はぴねす台湾

台湾を愛するチャッキーあゆみのブログです。 友達が少ないので気ままなソロ旅が多いです。 台湾のお友達に教えてもらった地元の人ならではの情報もお伝えしたいと思います。台湾がはじめての人にもリピーターの人にも足を運んでもらいたい観光スポットをご紹介します!

「台湾へは何度か行っている、初めてだけれどフリータイムには自分の足で観光したい」という皆さんに「自分で行ける台湾観光」をお伝えします!
気軽な台北市内からちょっと足を伸ばして行ける穴場なスポットをお届けします!

タグ:豆花

台湾にスイーツを食べに来たと言っても過言ではない!

IMG_9730

台湾に来たらスイーツを食べないとね!
今回は豆花から始まって台湾スイーツ3種を食べて来ました。

先ずは豆花。豆花はほんのりと甘いお豆腐の様なデザートです。

マンゴーや甘く煮た豆類、芋類、白玉に似のモチモチとした芋園(タロ芋を混ぜ込んでます)をトッピングして頂きます。

甘さ控えめでとってもさっぱり。熱いのも冷たいのもあり、冷たい豆花には氷が入っていて蒸し熱い台湾の夏にはピッタリ!

IMG_9727


そうそう、お店は西門町の「珍品養生坊」さんです。トウモロコシソースのかき氷で有名な「楊記花生玉米冰」さんのお隣にあります。おばさんがテキパキ動いて注文と同時に芋園を茹でてくれるので茹でたてが食べられます。本当にモッチモチ!タロ芋の香りもしっかりしていて良い!


FullSizeRender


この↑写真は紅豆芝麻湯園。胡麻ペースト入りの白玉が入ったお汁粉です。こちらも言わずもがな美味しい。心が穏やかになる様な優しい味わいです。台湾のスイーツは本当に甘さ控え目で何杯でも食べられちゃいます。
FullSizeRender
お値段も良心的です。
注文方法はテーブルの上に置いてあるオーダーシートに食べたいものの数を記入し、お店の人に渡して先にお会計をします。このシート、英語表記もあって分かりやすい!シートを渡す注文方法だと「言葉が分からず店先で焦ってよく分からないものを注文しちゃった!」なんて事がないので良いですね。席に座ってじっくりと食べたいものを選んでください。

そうそう!あまりにも見た目が地味で写真を撮る必要は無いだろうと食べてしまい写真には納められなかったのですが、杏仁豆腐も絶品でした!これは皆さんにお伝えしておかないといけない美味しさです!

なかなか日本では出逢えない!日本にもある杏仁豆腐を台湾に来て食べるつもりはなかったんですが、やたらと注文する人が多いことに気づき私も注文してみたんです。豆花と湯園を食べた後でしたがあまりの美味しさに一気にかき込んでしまいました。

日本での杏仁豆腐の立ち位置って中華の定食に付いてくるおまけのデザート感が否めなかったのですが、立派な主役。こんなに美味しい杏仁豆腐は初めてです。一緒に行った台湾人の友達も「ここの杏仁豆腐は特別だ!」と驚いて家族にお持ち帰りをしていました。

ここの杏仁豆腐は杏仁の香りが非常に強いのですが、わざとらしい香料の香りではなく爽やかに鼻に抜け、杏仁ミルクのコクをしっかりと感じることが出来ます。硬さは粘り気とプリプリ感が丁度良く、お茶碗1杯分くらい数秒でペロリです。

実はこの杏仁豆腐を食べに3日連続で通いました。

杏仁豆腐のサイズは小さめなので他のデザートプラスワンとして食べても良いでしょう。

西門町へ来た時は食べに来たい!いや、ここのデザートを食べるためにわざわざ西門町まで足を運びたい!そんな絶品スイーツが味わえる珍品養生坊さんでした。

IMG_9729


お店情報

珍品養生坊
108台北市萬華區漢口街二段46號
開店時間11:00〜



西門町の記事

同じく西門町の美味しい魯肉飯「天天利」はこちら

西門町の「茶茶果chachago」でタロ芋ミルクティーの記事はこちら 

西門町の美味しいかき氷「成都楊桃氷」の記事はこちら


台湾スイーツのお店「鮮芋仙 meet fresh」で豆花ざんまい

鮮芋仙は添加物を使用しないフレッシュな豆花やマンゴーかき氷が食べられる台中発祥のお店です。日本に来てくれたんですね!嬉しい!


鮮芋仙では芋園、豆花、仙草、紅豆湯、かき氷などが食べられます。種類はタピオカや意仁 (ハトムギ)、花生(ピーナッツ)など。意仁や花生があるのが良いですね!日本ではなかなか食べられないですから!

早速ヘルシーな豆花とマンゴーかき氷、紅豆湯を注文しました。

72EEB777-817D-4DBA-B193-63518F052551


豆花を食べたらあー、これこれ!この味が食べたかったんだとしみじみ。ほんのりとした甘さが心に沁みます。ささくれた気持ちが癒される〜。芋頭も日本ではお目にかかれないので嬉しい限り。 里芋のようなねっとりとした食感がやみつきになるんですよね。そして豆花の香りがまた良いです。豆花はお豆腐と似ていますがもっとやらかくて大豆の香りもしっかりしています。お口の中でほろほろ溶けていくようです。

マンゴーかき氷は巨大でした!

D68BF070-D814-4D2C-BD66-D5BF1796051D


台湾で食べるサイズと同じです。大きいです。マンゴーの切り方は少し小さいかなと思いましたが食べ始めると関係ない!夢中で食べてしまいました。とろけるような甘さのマンゴーはかき氷に染みている練乳と最高に合います。


鮮芋仙は銀座や吉祥寺、東京ドーム、赤羽にあります。今回は2店舗ある赤羽に行ってきました。赤羽の2店舗をハシゴをしたかったので。

昼前に赤羽店に行ってその後近くでランチ、そしてもう一度デザートとして赤羽BIVIO店に行きました。赤羽BIVIO店では仙草のソフトクリームを食べました。そのご報告はまた改めて。


今回こちらの写真は赤羽店のものです。混み具合は時間が違ったのであまり比較出来ませんが赤羽BIVIO店よりも広い店内の赤羽店の方が混んでいました。赤羽店は赤羽駅前の大きな商店街からひとつ脇道に入った住宅街にあります。お店の外まで人が並んでいたので注文までに20分くらい掛かりました。空いていると思って赤羽狙ったんだけどなー。せっかく来たので頑張って並びました。その甲斐あって美味しい豆花とマンゴーかき氷にありつけましたけどね!


別日に吉祥寺店に行ったのですが意外にも吉祥寺の方が空いていましたね。並ばずすぐに入れました。空いているか混んでいるかは時間帯のようですが、最初に出来た赤羽店の方が知名度が高く混んでいたのかもしれません。


混んでいようが遠かろうが日本で美味しい豆花を食べられるならどこでも行きます!

鮮芋仙、もっと店舗が増えてくれると嬉しいな!


お店情報

MeetFresh 鮮芋仙 赤羽本店

〒115-0045 東京都北区赤羽2-21-2 SD.Building 1F

赤羽駅より徒歩5分

赤羽岩淵駅より徒歩7分

営業時間 11:00 ~ 21:00

席数:店内38席 テラス24席


マンゴーミルク氷1200円

豆花 Mサイズ450円 Lサイズ700円

芋園 Mサイズ500円 Lサイズ800円 



台湾スイーツ「鮮芋仙」MeetFreshの真っ黒仙草ソフトクリーム


旅行・観光ランキングブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

KALDI 台湾フェア

​カルディ の台湾フェアで豆花を見つけました。

豆花は台湾でよく食べられるお豆腐のような素朴なスイーツです。
黒蜜入りです。黒蜜?と疑問に思うのは私だけでしょうか。
黒糖がよく使われる台南風なのでしょうか。
とにかく食べてみましょう!

FullSizeRender
165g  168円

パッケージの中味です。
素っ気なーい!アルミのパウチと黒蜜が入っています。豆花トーファの文字がカッコいいです。良いフォントだと思います。

FullSizeRender

中身を出して黒蜜をかけました。かなり濃い黒みつでドロっとしています。パウチに入っている豆花は大きめのサイズがそのまま入っています。出すときにずるんと大きいまま出てきて器から飛び出そうになりちょっと焦りました。
豆花に少し透明感があります。
FullSizeRender

食べてみると豆花自体には味が付いていません。豆の香りもほとんどしないです。食感はプルプルとしていて口当たりがとても良いです。
あっさりめの豆花なので黒蜜の味が勝ちますね。黒蜜はコクがあります。
ここで最初の疑問に戻ります。黒蜜?
台北で食べられる豆花には黒みつをかけるお店は見かけたことがありません。薄い甘さで透明のシロップに豆花が入っています。
台南の方では黒蜜の豆花を見かけたことがありますがこんなに濃い黒蜜ではありませんでした。トッピングのタピオカやゼリーが黒糖味でそれを入れることによってシロップが黒糖風味になるくらいのものでした。
だからこれは台南風っぽいやつ、としておきたいです。

豆花自体も台湾の豆花というよりゼリーに近いですね。全体的にところてんを食べている感覚でした。台湾スイーツというより日本のスイーツと言った感じでしたね。ぷるんぷるんしているのは喉越しが良くて美味しかったです。
1食168円はお手頃価格でお得感がありました。

【名称】豆乳デザート
【原材料名】[豆乳]豆乳(大豆(遺伝子組み換えでない))/ゲル化剤(加工デンプン)、増粘多糖類)、乳化剤
[黒蜜]液糖、果糖ぶどう糖液糖、黒砂糖、三温糖、水飴/カラメル色素
【内容量】165g(豆花150g×1袋・黒蜜15g×1袋)
【商品サイズ】240×150mm
【賞味期限】別途商品ラベルに記載
【保存方法】直射日光、高温多湿を避けて保存してください。(開封後要冷蔵)
【販売者】株式会社キャメル珈琲
【製造者】谷尾食糧工業株式会社
【容器の種類】袋
●豆花はレトルトパウチ食品です。
●開封後は冷蔵庫(10℃以下)に保管し、当日中にお召し上がりください。

↑このページのトップヘ