通されました。
お茶専門店と言っても軽い食事もできますし、豆花などのデザートもあります。

こちらはランチメニュー。平日オープンから15時までやっています。

FullSizeRender

そして通常のメニュー。ランチの方がセットがお得なんですね。

FullSizeRender

FullSizeRender

デザートの種類は多くないものの豆花や湯圓などがとっても美味しそうです。トッピングが追加できるのも嬉しいですね。
そして様々なタピオカ系のドリンクがあります。

FullSizeRender

期間限定のタピオカ苺ミルクティーもありました。

FullSizeRender

今回私はタピオカ鉄観音ミルクティーを注文しました。

鉄観音(てっかんのん)は、中国茶のうち青茶(半発酵茶)の一種で、広い意味の烏龍茶の一種です。中華人民共和国の福建省泉州市安渓県で作られる安渓鉄観音と台湾の台北市文山区付近で作られる木柵鉄観音が代表的銘柄です。

味は芳醇で濃く、後味は甘いです。香りも甘く清香です。よく蜜の香りや蘭や金木犀といった花の香り水蜜桃の香りに例えられるそうです。抽出された茶の色は、黄金色です。

FullSizeRender

その鉄観音烏龍茶のミルクティーにタピオカが入っています。
春水堂のタピオカは最近流行の大きなタピオカに反して小さめです。しっかりとした硬めのタピオカです。黒糖の香りも控えめ。お茶の香りが強いのであくまでタピオカは脇役になっていると思います。
ほんと、春水堂はお茶がとっても美味しいですから。品質が良いのだと思います。

今回注文した鉄観音ミルクティーもキリッと香りが立っていてミルクティーだけれど後味サッパリ。シャリシャリとした細かな氷が入っていてこれまた爽やかでした。

お値段は店内で注文して540円(税込)でした。
FullSizeRender

ゆっくりテーブル席で楽しめるのでかなりリーズナブルに感じます。また近くに行ったら是非寄って、今度は違ったものを注文してみたいと思いました。お得なお食事とのセットもあるのでそちらも良いなと思います。

春水堂 ルミネ大宮店

所在地 埼玉県さいたま市大宮区錦町630 ルミネ大宮1 2F
電話 048-782-6020
営業時間 10:00~21:00(日〜20:30)
ラストオーダー [フード] 20:30
[ドリンク] 20:45
※混雑時には時間が前後する可能性あり。
定休日 不定休
席数 50席
※予約不可
テイクアウト
※テイクアウト専用カウンターあり
備考 ※コンセント、フリーwifi完備


↑このページのトップヘ