台湾で大迫力の景色を堪能!深澳岬角 (象鼻岩)へ!

台湾の基隆は見所が沢山ああります。雄大な景色を見たいならまずはこちらの象鼻岩へ。


要は象の形をした岩なんですがとてつもなく大きくて岩というより崖でした。

象鼻のてっぺんから海面までの高さは35メートルあります。写真を見ていただくと人が小さく見えます。

IMG_9605


象の側まで辿り着くまですんごい足場が悪いです。みんなサンダルでガツガツ登っているのよ!すごい。私はスニーカーでしたがヨロヨロしながら登りました。

足場の岩も面白い形をしていてそれを見るだけでも楽しいのですが道のりはちょっと危険です。途中まではまだ良いのですが岩場の登り下りが急になってくる場所が出てきます。行かれる方は軽装でスニーカー必須だと思います。赤ちゃんを抱っこして歩いている人がいたけれど危なすぎて見てられなかったです。

IMG_9608


そして最終的な象の上に登るには直角に見えるような坂を登らないと象の上には行けません。坂というか崖。私は登れず。怖気付きました。

だってめっちゃ急な岩を登るのは頑張れても、降りてくる人何人も転がってるんだもん(落ちてくるとも言う)。そんなん見たら登れませんて。私は外側から見て楽しみました。象の鼻の上に乗っての撮影は出来ませんでしたがそれでも充分迫力ある光景は堪能出来ました。

IMG_9612


象岩を見た後は基隆の海鮮料理!

基隆で海鮮食べたかったの!駐車場から象岩に行くまでにいくつか料理屋さんがあります。

半分露天のお店でご飯を食べましたよ!

IMG_9640


私は台湾のイカが新鮮で大好きなのでイカ!とにかくイカ料理!IMG_9626

IMG_9628
IMG_9627

米粉にもイカ!イカの天ぷら!イカの炒め物!ってな感じで注文。米粉はゴロゴロ小さなイカが丸ごと入って歓喜!プリップリです。

IMG_9625


台湾ではイカの種類がすごく多くて全て呼び名が違います。一度台湾人の友達に日本ではイカは全部イカだよと言ったら爆笑されました。どこがツボだったのか分かりませんが…

兎にも角にも美味しい海鮮を食べて海風に当たって瑞芳区を堪能しました。

IMG_9618


追記

揚げ物料理に最高の飲み物が石花菜のジュース。ゼリーみたいにプルプルな飲み物なんです。味はさっぱりしていて、こってりした食べ物の後味を洗い流してくれます。

IMG_9623


象鼻岩への行き方

深澳岬角 (象鼻岩)

新北市瑞芳區深澳里深澳路20

基本的な行き方は最寄駅まで電車で行ってそこからはバスになります。

  1. 電車→バス→徒歩

  • 瑞芳駅からの場合。バス1051番に乗り「深澳發電廠」で下車。  
  • 基隆駅からの場合。基隆客運のバス791番か1051番に乗り「深澳發電廠」で下車。基隆からのバス乗車時間は約2030分。

どちらも「深澳發電廠」で下車したら深澳路を港方向へ歩いて1キロ、徒歩15分ほど。


     2.  バスのみ

  • 台北駅からも行けるようです。台北火車駅から國光客運1811番か1812番。「深澳站」下車。そこからは徒歩約10分くらい。でも台湾からバスに乗っている時間が不明です。台北からどれくらいかかるんだろう。
     3.  自分の車で行く
  •  國道1→62快速公路濱海公路(2)續行深澳路。車は象鼻岩の近くの駐車場まで乗り入れられます。


ちょっと大変ですね。バスなどの路線は変わることもあると思うので行かれる方は今一度最新情報を調べてから行ってくださいね。