台湾の名物観光地「九份」観光とセットで行こう!「金瓜石鉱山」と「陰陽海」

IMG_9597


金瓜石鉱山は、台湾北部の新北市瑞芳区にあった金鉱山です。かつては、東北アジア第1の金山と呼ばれ、非常に栄えました。現在は廃鉱となっているものの、観光地化されています。

観光地と言ってもさほど人は居なかったですが、目の前に切り立った鉱山は迫力があって見ごたえがありましたよ。

鉱山に草が生い茂り、廃墟に蔦が絡まり、九份が「千と千尋の神隠し」なら金瓜石鉱山は「ラピュタ」の世界感といったところでしょうか。

そして見るべきものは金瓜石鉱山だけでなく、陰陽海!

とっても珍しい光景です。


陰陽海


IMG_0090

鉱山の鉱物が川をつたって海に流れ込み、海が黄土色になっています。岸に近いところは黄土色、沖に行くほど本来の青色。海が2色にはっきりと分かれています。

見るまではピンと来ずにいましたが、見て納得!陰陽海と言われるのは陰と陽の2色の海って意味ですね。岸と沖で綺麗に2色に分かれていました。

海に流れ込む前の山側の川をのぞいて見ると石が黄色く変色している!

なんだか凄まじい不思議な光景です。

IMG_9591


陰陽海は近くから見るよりも遠くから見た方がはっきり色の違いが分かります。

金瓜石鉱山も迫力がありますし、2色の陰陽海も珍しい景色で見る価値ありですよ。九份からも遠くないのでセットで見に行くのも良いと思います。


金瓜石鉱山の駐車場から見る事が出来ますが、陰陽海を近くで見られるビューポイントは大きい道路で車がビュンビュン走っているので気をつけてくださいね!簡単な展望台もあるのですが、この時は閉鎖されていました。

私は少し離れた丘の上からの方が見晴らしが良く全体を見られるので良かったですよ。

IMG_9598