台湾朝食専門店の「東京豆漿生活」をご存知でしょうか?

東京豆漿生活(とうきょうどうじゃんせいかつ)は台湾版豆乳の豆漿を始め台湾の昔ながらのパン焼餅や揚げパンの油條など、様々な台湾の定番朝食が食べられる日本では希少なお店です。

しかし営業時間は朝だけ、自宅からは遠いし長蛇の列らしいし、ずーっと行きたかったんだけれども行けなかった豆漿のお店。


それがこの度お友達の家に遊びに行った時、なんと!東京豆漿生活の豆漿と酥餅(スーピン)をテイクアウトで用意してくれていました!

ありがとう!ありがとう!

2種の豆漿に花生湯、酥餅まで!

しっかりと堪能させて頂きましたよ!

FullSizeRender


黒糖豆漿に黒胡麻豆漿、ピーナツスープの花生湯、そして胡麻酥餅、紅豆酥餅、花生酥餅、ネギと肉が入った葱肉酥餅!感激です!

FullSizeRender

黒糖豆漿はそのままですが、胡麻豆漿と花生湯を分かりやすいようにお椀に出してみました。

写真上、黒糖豆漿は黒糖のコクと大豆の香りが豊か。豆漿自体は台湾で飲むサラサラのものよりもトロミがしっかりあって日本の豆乳に近く感じました。底に黒糖が溜まりやすいので混ぜながら飲むのが良いですね。

FullSizeRender
底から溢れ出てくる黒糖。

写真右、黒胡麻豆漿は色からも分かるように胡麻たっぷりで香ばしい!これは健康に良さそうです。あっさりしていましたよ。


そして特筆すべきは写真左下の花生湯!ピーナツの甘いスープなのですがピーナツがふわふわに柔らかくなっていて口に運ぶ度に幸せを感じる〜!スープの甘みも優しく見た目とは逆にあっさりとしていてコレ、どんぶり鉢で食べたい!ハートど真ん中を射抜かれました!

FullSizeRender


そして忘れてはいけません酥餅。酥餅は、柔らかいパイの様な皮に様々な餡を包んだ中華菓子です。台湾では良くあるお菓子なのですが日本ではなかなかお目にかかれません!

FullSizeRender


今回頂いたのは胡麻酥餅紅豆酥餅花生酥餅葱肉酥餅!コロンとした姿がとっても可愛い!日本でこれだけの種類の酥餅が食べられる日が来るとは思わなかった!

胡麻酥餅はゴマのペーストがぎっしりと入っていて食べると胡麻の香りが辺りに漂う〜!ホロホロとしたパイの皮に味はほとんど付いていないので、その素っ気なさと胡麻ペーストの程よい甘さの組み合わせが良いですね。日本のお饅頭のように甘くないので、いくらでも食べられそう。

紅豆酥餅は小豆の粒が適度に残っていてこれまた優しい甘さが小豆の風味を引き立てています。小豆がホクホクとしていて美味しい!優しい口当たりの食感が最高です!


FullSizeRender


花生酥餅は細かく挽いたピーナツが入っているのですが中はしっとり!ピーナツの粒がジューシーなんて初めての体験です。ですがピーナツバターの様にねっとりとはしていないんです。細かな粒を感じる食感でピーナツバターとはまた違った美味しさです。お菓子の花生とちょっと似ていますすごく香ばしくて食べた後も顔の周りにピーナツの香りが漂う。


葱肉酥餅はネギと豚肉がむっちり入っていてザ!台湾の香り!「八角」が入っています。食べた瞬間に感激しました。ふわっと嫌味なく八角の華やかな香り。日本でコレを食べられた事に感謝!


酥餅って水分がほとんどないので、モサモサと喉に詰まりやすいんですが、こちらの酥餅は中の餡がしっとりとしているのでするんと食べられてしまいます。


ちなみにお値段は

黒糖豆漿 380

胡麻豆漿 380

各種酥餅 250

良心的だと思います。

ありがたやー!


台湾の様に早朝に開いていて健康的な朝食のお店が日本にもあったら良いなと始めて台湾に行った時から思っていました。今回「台湾の様な」でなく、台湾朝食そのもののお店が出来た事がこの上なく嬉しい!

こんなお店が近くにあったら毎日でも通いたい。台湾の朝食専門店、もっと増えてくれないかな。早起きして通うよ〜!


おまけ

FullSizeRender


酥餅を包んでいた紙の袋、台湾屋台に足繁く通う方ならご存知かと。葱油餅(ネギパイ)や豚肉餡が入った胡椒餅を買うときによく使われる袋!この女の子に日本で会えるとは思ってませんでしたよ。

一瞬台湾にいるのかしらと錯覚しました。トコトン台湾にこだわったお店ですね。


東京豆漿生活

〒141-0031 東京都品川区西五反田1丁目20−3

営業時間 [月曜~土曜] 8:00~14:00(売り切れ時は閉店)

     [定休日] 日曜日
     [座席数]  18席