はぴねす台湾

台湾を愛するチャッキーあゆみのブログです。 友達が少ないので気ままなソロ旅が多いです。 台湾のお友達に教えてもらった地元の人ならではの情報もお伝えしたいと思います。台湾がはじめての人にもリピーターの人にも足を運んでもらいたい観光スポットをご紹介します!

「台湾へは何度か行っている、初めてだけれどフリータイムには自分の足で観光したい」という皆さんに「自分で行ける台湾観光」をお伝えします!
気軽な台北市内からちょっと足を伸ばして行ける穴場なスポットをお届けします!

タグ:豆漿


台湾朝食専門店の「東京豆漿生活」をご存知でしょうか?

東京豆漿生活(とうきょうどうじゃんせいかつ)は台湾版豆乳の豆漿を始め台湾の昔ながらのパン焼餅や揚げパンの油條など、様々な台湾の定番朝食が食べられる日本では希少なお店です。

しかし営業時間は朝だけ、自宅からは遠いし長蛇の列らしいし、ずーっと行きたかったんだけれども行けなかった豆漿のお店。


それがこの度お友達の家に遊びに行った時、なんと!東京豆漿生活の豆漿と酥餅(スーピン)をテイクアウトで用意してくれていました!

ありがとう!ありがとう!

2種の豆漿に花生湯、酥餅まで!

しっかりと堪能させて頂きましたよ!

FullSizeRender


黒糖豆漿に黒胡麻豆漿、ピーナツスープの花生湯、そして胡麻酥餅、紅豆酥餅、花生酥餅、ネギと肉が入った葱肉酥餅!感激です!

FullSizeRender

黒糖豆漿はそのままですが、胡麻豆漿と花生湯を分かりやすいようにお椀に出してみました。

写真上、黒糖豆漿は黒糖のコクと大豆の香りが豊か。豆漿自体は台湾で飲むサラサラのものよりもトロミがしっかりあって日本の豆乳に近く感じました。底に黒糖が溜まりやすいので混ぜながら飲むのが良いですね。

FullSizeRender
底から溢れ出てくる黒糖。

写真右、黒胡麻豆漿は色からも分かるように胡麻たっぷりで香ばしい!これは健康に良さそうです。あっさりしていましたよ。


そして特筆すべきは写真左下の花生湯!ピーナツの甘いスープなのですがピーナツがふわふわに柔らかくなっていて口に運ぶ度に幸せを感じる〜!スープの甘みも優しく見た目とは逆にあっさりとしていてコレ、どんぶり鉢で食べたい!ハートど真ん中を射抜かれました!

FullSizeRender


そして忘れてはいけません酥餅。酥餅は、柔らかいパイの様な皮に様々な餡を包んだ中華菓子です。台湾では良くあるお菓子なのですが日本ではなかなかお目にかかれません!

FullSizeRender


今回頂いたのは胡麻酥餅紅豆酥餅花生酥餅葱肉酥餅!コロンとした姿がとっても可愛い!日本でこれだけの種類の酥餅が食べられる日が来るとは思わなかった!

胡麻酥餅はゴマのペーストがぎっしりと入っていて食べると胡麻の香りが辺りに漂う〜!ホロホロとしたパイの皮に味はほとんど付いていないので、その素っ気なさと胡麻ペーストの程よい甘さの組み合わせが良いですね。日本のお饅頭のように甘くないので、いくらでも食べられそう。

紅豆酥餅は小豆の粒が適度に残っていてこれまた優しい甘さが小豆の風味を引き立てています。小豆がホクホクとしていて美味しい!優しい口当たりの食感が最高です!


FullSizeRender


花生酥餅は細かく挽いたピーナツが入っているのですが中はしっとり!ピーナツの粒がジューシーなんて初めての体験です。ですがピーナツバターの様にねっとりとはしていないんです。細かな粒を感じる食感でピーナツバターとはまた違った美味しさです。お菓子の花生とちょっと似ていますすごく香ばしくて食べた後も顔の周りにピーナツの香りが漂う。


葱肉酥餅はネギと豚肉がむっちり入っていてザ!台湾の香り!「八角」が入っています。食べた瞬間に感激しました。ふわっと嫌味なく八角の華やかな香り。日本でコレを食べられた事に感謝!


酥餅って水分がほとんどないので、モサモサと喉に詰まりやすいんですが、こちらの酥餅は中の餡がしっとりとしているのでするんと食べられてしまいます。


ちなみにお値段は

黒糖豆漿 380

胡麻豆漿 380

各種酥餅 250

良心的だと思います。

ありがたやー!


台湾の様に早朝に開いていて健康的な朝食のお店が日本にもあったら良いなと始めて台湾に行った時から思っていました。今回「台湾の様な」でなく、台湾朝食そのもののお店が出来た事がこの上なく嬉しい!

こんなお店が近くにあったら毎日でも通いたい。台湾の朝食専門店、もっと増えてくれないかな。早起きして通うよ〜!


おまけ

FullSizeRender


酥餅を包んでいた紙の袋、台湾屋台に足繁く通う方ならご存知かと。葱油餅(ネギパイ)や豚肉餡が入った胡椒餅を買うときによく使われる袋!この女の子に日本で会えるとは思ってませんでしたよ。

一瞬台湾にいるのかしらと錯覚しました。トコトン台湾にこだわったお店ですね。


東京豆漿生活

〒141-0031 東京都品川区西五反田1丁目20−3

営業時間 [月曜~土曜] 8:00~14:00(売り切れ時は閉店)

     [定休日] 日曜日
     [座席数]  18席    

 

永和豆漿(よんふーとうじゃん)

永和豆漿は台湾らしい朝食を食べられるチェーンのお店です。
お手頃価格で注文もしやすいので台湾初心者の方の脱ツアー観光にうってつけのお店だと思います。

豆漿(とうじゃん)

豆漿(とうじゃん)は豆乳のような飲み物で、甘い甜豆漿(てぃえんとうじゃんとおぼろ豆腐のような塩味の鹹豆漿(しぇんとうじゃん)があります。鹹豆漿には干しエビやザーサイ、薬味が入っていて食べるスープといった感じです。どちらもたっぷり入って35元くらいだったと思います。
どちらも揚げパンの油條(ようてゃお)を浸しながら食べたりします。パリパリサクサクとした油條との組み合わせはほんとおすすめです。豆漿のまろやかさと油條のこってり感が最高です。
IMG_0153
朝6時には開いているので午前の出国の日にでも台湾らしい朝食が取れて重宝しています。
チェーン店ならではの安心感もあるので台湾が初めての人にもおススメです。
豆漿以外にも肉まんや台湾風おにぎりもありますので朝からガッツリ食べたい方にも良いですよ。
IMG_0154
今回は郊外へ日帰り旅行をするのでサクッと豆漿だけ飲みに朝6時に寄りました。レストランだと1品だけでなく他にも何か頼まなきゃ悪いかな?なんて気になりますが、こういったお店は気兼ねなく豆漿を一杯だけ注文出来るので助かります。コーヒーを一杯頼むのと同じ感覚です。
IMG_0155
甘い豆漿は冷たいものと熱いものがあり、私は冷たいものにしました。こちらのお店ではカップに入って来ましたがお椀に入っていてスプーンやレンゲで頂くこともあります。
日本の豆乳と違ってサラサラしています。喉越しが良い。そしてほんのりと甘いく大豆の香り。いつもこれを飲むと台湾に来たな〜と思います。

注文の仕方

中国語を話せればなんの問題も無いのですが、ガイドブックに載ってあるカタカナを読むだけでは発音が違って通じない事が多いです。なので私は指差しを多用します(笑)
お店の入り口付近のカウンターに置いてあるメニューを指差し!もしくはお鍋に入っている豆漿や蒸しケースの中の肉まん、その辺に刺さっている油條を指差し!そしてテーブルも指差し!
テーブルを指さすのは持ち帰りかどうかを必ず聞かれるからです。なので、ここで食べますよ!とテーブルを指差しておくとスムーズです。

テーブルにメニューが置いてある時も小さなお店だとカウンターから何する?と聞かれることが多いです。テーブルに座って注文を取りに来てくれるのを待っていても呼ぶまでは来てくれない事も。
もし、テーブルに伝票が置いてあったらしめたもの。メニューが載った伝票と一緒にペンもありますのでゆっくり自分で注文したいものの数を記入して店員さんに渡してお会計をして下さい。
お会計は注文と同時です。こういったお店ではお店を出るときよりも先払いが多いです。

台湾ではいたるところにあるお馴染みのお店ですが、初めてだと永和豆漿もローカル色がそこそこ強くて入り辛く感じるかもしれません。
私も台湾に来始めた頃は、こういったお店って扉や入口が無くいきなり店内だから、いきなり店員さんと目が合って注文慌てちゃったりしてました。
ですが実際には注文も簡単で日本のファーストフード店となんら変わりはありません。ちょっと勇気を出して一歩踏み出すと台湾ならではの美味しい朝食を堪能出来ますよ!
是非その一歩を踏み出してみて下さい!


台湾の朝食、ちょっと地味?けどウマーイ!

まぁ私のセレクトが地味なだけなんですが。

朝食を食べるために雙連朝市の近くのお店に来ました。朝市でぶらぶらしてお腹ぺこぺこです。
色々いつもと違うものを食べたいなと思いつつも、こう行ったお店に入るといつも決まった好きなものばかり注文してしまいます。

テーブルが大きいのでお料理が小さく見えますが飲み物の容器もお料理のお皿も大きいのです。朝からかなりのボリューム。

IMG_6725
IMG_6731

日本にいるとこれらが恋しくなるんです。
豆漿(薄い豆乳っぽいの)、油條(揚げパン)蛋餅(クレープっぽいモチモチしたやつ)菜脯蛋(切り干し大根入りオムレツ)。
油條は長20センチ以上あります。一本単位で売っているので1人の時は食べきれない。なんで台湾の人はこれ一人で食べきれるんだろう。いつも色々食べたいと思っていますが豆漿だけでも丼みたいなのでくるからお腹いっぱいになってしまう。

最近は豆漿や油條は池袋などにある中華系スーパーで手に入れる事も出来ますが、やっぱ本場の作りたてが1番です。中華スーパーで買った豆漿は胃にもたれることがあるんですよね。冷凍の油條は油っこいし。こう行ったお店ではそんな事ないんです。フレッシュな豆漿だと大丈夫なんでしょうか。
IMG_6729
写真、究極のオープンキッチンですね。すぐ後ろがテーブル席です。台湾らしくて良いですね。調理台のカバーやテーブルクロスがレトロなひまわり模様で可愛い!
以前はローカル色の強いお店に入るのに、言葉が通じるかとか、メニューあるかな?とか心配して躊躇していましたが今では当たり前に入ってメニュー無しで注文出来るようになりました。指差しでも充分通じます。指差しの自信がつきましたよ。
日本ではマナー違反!とか言われそうですが、台湾の方は食べている人のメニューを指差ししたり、それ何食べてるの?とよく聞いたりします。なので私も控えめにですがやっちゃいます。
IMG_6722

お店の方がちゃっちゃと作ってくれるのを見るのも面白いです。自分でもお家で作れるようになりたいと思い、いつも見て作ってみるのですが、やっぱり美味しさが違う。お店に入った時に朝ごはんの香りというか、朝の雰囲気からして美味なんですよね。
台湾での朝食。ほんとに良いお店が至る所にあるんだなぁ。日本円にして数百円で飲み物と何かしらのお料理が頼めるので皆さんもホテルの朝食は付けないでお店で食べてみてはいかがでしょうか?
注文の仕方は、
  • 席に行ってメニューが無ければカウンターに行って料理を指差し注文。
  • メニューがあればそれも指差し注文。
  • 伝票があれば鉛筆も置いてあるので料理にチェックを入れて渡す。
仕様はこのどれかなのでとても簡単です。お会計は注文時にする所が多いです。

日本にも台湾の様な朝早く開店しているお店とか手作りの朝食文化があったら良いのになとつくづく思います。そしたら出勤前に毎日通うのに。
あー豆漿飲みたい。毎日このご飯が食べられるなんて台湾の人は幸せだなぁ。

↑このページのトップヘ