台中の乙女なホテル「ナパスホテル」(莿桐花文創微旅)

ナパスホテル(莿桐花文創微旅)

台中で乙女なセンスで心震える可愛いホテルを見つけました。

台中駅から約7分のナパスホテルは台湾大道から脇に入った細い路地にあります。路地は少し寂しい雰囲気ですが、台湾大道沿いでは無いのでとても静かです。

緑が印象的な雰囲気のある外観です。

有名なみつ豆屋さん「幸発亭蜜豆冰本舗」のすぐ裏手です。最初は友達と「ホテルからすぐだから後で行こうね!」なんて言ってたけど、周りは美味しそうなお店が沢山あって、胃の容量が足りず行けませんでした。残念。

ロービーに入って感激!

めっちゃ可愛いやん!

天井のむき出しのパイプもおしゃれに見えてくる。

ガラス張りの吹き抜けも素敵!

上手にリノベーションしてるなーと感心してしまいます。

不思議の国のアリスの様な世界観です。ホテルに来てワクワクするなんて思ってもみませんでした。

お部屋に入るのが楽しみになります。

ロビーにはコーヒーやお茶を自由に頂けるラウンジがありました。

観光の後ホテルに戻って熱いコーヒーを頂けるのは非常に嬉しい!

ラウンジは明るくて開放感がありました。

そしてお部屋へ。

小さなプチホテルですが、お部屋はなかなか広かった!

白を基調にした清潔感のあるお部屋です。

今回はダブルのベッドが2つの4人部屋を2名で利用しました。

ハンガーの掛け方も良いですね。

自分のお部屋でも真似できそう。

参考になるなぁ。

クラッシックな電話!よーく見るとラインストーンが付いてるんですよ。キラキラっ!

フロントに電話する時、使えるのかとちょっとドギマギしましたがちゃんと使えましたよ。

カップも4人部屋なので可愛いマグカップが4つ用意されています。
台湾だと街のあちこちに美味しいドリンク屋さんがあるので1日中飲んでまわってお部屋のお茶まで手が出ないのですが、こういったお茶セットが置かれているのはありがたいですね。

ポットもいちいち可愛いなぁ。

シングルベッド2つのお部屋だとバスタブが付いていなかったのでこちらのお部屋にしたのですが、2人部屋とお値段を比べても800円程しか変わりませんでした。朝食なしサービス料込みで1室7656円です。

ホテル予約サイトのエクスペディアで予約しました。

洗面室のタイルも素敵!

お風呂のお掃除もしっかりしていて清潔感がありました。

台湾でバスタブ付きの部屋はあまり無いのでありがたい。

バスタブがあると旅の疲れをゆっくり癒せますからね。重要!
バスタブ周りの水はけが少し良くなかったのですが、少し時間が経つと水は流れていきました。

お風呂場のガラスに台湾で様々な所で見かけるお馴染み「小心地滑」のマーク。

床が滑るから気をつけてね!ってことなんだけど、おしゃれホテルで見るとこのマークがスタイリッシュに見えてくる不思議(笑)

お風呂もトイレも扉は透明なガラスなんですが、ちゃんとそれぞれカーテンがありました。最近台湾のプチホテルって透明なガラス張りのトイレとか多いんですよね。流行っているのかな?お部屋が広く見えるのは良いけれど一人旅以外ではちょっと抵抗がありますよね。でもこちらは洗面所にもカーテンがあって配慮を感じました。

今回は台中の街を移動ばかりしていてこちらのナパスホテルには1泊しかできなかったけれど、キレイで場所も便利だし是非また泊まりたいと思いました。
ホテルの大きさもお部屋の大きさも気ままな女2人旅に丁度良かったです。

お部屋によって雰囲気もまた変わるみたいなので他のお部屋にも泊まってみたいな!