はぴねす台湾

台湾を愛するチャッキーあゆみのブログです。 友達が少ないので気ままなソロ旅が多いです。 台湾のお友達に教えてもらった地元の人ならではの情報もお伝えしたいと思います。台湾がはじめての人にもリピーターの人にも足を運んでもらいたい観光スポットをご紹介します!

「台湾へは何度か行っている、初めてだけれどフリータイムには自分の足で観光したい」という皆さんに「自分で行ける台湾観光」をお伝えします!
気軽な台北市内からちょっと足を伸ばして行ける穴場なスポットをお届けします!

タグ:カルディ

台湾フェアの時に買っておいたカルディ 五香カレーを食べます!

FullSizeRender


パッケージ、めっちゃ美味しそう!

五香とは複数の香辛料を合わせたものなのですが、必ずしも5種類の香辛料って訳では無いそうで、種類も地方ごとに違ったりと必ずしもコレ!と決まったものでは無いらしい(ゆるい笑)。

しかしパッケージに記しているようにカルディ の五香カレーに入っているスパイスはこちらのようです。シナモン、クローブ、クミン、八角、カルダモン。


レトルトなので手軽に食べられるのがええね。

箱から出すとこんな感じ。

FullSizeRender


カルディ オリジナル商品のレトルトパウチって商品名が入ってて好きです。

早速温めます。

FullSizeRender


レトルトパウチは卵焼き器で湯煎するに限る!最小限の水ですぐ沸騰するしね!

中を開けてみました。


FullSizeRender



大きめのインゲン豆がたくさん入っていて美味しそう!

そぼろ状の鶏肉が入っています。

食べてみるとピリピリは強め。よくある市販のカレールーの中辛より少し辛いかな。カルダモンの香りが立っています。五香の香りが甘くて全体的にピリピリは強めでも感じる味はかなり甘口です。辛さ抜きで甘味だけで言うならばお子様カレーレベルに甘いです。

脂っこくなくサラッとしていてライトな味わいですが、ゴロゴロ入っているインゲン豆が柔らかくホクホクしていて食べ応えありますね。

FullSizeRender


食べた後の後味がとっても軽い。

原材料もシンプル!

限定入荷でなくKALDIオリジナル商品だから食べたくなったらまた買えますね!

  • 内容量|180g
  • カロリー|195kcal(炭水化物 21.0g)
  • 原材料|炒めたまねぎ、いんげんまめ、鶏肉、カレーペースト、小麦粉、植物油脂、香辛料、砂糖、チキンエキス、しょうが、りんご酢、食塩

 

カルディ で見つけた「混ぜるだけルーローファン」

魯肉飯の素、パッケージにKALDIと記載があるのでオリジナル商品なんですね。お店にもよると思いますが、常時置いてある商品なら美味しかった時にリピート出来る安心感がありますね。
FullSizeRender

魯肉飯とは台湾のソウルフード。台湾の豚そぼろご飯です。普通の魯肉飯は白いご飯の上に醤油とお砂糖等で炊き込んだそぼろ肉とツユを上に掛けて食べるのですが、これはご飯に混ぜ込んだ炊き込み風になります。炊きたてのご飯に魯肉飯の素を混ぜるだけ。
パッケージを開けるとアルミのパウチが入っています。
FullSizeRender

ご飯はパッケージ裏に書いてある通り水少なめの2合で炊きました。
ではご飯が炊けたので早速混ぜて作ってみましょう。炊飯器の中で作っちゃいます。洗い物が少なくて助かりますね。炊きたてのご飯に魯肉飯の素を投入!
FullSizeRender

結構ツユだくに感じました。パッケージの通り、お水少なめでご飯を炊かないとベチャッとしたご飯になりそうです。混ぜ混ぜして5分ほど蓋を閉めて蒸らして馴染ませました。

混ぜた後はこんな感じです。
FullSizeRender

混ぜる時は混ぜすぎに気をつけましょう。ムラがないようにしっかりと混ぜてているとご飯にべたつきが出てきます。さっくりと混ぜる方が良いですね。魯肉飯はもともとかけご飯なので少しのムラは気にしないようにしました。
FullSizeRender

パッケージでは煮卵がのっていましたが、私はより簡単に目玉焼きを乗せました。魯肉飯の名店「天天利美食坊」風!
普通は小さなお茶碗で出てくる素っ気ない見た目の魯肉飯ですが、今回はリーフ系の緑もちょっと足して見た目良くしてみました。
FullSizeRender

食べてみます!
パウチを開けた時から「あ〜!これこれ!」と言った感じの台湾の香り“八角”が香っていたのですが、食べると結構な強さで香りが立っています。
味は薄めに感じました。そこがやけにリアルに思います。魯肉飯は濃い見た目とは裏腹に薄味なものなので。しっかり目の味付けが好きな方はご飯1合半でも良いと思います。

味はほんのりと甘くて食欲が出てきますね。
豚肉の存在はあまり感じませんが、タケノコ多めなのでコリコリと食感が良いです。食べていて飽きません。

八角の香りが強めなので苦手な方もいるかもしれませんが、なかなか再現度が高くリピートもしたいと思いました。
ご飯に混ぜるだけでとても手軽なのに、手の込んだ炊き込み風になるので満足感もありましたよ。

【名称】まぜごはんのもと
【原材料名】豚肉、野菜(たけのこ、しいたけ、にんにく、しょうが)、しょうゆ、砂糖、大豆油、食塩、清酒、ポークエキス、五香末、スターアニス(八角)、唐辛子、増粘剤(加工でん粉)、カラメル色素、調味料(アミノ酸等)、酸味料、(原材料の一部に小麦、大豆、豚肉を含む)
【殺菌方法】気密性容器に密封し、加圧加熱殺菌
【内容量】126g
【商品サイズ】160×130×18mm
【賞味期限】別途商品ラベルに記載
【保存方法】直射日光を避け、常温で保存




KALDI 台湾フェア

​カルディ の台湾フェアで豆花を見つけました。

豆花は台湾でよく食べられるお豆腐のような素朴なスイーツです。
黒蜜入りです。黒蜜?と疑問に思うのは私だけでしょうか。
黒糖がよく使われる台南風なのでしょうか。
とにかく食べてみましょう!

FullSizeRender
165g  168円

パッケージの中味です。
素っ気なーい!アルミのパウチと黒蜜が入っています。豆花トーファの文字がカッコいいです。良いフォントだと思います。

FullSizeRender

中身を出して黒蜜をかけました。かなり濃い黒みつでドロっとしています。パウチに入っている豆花は大きめのサイズがそのまま入っています。出すときにずるんと大きいまま出てきて器から飛び出そうになりちょっと焦りました。
豆花に少し透明感があります。
FullSizeRender

食べてみると豆花自体には味が付いていません。豆の香りもほとんどしないです。食感はプルプルとしていて口当たりがとても良いです。
あっさりめの豆花なので黒蜜の味が勝ちますね。黒蜜はコクがあります。
ここで最初の疑問に戻ります。黒蜜?
台北で食べられる豆花には黒みつをかけるお店は見かけたことがありません。薄い甘さで透明のシロップに豆花が入っています。
台南の方では黒蜜の豆花を見かけたことがありますがこんなに濃い黒蜜ではありませんでした。トッピングのタピオカやゼリーが黒糖味でそれを入れることによってシロップが黒糖風味になるくらいのものでした。
だからこれは台南風っぽいやつ、としておきたいです。

豆花自体も台湾の豆花というよりゼリーに近いですね。全体的にところてんを食べている感覚でした。台湾スイーツというより日本のスイーツと言った感じでしたね。ぷるんぷるんしているのは喉越しが良くて美味しかったです。
1食168円はお手頃価格でお得感がありました。

【名称】豆乳デザート
【原材料名】[豆乳]豆乳(大豆(遺伝子組み換えでない))/ゲル化剤(加工デンプン)、増粘多糖類)、乳化剤
[黒蜜]液糖、果糖ぶどう糖液糖、黒砂糖、三温糖、水飴/カラメル色素
【内容量】165g(豆花150g×1袋・黒蜜15g×1袋)
【商品サイズ】240×150mm
【賞味期限】別途商品ラベルに記載
【保存方法】直射日光、高温多湿を避けて保存してください。(開封後要冷蔵)
【販売者】株式会社キャメル珈琲
【製造者】谷尾食糧工業株式会社
【容器の種類】袋
●豆花はレトルトパウチ食品です。
●開封後は冷蔵庫(10℃以下)に保管し、当日中にお召し上がりください。

カルディ 台湾フェア

カルディ の台湾フェアで買ってきた汁なし台湾ラーメンを食べてみました!
パッケージにKALDIとあるように、これってカルディ のオリジナル商品だったんですね。
238円でした。
FullSizeRender
今年台湾へ行って汁なしラーメンを食べて美味しかったので期待も高まります。
パッケージの写真がとっても美味しそう。

FullSizeRender
フタを開けるとこんな感じ。中には液体スープとかやくが入っています。ノンフライ中太麺です。
カップの内側にある線まで熱湯を入れて4分。
見逃しそうになったのですがパッケージの上部のシールを剥がすと、ちゃんとお湯切りもついていました。穴が結構大きくて、かやくが流れそうになりながらもギリギリ止まります。
FullSizeRender
しっかりお湯を切って液体スープとかやくを入れます。液体スープは思いの外パシャパシャしてました。かやくはニラと唐辛子が目立ちます。小さいですがお肉も入っています。
よーく混ぜ混ぜして出来上がり!

FullSizeRender
見た目もなかなか美味しそう!パッケージそのままですね。嘘はありません。
具があまり無いので実質食すのは麺のみといった感じではありますが香りがとても良いです。
ニラとニンニクの香りがして食欲をそそります。
そして味は…醤油の味がしっかりしていてニンニクの香りが香ばしい!ほんのちょっと甘みを感じます。
最初は塩気が強く感じましたが麺が太めなので食べているうちに気にならなくなりました。ピリピリとした辛さがあります。意外にも五香粉や八角の香りはほとんどしません。苦手な方なら「あ!入ってる!」と分かるかもしれませんが、台湾スパイス好きにはちょっと物足りない気もします。

麺は艶があって口当たりが良いです。お湯を入れてきっちり4分計りましたが歯ごたえのある麺です。しっかりしていて食べ応えあります。
ニンニクとニラの香りが強いので具が少なくてもペロリと平らげてしまいました。
かなりの量のニンニクが入っていると思われます。食べた後は2時間くらい自分からニンニクの香りがしました。

カップ麺ながら本物の台湾汁なし麺になかなか近い味ではないでしょうか。でももっと八角の香りがして欲しかったですね。しょっちゅう食べると飽きちゃうかも知れませんが、一度食べるとまた食べたくなりそうな中毒性があります。台湾汁なしラーメンが好きな方はもちろん、ニンニク好きな方にオススメしたいです。
IMG_0162
KALDI でまた見つけた時は買いたいと思いました。
それにしてもニンニクが凄かったな(笑)


【名称】即席カップめん
【原材料名】めん(小麦粉、食塩、植物油脂、小麦たん白、大豆食物繊維、たん白加水分解物)、スープ(動植物油脂、しょうゆ、にんにく、香味油、ポークエキス、食塩、チキンエキス、ローストガーリックペースト、たん白加水分解物、香辛料)、かやく(肉そぼろ、唐辛子、フライドガーリック、にら)/加工デンプン、調味料(アミノ酸等)、かんすい、着色料(カラメル、クチナシ)、炭酸カルシウム、乳化剤、増粘剤(加工デンプン、増粘多糖類)、セルロース、香料、香辛料抽出物、酸化防止剤(V.E)、(一部に卵・小麦・ごま・大豆・鶏肉・豚肉・ゼラチンを含む)
【内容量】108g(めん75g)
【商品サイズ】170×80mm
【賞味期限】別途商品ラベルに記載
【保存方法】高温多湿や香りの強い場所、直射日光を避け常温で保存
【販売者】株式会社キャメル珈琲
【製造者】加ト吉水産株式会社 フーズ部群馬工場
【容器の種類】プラ容器
●本製品に含まれるアレルギー物質 卵・小麦・ごま・大豆・鶏肉・豚肉・ゼラチン

番外編


竹林堂のパイナップルケーキ


台湾のお土産といえばパイナップルケーキですね。台湾では至る所で売られていますが日本ではなかなか見当たりません。今回はカルディの台湾フェアで見かけたので購入してみました。竹葉堂さんのパイナップルケーキです。
パイナップルケーキはスーパーから専門店、高級ホテルのブティックで売られているものまで様々なグレードがあります。
今回の竹葉堂さんのパイナップルケーキは6個入り498円と大変お手軽です。
FullSizeRender
パイナップルケーキの中では安い部類ではないでしょうか。台湾ではスーパーなどで売られているタイプのようです。お手頃価格なのに小包装はされているんですね。これはポイント高いです。FullSizeRender

ちなみに1個30gで小ぶりです。
お値段は控えめですが中身の餡はパイナップルを100%使用しているそうです。
FullSizeRender
味はというと、外側のクッキー生地はしっとり柔らかめの食感。バターの香りはほとんど感じません。さっぱりしています。ここ数年、流行していたバターの香りが強めのパイナップルケーキの逆を行く感じ。
FullSizeRender
パイナップルフィリングは繊維なしのパイナップルジャムのようです。甘さが強いですが酸味も少しあります。甘いので1つ食べただけでも満足感ありですが、パイナップルの香りはあまり無かったですね。低価格なので高級志向のパイナップルケーキと比べてはいけませんね。お値段もサイズ感も気を張らずに食べられるのが良いと思います。気楽にパクパク食べられますね。
FullSizeRender

【品名】焼菓子(パイナップルケーキ)
【原材料名】パイナップル、小麦粉、バター、砂糖、麦芽糖、卵、植物油、全粉乳、食塩/香料、着色料(β-カロテン)
【内容量】180g(6個)
【商品サイズ】230×105×50mm
【原産国】台湾
【輸入者】フジフードサービス株式会社

番外編
・KALDIの汁なし台湾ラーメンのレポート
 ・KALDIの豆花レポート

↑このページのトップヘ