はぴねす台湾

台湾を愛するチャッキーあゆみのブログです。 友達が少ないので気ままなソロ旅が多いです。 台湾のお友達に教えてもらった地元の人ならではの情報もお伝えしたいと思います。台湾がはじめての人にもリピーターの人にも足を運んでもらいたい観光スポットをご紹介します!

「台湾へは何度か行っている、初めてだけれどフリータイムには自分の足で観光したい」という皆さんに「自分で行ける台湾観光」をお伝えします!
気軽な台北市内からちょっと足を伸ばして行ける穴場なスポットをお届けします!

タグ:朝食

台湾の朝食、ちょっと地味?けどウマーイ!

まぁ私のセレクトが地味なだけなんですが。

朝食を食べるために雙連朝市の近くのお店に来ました。朝市でぶらぶらしてお腹ぺこぺこです。
色々いつもと違うものを食べたいなと思いつつも、こう行ったお店に入るといつも決まった好きなものばかり注文してしまいます。

テーブルが大きいのでお料理が小さく見えますが飲み物の容器もお料理のお皿も大きいのです。朝からかなりのボリューム。

IMG_6725
IMG_6731

日本にいるとこれらが恋しくなるんです。
豆漿(薄い豆乳っぽいの)、油條(揚げパン)蛋餅(クレープっぽいモチモチしたやつ)菜脯蛋(切り干し大根入りオムレツ)。
油條は長20センチ以上あります。一本単位で売っているので1人の時は食べきれない。なんで台湾の人はこれ一人で食べきれるんだろう。いつも色々食べたいと思っていますが豆漿だけでも丼みたいなのでくるからお腹いっぱいになってしまう。

最近は豆漿や油條は池袋などにある中華系スーパーで手に入れる事も出来ますが、やっぱ本場の作りたてが1番です。中華スーパーで買った豆漿は胃にもたれることがあるんですよね。冷凍の油條は油っこいし。こう行ったお店ではそんな事ないんです。フレッシュな豆漿だと大丈夫なんでしょうか。
IMG_6729
写真、究極のオープンキッチンですね。すぐ後ろがテーブル席です。台湾らしくて良いですね。調理台のカバーやテーブルクロスがレトロなひまわり模様で可愛い!
以前はローカル色の強いお店に入るのに、言葉が通じるかとか、メニューあるかな?とか心配して躊躇していましたが今では当たり前に入ってメニュー無しで注文出来るようになりました。指差しでも充分通じます。指差しの自信がつきましたよ。
日本ではマナー違反!とか言われそうですが、台湾の方は食べている人のメニューを指差ししたり、それ何食べてるの?とよく聞いたりします。なので私も控えめにですがやっちゃいます。
IMG_6722

お店の方がちゃっちゃと作ってくれるのを見るのも面白いです。自分でもお家で作れるようになりたいと思い、いつも見て作ってみるのですが、やっぱり美味しさが違う。お店に入った時に朝ごはんの香りというか、朝の雰囲気からして美味なんですよね。
台湾での朝食。ほんとに良いお店が至る所にあるんだなぁ。日本円にして数百円で飲み物と何かしらのお料理が頼めるので皆さんもホテルの朝食は付けないでお店で食べてみてはいかがでしょうか?
注文の仕方は、
  • 席に行ってメニューが無ければカウンターに行って料理を指差し注文。
  • メニューがあればそれも指差し注文。
  • 伝票があれば鉛筆も置いてあるので料理にチェックを入れて渡す。
仕様はこのどれかなのでとても簡単です。お会計は注文時にする所が多いです。

日本にも台湾の様な朝早く開店しているお店とか手作りの朝食文化があったら良いのになとつくづく思います。そしたら出勤前に毎日通うのに。
あー豆漿飲みたい。毎日このご飯が食べられるなんて台湾の人は幸せだなぁ。

国軍英雄館元々台湾軍人さん専用の宿泊施設

その中にある軍友餐庁へ行ってきました。
もう名前がいかつい。
IMG_9787

厳つくて物々しい建物なのでちょっと入るのにビビっちゃうのですが…
美味しい朝食が食べられるということで勇気を振り絞ってこの厳ついビルに足を踏み入れます。
台湾人の友達がいなかったらビビって入れなかったかも。「外国人が入っていいの?!」と何度も聞いてしまいました。 友達は以前軍にいた時にいつもここで朝ごはんを食べていたそうです。久しぶりに行ってみたかったと言っていました。

IMG_9503

中に入ってみると勇気を振り絞った甲斐もなく普通のビルのロビー。
今は一般開放されてホテルとなっているのでシンプルだけれど広々としていて綺麗。
奥にホテルのフロントがあります。普通のホテルと違う点と言ったらこの戦車と戦闘機の模型ぐらいでしょうか。

さすが台湾軍の建物だけありますね。 

IMG_9504

今回はフロントには寄らず、向かって右脇にある階段を2階へ上がります。階段もホテルとは言えないくらい殺伐としているんですよね。まさかこんなところにレストランがあるとは思えないのですが…階段を上がったところにレストランのスタッフさんがいました。日本円にして400円くらいでしょうか。先払い制です。朝7時前に行ったのですが席がないくらい、いっぱいでした。友達に今回ワタシが泊まっている西門町のホテル前に集合6時半と言われて「うそでしょー!」と抗議したのですが納得。満席状態の中食べ終わった人がいたのですかさず着席!席がなくてもどんどんお客さんを入れるので空席を見つけたらすかさず席について下さいね。順番待ちなどもありません。フロアにはまだまだ席を探す人が。
FullSizeRender

ビュッフェのお料理の種類は多くないです。しかしお野菜いっぱいでとってもヘルシーです。台湾の出汁の効いた薄い味付けで最高です!
葉物系炒め物各種、お野菜の煮込み各種、豚足(これめっちゃ美味しかった)、魯肉飯、茶蛋、豆浆、干豆腐、小豆スープ、など。パンなどの洋食も少しありました。
魯肉飯は自分で肉そぼろをよそうのですが、これがなにげに嬉しい。つゆだくに出来ます。
IMG_9507

しっかり食べたい人には豚足煮がおススメ!ほんのり八角が効いた豚足煮が美味しかった〜!
トロトロに煮込まれていてなおかつ油っこくない。いくらでも食べられる。そうです!ビュッフェなのでおかわり自由なのです!最初は一通りお料理を取って気に入ったものを2周目でたんまり盛り付けて頂きました。 

IMG_9506


日本によくあるビュッフェと違うところはサラダやフルーツが無いところでしょうか。でもデザート代わりに緑豆湯(あっさりした緑豆のお汁粉)がありました。台湾人の友達は紅豆湯が薄すぎると言っていましたが箸休めやデザートの代わりににちょうど良いかなと思いました。

そうこう言っている間に人も増えてきました。増えてきたと言っても食事を待っている人です。テーブルの間を縫うように食べ終わる席を探しています。なので次の方に席を空けないと!と思ってしまってあまりゆっくりは出来ませんね。けど食べたいだけ食べましたよ!大満足です!ビュッフェが400円ほどですから!これから行かれる方は早い時間に行かれる方が良いと思います。遅い時間ほど混んでくるそうです。

日本人が想像するブッフェとは少し違うかもしれませんが、地元の人々に混ざって賑やかに食べる朝食、とっても良かったです!

昔ながらの荘厳な建物の中で食べられる朝食は良い経験になりました。

お店情報

台北国軍英雄館軍友餐庁

営業時間 6:30〜9:00
料金   NT$130元 
 


同じく西門町の美味しい魯肉飯「天天利」はこちら

西門町の「茶茶果chachago」でタロ芋ミルクティーの記事はこちら 

西門町の美味しいかき氷「成都楊桃氷」の記事はこちら

↑このページのトップヘ