はぴねす台湾

台湾を愛するチャッキーあゆみのブログです。 友達が少ないので気ままなソロ旅が多いです。 台湾のお友達に教えてもらった地元の人ならではの情報もお伝えしたいと思います。台湾がはじめての人にもリピーターの人にも足を運んでもらいたい観光スポットをご紹介します!

「台湾へは何度か行っている、初めてだけれどフリータイムには自分の足で観光したい」という皆さんに「自分で行ける台湾観光」をお伝えします!
気軽な台北市内からちょっと足を伸ばして行ける穴場なスポットをお届けします!

タグ:台湾グルメ

台湾にスイーツを食べに来たと言っても過言ではない!

IMG_9730

台湾に来たらスイーツを食べないとね!
今回は豆花から始まって台湾スイーツ3種を食べて来ました。

先ずは豆花。豆花はほんのりと甘いお豆腐の様なデザートです。

マンゴーや甘く煮た豆類、芋類、白玉に似のモチモチとした芋園(タロ芋を混ぜ込んでます)をトッピングして頂きます。

甘さ控えめでとってもさっぱり。熱いのも冷たいのもあり、冷たい豆花には氷が入っていて蒸し熱い台湾の夏にはピッタリ!

IMG_9727


そうそう、お店は西門町の「珍品養生坊」さんです。トウモロコシソースのかき氷で有名な「楊記花生玉米冰」さんのお隣にあります。おばさんがテキパキ動いて注文と同時に芋園を茹でてくれるので茹でたてが食べられます。本当にモッチモチ!タロ芋の香りもしっかりしていて良い!


FullSizeRender


この↑写真は紅豆芝麻湯園。胡麻ペースト入りの白玉が入ったお汁粉です。こちらも言わずもがな美味しい。心が穏やかになる様な優しい味わいです。台湾のスイーツは本当に甘さ控え目で何杯でも食べられちゃいます。
FullSizeRender
お値段も良心的です。
注文方法はテーブルの上に置いてあるオーダーシートに食べたいものの数を記入し、お店の人に渡して先にお会計をします。このシート、英語表記もあって分かりやすい!シートを渡す注文方法だと「言葉が分からず店先で焦ってよく分からないものを注文しちゃった!」なんて事がないので良いですね。席に座ってじっくりと食べたいものを選んでください。

そうそう!あまりにも見た目が地味で写真を撮る必要は無いだろうと食べてしまい写真には納められなかったのですが、杏仁豆腐も絶品でした!これは皆さんにお伝えしておかないといけない美味しさです!

なかなか日本では出逢えない!日本にもある杏仁豆腐を台湾に来て食べるつもりはなかったんですが、やたらと注文する人が多いことに気づき私も注文してみたんです。豆花と湯園を食べた後でしたがあまりの美味しさに一気にかき込んでしまいました。

日本での杏仁豆腐の立ち位置って中華の定食に付いてくるおまけのデザート感が否めなかったのですが、立派な主役。こんなに美味しい杏仁豆腐は初めてです。一緒に行った台湾人の友達も「ここの杏仁豆腐は特別だ!」と驚いて家族にお持ち帰りをしていました。

ここの杏仁豆腐は杏仁の香りが非常に強いのですが、わざとらしい香料の香りではなく爽やかに鼻に抜け、杏仁ミルクのコクをしっかりと感じることが出来ます。硬さは粘り気とプリプリ感が丁度良く、お茶碗1杯分くらい数秒でペロリです。

実はこの杏仁豆腐を食べに3日連続で通いました。

杏仁豆腐のサイズは小さめなので他のデザートプラスワンとして食べても良いでしょう。

西門町へ来た時は食べに来たい!いや、ここのデザートを食べるためにわざわざ西門町まで足を運びたい!そんな絶品スイーツが味わえる珍品養生坊さんでした。

IMG_9729


お店情報

珍品養生坊
108台北市萬華區漢口街二段46號
開店時間11:00〜



西門町の記事

同じく西門町の美味しい魯肉飯「天天利」はこちら

西門町の「茶茶果chachago」でタロ芋ミルクティーの記事はこちら 

西門町の美味しいかき氷「成都楊桃氷」の記事はこちら


台北中山の火鍋屋さん無老鍋

お店の佇まい、かなりの高級店!ですが、日本で食べるお鍋よりも気軽なお値段で火鍋が食べれるんです。
お店は老爺大飯店(ロイヤルニッコーホテル)の向かい側にあります。 

IMG_6691

出てくるお料理も色んなアイデアで楽しませてくれます。

こちらは継ぎ足しのお出汁が瓶に入って出てきました。お店がちょっと暗めの落ち着いたライティングなので写真も暗くなっちゃいましたが…

IMG_6694


スープは日本ではなかなか巡り会えない香辛料たっぷりのスープです。スープが体に沁みる~!お店の名前通り無老の効果がありそうです!漢方がたっぷり入っていて美容にも良さそう! 

今回は2色になっているお鍋を注文しましたよ。 

IMG_6704


赤い方は無老辣辛鍋。大きな朝鮮人参が入っていて、しっかりと良い香りを出してくれていました。
辛い方はほんとに辛い!でもピリピリというよりじわ〜っと痺れる辛さが強いです。日本ではなかな味わえない複雑な香辛料の香りがして辛さを感じつつも深みがあります。
なつめやクコの実がゴロゴロ入っています。贅沢〜! 
白い方は豆腐白湯鍋。豆乳入りです。まろやかでこちらも美味しい!
こういった火鍋ってスープが2種類になって出てきますが別々に食べるのではなく自分の取り皿でスープを混ぜて食べるのが本来の食べ方のようです。その方が個々で辛さ調節できますよね。 
 

お肉も綺麗に出てきます。種類が色々ありました。 

IMG_6705

IMG_6700

よくある半冷凍でしたが薄切りで赤身が美味しかったです。
お肉だけでなくホタテや海老といった海鮮もそれぞれが大きく食べごたえがありました。 


今回通された席は半個室のようになっていてテーブルも広いです。メニューにあるお鍋の具材の種類がたくさんあるので注文に迷っちゃうかも!今回はお酒一杯ずつとお鍋のコースを注文して、日本円にして1人約3500円くらいでした。


接客がとても丁寧なのでリラックスしてお食事出来ました。日本に帰って来てもふと、こちらのお鍋が恋しくなっちゃいます。香辛料が病みつきになるんですね。台北で落ち着いて火鍋が食べたいときは是非こちらへ。食事時の時間帯は混んでいるようですが今回私達は少し時間を早めにずらしたので予約なしでも入ることが出来ました。

こちらのお店は清潔感もあるし、接客も丁寧で親切なのでご年配の方にも安心してご案内出来ます。接待にも良さそうですね!


お店情報

無老鍋 中山店
住所:台北市中山區中山北路二段36-1
 

台湾の夜市の香腸って美味しいんです。

屋台でよく売ってます。見た目は日本のソーセージと変わらないのですが、ちょっと甘いんですよね。これも台湾独特の味、台湾料理だなって思います。

台湾料理のお店に行ってもいつも頼んじゃいます。お店の香腸は薄く切られて綺麗に並べられていますが屋台では棒に刺さった1本丸ごとで売られている事が多く、それを一口で食べやすいようにいくつかに切って袋に入れてくれたりもします。レストランで食べる香腸は冷菜としてだったりしますが、屋台のは焼きたて!とっても香ばしい香りで皮がパリパリで…あー、思い出すだけでヨダレが出そうです。


屋台では生のにんにくがカゴやザルに入って置いてあります。このにんにくは無料です。

IMG_6135


にんにくをひとかけ取ってポリポリとかじりつつ、香腸をパクリと食べ歩き。もちろん翌日のにんにく臭は避けられませんがこの組み合わせ考えた人エライ!生のにんにくと甘みと塩気が絶妙な香腸は最高ですね!

日本のソーセージとは一味違うこの香腸、是非食べてみてください。台湾の味を楽しめますよ。

八方雲集で餃子を食す!

IMG_9462

八方雲集は台湾で人気の鍋貼り餃子のチェーン店です。今回は西門町にある八方雲集に行ってきました。外観も綺麗で中も清潔感もあります。とても入りやすいお店です。注文の仕方も簡単なので中国語ができなくても大丈夫!

  1. まず席について注文伝票に食べたい料理の個数を記入します。
  2. そしてその伝票をカウンターに持って行き、お店の人に渡して先にお会計。
  3. ホケペルをくれるので持ってテーブルで待ちます。
  4. その間にタレを作る!
  5. ポケベルが鳴ったら料理を取りに行きます。
  6. 熱々をテーブルで食べる!
  7. 帰りは食べた食器を返却コーナーへ戻しに行きます。

ね、簡単でしょ?

IMG_9461

ここの餃子は皮が厚めでしっかりとした歯ごたえ。ちょっとでお腹いっぱいになるのですが、ついついもう一つまた2つと食べてしまうのです。

ちょっと甘めのタネがまた食欲をそそるんですよね。

IMG_9472

パリパリでもちもち!焼き目がとても香ばしいです、


IMG_9470


餃子にコーンが入ったのもがあるのですがなかなかそれが美味しかったです。コーンがプチプチと弾ける食感。面白くて何個も食べちゃいました。味はプレーンからニラ、カレー、ピリ辛の韓国キムチ風など色々種類があります。

IMG_9465


タレも色々あって自分で混ぜて好みのものを作ります。私は香醋と辣油がお気に入り。

甘めのタネと合うんです。


台湾で美味しい餃子を気楽に食べるなら八方雲集に限ります。

餃子以外のお料理や麺類も充実していますよ。

IMG_9469

この湯通ししたレタスのお料理、燙青菜( タンチンツァイ・茹で青菜)が名脇役でした。餃子のこってりをレタスのみずみずしさが洗い流してくれて最後までさっぱりと食べられました。

IMG_9458


お料理メニューはこんな感じ。お値段も良心的です。この伝票に書き込んでカウンターで注文してくださいね!
私が訪れたお店は萬華漢口店でした。
住所:108台北市萬華區漢口街二段56號  
 


同じく西門町の記事はこちら↓

台湾軍の寮だった『国軍英雄館』で朝食ビュッフェを!西門町

西門町の「茶茶果chachago」でタロ芋ミルクティーの記事はこちら 

西門町の絶品魯肉飯「天天利」の記事はこちら

西門町の美味しいかき氷「成都楊桃氷」の記事はこちら

西門町の足底マッサージ「足強足体養館」の記事はこちら


台湾菓子「花生酥」は濃厚ピーナッツバターの味わい

台湾人のお友達から大量に花生酥を頂きました。私が大好物だからと用意してくれました!ありがとう友よ!
花生酥は砕いたピーナッツを固めた甘いお菓子です。

IMG_9845

こちらは「世家」の花生酥!

薄い飴にピーナッツペーストが包まれています。

FullSizeRender

本来花生酥お菓子は澎湖(ポンフー)の名産らしいのですが、台北市内でもよく見かけます。


そして、私が初めて花生酥と出会ったのは金門島。民宿のおもてなしで頂きました。

FullSizeRender


あまりに美味しくて売っているお店を聞いて直行しました。金門島のお菓子屋さんにあった花生酥は黒糖味や胡麻入り、ネギ風味まで色々な味がありました。ネギ味は甘いピーナッツペーストとネギ臭の組み合わせでちょっと頭が混乱してしまいました。スイーツなのにネギ?!てな感じで。決して美味しくなかったわけでは無いのですが。


でも私はこの友達がいつも用意してくれる『世家』の花生酥が1番好きなんです。ちなみに花生酥の中でも飴でコーティングされたものを酥心糖と言うそうです。

外側のコーティングされているキャンディ部分の厚みが絶妙でパリパリと歯ざわりが良いんです。そして中身はしっとりきめ細やかなピーナッツペースト。キャンディが甘く、ピーナッツペーストはほとんど甘くないので噛むたびにキャンディの甘さとピーナッツが混ざり合ってきます。その甘い部分と甘くない部分とのメリハリが美味しくて飽きさせません。噛むとお口の中全体に濃厚なピーナッツの香り!噛むほどにピーナッツバターをお口いっぱいに頬張っているような味と香りなんです。たまりません!

キャンディのコーティングが無い物も多いのですが、断然あった方が良い!パリパリとしっとりの噛んだ時の感触が最高だから!


こちら、職場で配ったら欧米人の同僚も美味しい!!と悶絶していたので万国共通で好かれる味のお菓子なのではないでしょうか。


お土産の定番パイナップルケーキの次は緑豆糕が来ると思ってる。そして緑豆糕の次は花生酥だと思ってます!来る!絶対に来る!


台湾のサンドイッチはほんのり甘い。

IMG_9772

台湾のサンドイッチが好きです。マヨネーズが甘くて美味しいんです。帰国日は朝早くに起きてお散歩です。朝7時には朝ごはんのお店がたくさん開いています。
IMG_9771

台湾の豆乳豆漿(トウジャン)と揚げパンの油條(ヨウティャオ)も良いですが、この甘いマヨネーズのサンドイッチも台湾料理の一つだと思うんです。台湾に来たなら一度は食べたい。

お店の前のイートインで熱々のコーヒーと食べました。やっぱり台湾のサンドイッチはウマイ。マヨネーズに酸味がなくて優しい味わいです。

IMG_9777


北門の近くはサンドイッチ屋さんが多いです。同じ通りに何件もありましたよ。この優しい味わいを記憶に残し帰路へつきます。


↑このページのトップヘ