アマンドインホテル(愛満多客桟)西門町

台北の西門町へやって来ました!今回の拠点です。

若者の街、台湾の原宿と呼ばれるこの地域はとにかくお店が多い!人が多い!とっても賑やかです。今回はひとり旅なので賑やかな方が良いかと、西門町のホテルを選んで拠点にしようと思いました。

今回泊まったのは西門町のアマンドインホテル漢字で書くと愛満多客桟英語での表記はAmando inn

北門駅や台北駅、西門町駅とそれぞれ徒歩10分かからず好立地!

エクスペディアで1泊7000円くらいだったかな。航空券と一緒だったから安くなったみたい。ホテルのホームページみると11200円とありました。シグネチャー ダブルルーム ダブルベッド 1 台 エンスイートというお部屋でした。


アマンドイン はお部屋ごとに違うデザインのプチホテルです。西門町の散策の為の立地はもちろん、お部屋の可愛さに惹かれてここに決めました。


古くて小さい雑居ビルの中にあるので入り口は分かりにくいです。これです、こんなのです!

IMG_9473

この黄色いエレベーターで6階のフロントへ。
お部屋は4階にあります。

台湾ではよくあるタイプですが、1階の入り口がこうなっているのを知らなかったら通り過ぎちゃったかも。幸い私はここのホテルをブログに載せて下さっていた方がいてすぐに見つける事ができました。

ホテルは雑居ビルにありますがフロアへはカードキーが必要で宿泊者だけしか入れません。これは安心ですね。この辺り女ひとり旅には重要です。

ちなみに23時から朝7時まではフロアが施錠されますので外からホテルへ入る際はフロントの方にLINEをして扉を開けてもらいます。

IMG_9474

私のお部屋はプロバンス風?!でした。青を基調とした素敵なお部屋でした。部屋の片側は全て窓。開放感あります。夜中にこの窓から西門町の夜を眺めるのが楽しかった。部屋の大きさも余裕があって丁度良い。ひとり旅ではこのベッドは広すぎる。寝返り打ち放題でした。

IMG_9476

水周りもとても綺麗で素敵です。シャワーはお湯になるまで5分ほど待たなくてはいけませんが熱いお湯がしっかりとした湯量で出ます。お手洗いも清潔で新しかったです。

IMG_9475


そしてここのスタッフさんはとってもフレンドリー!何か質問したらすごく丁寧に答えてくれて色々聞けちゃう。頂いた地図も重宝しました。ホテルの周りはカメラ屋さんが多いのですが、台北駅方面や西門町方面へ少し歩くと沢山飲食店が出てきます。今回は西門町と台北駅周辺を堪能したかったのでこのホテルがベストでした。

ホテルの快適さと民宿の親しみやすさのいいとこ取りでした!西門町に泊まるときはまたここにお世話になると思います!



台湾軍の寮だった『国軍英雄館』で朝食ビュッフェを!西門町

西門町の「茶茶果chachago」でタロ芋ミルクティーの記事はこちら 

西門町の絶品魯肉飯「天天利」の記事はこちら

西門町の美味しいかき氷「成都楊桃氷」の記事はこちら

西門町の足底マッサージ「足強足体養館」の記事はこちら