はぴねす台湾

台湾を愛するチャッキーあゆみのブログです。 友達が少ないので気ままなソロ旅が多いです。 台湾のお友達に教えてもらった地元の人ならではの情報もお伝えしたいと思います。台湾がはじめての人にもリピーターの人にも足を運んでもらいたい観光スポットをご紹介します!

「台湾へは何度か行っている、初めてだけれどフリータイムには自分の足で観光したい」という皆さんに「自分で行ける台湾観光」をお伝えします!
気軽な台北市内からちょっと足を伸ばして行ける穴場なスポットをお届けします!

タグ:金門島

台湾金門島のユーモラスな神様「風獅爺」


台湾の端っこの島、金門島
は中国大陸沿岸の福建省は廈門(アモイ)までわずか数キロという位置にある自然が豊かな島です。


FullSizeRender

その金門島で気になったのが「風獅爺(ふぉんすーいえ)」。

IMG_6509

FullSizeRender

金門独特の信仰文化の神様です。金門島の観光HPによると元々は島の防風のために祀られた風獅爺でしたが、霊験あらたかなため水害を鎮め、路沖や宅沖などの風水やなんと“シロアリ”被害にも力を発揮し、さらには牛が行方不明になった時や泥棒に遭った時にも風獅爺に祈れば解決してもらえると地元では信じられているそうです。


すごいオールマイティー!
元々の強風を治める神様、という所が島の神様らしい所ですが島の人々のため、その愛らしい姿で奔走しているんですね。

FullSizeRender


風獅爺は島の至る所にいらっしゃいます。石像であったり絵だったり、大きなものから小さなものまで、彩色やお顔、スタイルも様々。

FullSizeRender


そんな人々から愛されている金門島の風獅爺、どれも出で立ちがほんとユーモラス。

IMG_6315


マントがとてもお似合いです。


風獅爺のチェスもありました。
FullSizeRender


金門島へ来てからというもの、道祖神の様に道や街角にふと現れる風獅爺が気になって仕方がない。それぞれに個性があって写真を撮らずにはいられない。

FullSizeRender



そんな風獅爺が刺繍されたラゲッジタグを見つけ金門島を訪れた記念に購入しました。

可愛いのはもちろんのこと、お守りみたいで気に入っています。
FullSizeRender


皆さんも金門島に行かれた際は風獅爺探ししてみるのも面白いと思います。
会えた分だけ幸運が訪れそうですね!

台湾本島より中国アモイに近い金門島の旧軍事施設
「翟山坑道」を見学


入り口付近は広々とした公園となっているのですが至る所で戦車や砲台に出くわします。

IMG_6427

IMG_6429
今はもちろん使われていないものの展示ですが、物々しい感じですね。
戦車、なかなか近くで見る事は無いので寄って触れてみました。
IMG_6473

IMG_6469
へー!こんな風になってるんだ!
IMG_6465
勇ましくてカッコいいですね。

いざ金門島、古崗湖東南方翟山の翟山坑道へ入っていきます。


とてつもなく大きくて海に続く旧軍事施設です。一見鍾乳洞のようにも思えるゴツゴツとした岩肌の壁。中へ入るととても広くてトンネルが果てしなく続いているように思ってしまいます。天井高も戦車や船を格納できるように作っているのですごく高い!今ほど建築技術も進歩していない時にこれだけのものを作るのって途方も無い時間と労力がかかったのだろうと思いを馳せてしまいます。

IMG_9903


複雑な歴史の坑道を見て不謹慎かもしれませんが、海へと続く船の収容港は外からの明かりで水面がキラキラと輝いていて神秘的で綺麗だと思ってしまいました。



FullSizeRender

坑道へ入る前は探検気分でしたが中は厳かな雰囲気さえ感じてあまりはしゃぐ気にはなれず。入る時に面白がってかぶった本格的な貸し出し用ヘルメットが重い。めっちゃ重い。他の人誰もかぶってないし。嬉しかったの最初だけ。


この坑道、ずっと昔に使用されていたのかと思いきや、そうでなく約20年ほど前まで使われていたそうです。IMG_6453

坑道に響く波の音を聞いていると何だか悲しくなってきてしまいます。滞在中親切にしてくださった金門島のおじさんやおばさんが厳しい戦火の中にいたのかと思うと言葉では表せない気持ちになりました。

民宿でお願いしたガイドさんも元台湾軍の退役兵士さんでした。金門島は中国大陸のすぐそばに位置するので、中国との争いの最前線だったんですよね。1992年に戒厳令が解除されるまでは、台湾人でも入島はできなかったそうです。美しい花々が咲いていて、とても美しい金門島、穏やから人々からは想像出来ない過酷な島だったんですね。
今ここに来られた事を感謝したいです。

FullSizeRender

中では当時の映像や展示物が見られたりするスペースもありました。演者さんによる台湾軍の砲撃風景の再現なんてものもあって見応えがありました。金門島に来たら金門島の歴史に触れることができる翟山坑道へ足を運ぶべきかもしれません。金門島の深い歴史を肌で感じることができ、より金門島が特別な島であることを改めて思いました。


陳景蘭洋樓

陳景蘭洋樓は、金門で一番大きく現在も当時の形を留めている洋館で、1921年にシンガポールの華僑である陳景蘭が建設しました。

FullSizeRender


事業で財を成した陳景蘭氏は建設したこの洋館で学費無料の小学校を開校します。洋館はとても広くて2階の廊下からは美しい料羅湾を望めます。こんな美しい景色の中で授業を受けられた子供達は幸せですね。大人になってから子供の頃を思い出す時にこの景色も思い出すのでしょう。

そして戦争が始まってからは、こちらの洋館を野戦病院として使用したそうで、つくづく金門島の深い歴史を感じます。

FullSizeRender


博物館のように壁に色々説明が書いてあるのですが、中国語と英語の説明なので私にわかることはここまで…!すごくお勉強した気持ちになりました。


色々見て足も疲れてしまったので併設のカフェへ!

IMG_9882


こちらのメニュー、商品名が面白かったです。

毛沢東奶茶とか蒋介石特調とか!

真面目な施設でこういったおふざけ、なかなか良いですね。ネーミングに惹かれて毛沢東奶茶を頼んでみたら普通のミルクティーでしたよ。

FullSizeRender


でもお庭を眺めながらティータイムは至福の時でした。

IMG_6518


この椅子に座るとお庭が眺められます。2階なのでとても眺めが良いです。

難しい歴史は悲しいかな私にはよく分かりませんでしたが、色んなお部屋と広いテラス、海を望む美しいお庭など、見るところが沢山ありました。金門島を訪れた際は是非見に行って下さいませ。

台湾金門島の美しい花々。

金門島では道の片隅にお花が溢れるように咲いています。旅先ではなかなか道端のお花に目を止めることってあまりなかったのですが、お花があまりにも美しく何度も足を止めて見とれてしまいました。

なかでもランタナの色合いに目を奪われました。

IMG_6342


こんなに美しいお花が街のいたるところに咲いているんです。金門島はお花の島と言って良いくらいお花がいっぱい。

IMG_6529

野花と言うと小さいお花を想像しますが金門島の野花は大輪だったりします。


IMG_6540

頭上にもお花が。桜とは違う迫力です。
IMG_6356

道路脇に咲いているお花達。
IMG_6314
お花の知識がなく名前もよく分からないのですが、どのお花も瑞々しく咲き誇っていて可愛らしかったです。
ランタナなんて野生化していて、こんなにすごい量のランタナは初めて見ました。大量過ぎて少し狂気さえ感じます。日本では数輪の鉢植えくらいしか見ないですからね。

金門島へは台北から飛行機で2時間ほど。なかなか行きにくいですが、このお花達の競演を見るだけでも訪れた価値があったと思います。
これから行くという方は是非道端のお花も見てみて下さい。日本ではなかなかお目にかかれないようなお花も咲いていますよ!

金門島の大きな公園。

IMG_6558


金門島はどこに行っても綺麗に整備されていてこの公園も手入れがしっかりされている公園でした。

IMG_6568


公園内に戦車があるところが金門島っぽい!金門島では戦車が至る所で見かけます。これは展示な訳ですが日本では考えられないですね。

IMG_6563


激しい戦火をくぐり抜けた歴史のある勇ましい島を象徴しているかの様です。そんな戦車を尻目にのどかな公園が続きます。

IMG_6560


公園には大きな池もあってほんと気持ち良い。

IMG_6565


金門島の建物っぽい公衆電話や茶目っ気のある可愛らしいゴミ箱が台湾らしいです。

IMG_6566


IMG_6398

コンビニスイーツ…素人が手を出すべきじゃなかった。

見てください!このパッケージの写真!紅豆地瓜湯(さつまいもぜんざい)。
小豆に艶があってサツマイモはホクホクしてそう!めっちゃ美味しそうじゃないですか!
晩御飯を食べに行ったらデザートがメニューになく、帰り道のコンビニでデザートを買いました。パッケージにつられて購入したら、コレですよ。
やられました。小ちゃなさつまいもが薄いスープに浮かんでた。煮込まれた小豆は申し訳程度に底に溜まっています。残念!  
まぁ味は悪くなかったですけどね。
まぁ完食しましたけどね。


スクリーンショット 2019-01-16 0.23.18

台湾は金門島の南西部にある古い建物が残る村、水頭村に滞在

伝統的な閩南式(ミンナン式)の古い建物が残っています。洋と中が入り混じったメルヘンな世界です。今回はその村にある民宿「依山行館」に泊まりました。水頭村の民宿「依山行館」はテラスでアフターヌーンティも出来るんです!
スクリーンショット 2019-01-16 0.23.28
 民宿の眼の前の風景。洋風?華風?メルヘンな町並みは、おとぎ話の世界のようです。
スクリーンショット 2019-01-16 0.23.37
水頭村の風景。とても静かで時間がゆっくり流れるようです。人が少ない!てか居ない!
スクリーンショット 2019-01-16 0.23.45
石造りのお家が並びます。民宿が何件かありました。
スクリーンショット 2019-01-16 0.23.52
民宿の裏手には花がたくさん咲いていてメルヘン度が上がります。本当におとぎ話に出てきそう。洋風だけどどこか中華風で不思議な雰囲気です。
スクリーンショット 2019-01-16 0.24.05
今回宿泊した「依山行館」。民宿のフロント…というか、ロビーですね。ここでチェックインしました。伝統的な建物に洋風の洒落たソファーが素敵です。玄関があって中庭を挟むように宿泊の建物があります。
スクリーンショット 2019-01-16 0.24.13
中庭です。の~んびり。時間がゆっくり流れます。民宿の方もフレンドリーでとっても親切。
スクリーンショット 2019-01-16 0.24.24
中庭の通路もおしゃれです!屋根があるので雨に濡れず移動できます。
スクリーンショット 2019-01-16 0.24.32
休憩所でホッと一息。お茶やお菓子を好きな時に自由に頂けます。胡麻を固めたお菓子が美味しくて、たくさん食べてしまいましたがすぐ補充してくれました。
この休憩所がすごくリラックスできて観光の作戦会議もここでしていました。居心地最高です。
朝食もこちらで頂きます。
スクリーンショット 2019-01-16 0.24.41
宿泊したお部屋です。広くないけどロフトにもう一つの寝室が合って快適です。オーナーさんのセンスに脱帽!ため息が出るような素敵なお部屋でした!乙女の心が踊ります!バスルームなどの水回りもきれいでした。
スクリーンショット 2019-01-16 0.24.49
ぬいぐるみが台湾らしい!ロフト階の寝室です。金門島は色んな鳥が居て朝は小鳥の声で目覚めました。とっても幸せです。
スクリーンショット 2019-01-16 0.24.56
ロフトの階段部分です。可愛さに抜かり無いですね。
スクリーンショット 2019-01-16 0.25.06
幸せな朝ごはんを食べました。豆漿(トウジャン)、お粥、焼餅、桂園(ドライフルーツの龍眼)入りの饅頭。ふかふかで熱々の饅頭が美味しかった!饅頭は少し煙でいぶしたような独特な香りがほんのりして(龍眼の香りなのかな?)絶品でした!この朝食を日本に帰ってきてからも夢に見ます。


台湾の金門島で食べたランチ

新鮮な魚介がとっても美味しい!
どれも台湾ならではの優しい味付けで癒やされます。
台湾の料理は味付けが薄めで出汁がしっかりと効いています。
中華料理と和食の中間の様な料理だと思っています。

スクリーンショット 2019-01-11 13.26.29
お店①
これまたレトロなお店に来ましたよ。
営業中なのかよく分からないお店で裏を覗くと営業しているみたい。でもなぜか正面が閉まっていたので裏口の厨房から入りました。お店の方もそれが当たり前のようで驚きもせず席に案内してくれました。

こんにちは!お邪魔しま~す。
スクリーンショット 2019-01-11 13.26.37

お店①

案内された席はレトロ感満載の味のあるお部屋でした。日本の古民家カフェにありがちなレトロ風ではございません。本物のレトロ…レトロというかこれは現在。歴史を感じる扇風機も現役でございます。
スクリーンショット 2019-01-11 13.26.44
お店①
滋味あふれる牡蠣料理。
牡蠣オムレツ、牡蠣素麺、牡蠣スープ、牡蠣の天婦羅と牡蠣尽くし。どれもプリプリ新鮮で美味しかった!身体に染み入る滋味。スープは溢れんばかりに牡蠣が入っています。台湾の牡蠣は大きさこそ小さいのですが味が濃い!
 
テーブルクロスがとっても可愛いです!真似したくてもこの可愛さはこのお店のこのレトロな部屋あってのもので容易に真似はできません。

スクリーンショット 2019-01-11 13.27.04

お店②「成功鍋貼店」

島の案内を民宿でお願いしました。ガイド兼運転手のおじさんに連れて来てもらった、餃子が美味しいお店です。50年の歴史があるお店だそうです。

これは観光客は入れない…入りにくい。だってお店の入り口の前にバイクだよ。お店かどうかも分かりにくい!わかっても開店しているの暗くて外からは分からない!シャッターもちょっと下りてきてるしー!こういうお店、金門島には多いです。だから連れてきてもらって喜びもひとしお!
 スクリーンショット 2019-01-11 13.27.12
なんとも殺風景な店内。
だが名店だったのだ!!
スクリーンショット 2019-01-11 13.27.18
牡蠣とあさりが入ったスープ。海の香り!細く切ったきくらげやもやし、ポリポリと軽快な歯ざわり。
お野菜もたっぷり入った食べごたえありのスープです。美味しかった!
スクリーンショット 2019-01-11 13.27.24
あっさり塩味、きゅうりの炒め物。緑がきれいです。熱々のきゅうり!瑞々しいから火傷しそう!きゅうりで火傷しそうになる日が来るとは。にんにくが効いていて美味しかったです!
スクリーンショット 2019-01-11 13.27.29
あさりの炒め物。
唐辛子が入っていてピリ辛。
なんせ島で周りは海だから魚介がとにかく美味しいです!お皿の底に溜まったあさりの出汁が効いたスープまで、余すとこなく頂きました。海の色が美しい一品でした。
スクリーンショット 2019-01-11 13.27.37
なんとこちらでのランチ、案内のおじさんがご馳走して下さいました!
ありがとうございます!ありがとうございます!
 スクリーンショット 2019-01-11 13.27.43
物々しい、荒々しい姿の餃子!皮が厚めでモチモチ、そして焼き目がパリパリで、中のお肉がジューシー!雑誌やテレビの取材もある、有名な餃子で数々の賞を取っているそうです。ほ~んとに美味しかった!「こんなにいっぱい食べられない~」なんて最初は言っていましたが、美味しくて結局おかわりしてこの量、ひとり一皿食べられちゃいました!
スクリーンショット 2019-01-11 13.27.49
あ~、もう一度たべたい!
カリッとした皮、ほとばしる肉汁!

ごちそうさまでした!


依山行館〜金門島の風情満点のホテル〜
 

台湾の金門島は花が咲き乱れる美しい島でした

台北から飛行機に乗って金門島へ行ってきました。
中国南東部、福建省アモイ市のすぐ沖合にある金門島。中国大陸から10キロほどしか離れていない中国に近い島です。70年代まで中国と最前線で戦っていた島です。

台湾松山空港から飛行機で2時間くらいかかりました。1時間位で着くと思っていたのでその遠さにびっくり!台湾から日本に帰れるんじゃないかと思ってしまいました。それくらい台湾本土から離れているんですね。小さいプロペラ機だったので揺れる揺れる!

ちょっと怖い飛行機に乗って到着したのは台湾だけどちょっとヨーロッパのような雰囲気もあって、色とりどりの花が咲いているのどかな雰囲気の島でした。
深い歴史のある島ですが、おとぎ話に迷い込んでしまったのかと錯覚してしまう様なふしぎな雰囲気です。

海岸からは中国福建省の街、廈門(アモイ)が望めます。
街中のいたる所に大砲、トーチカ、トンネルなど、中国との防戦の色が濃く残ります。
複雑な歴史がある島ですが、閩南文化の伝統と美しさが感じられる印象的な島でした。

スクリーンショット 2019-01-02 13.47.09

静かでのんびり。赤いレンガが美しい水頭村の風景です。
10年前はこの島に外国人は入れなかったそうです。この村に滞在3日したのですが日本人には全く会わず。日本語は通じないし日本語の案内も全くない…。私の頼りない中国語や英語では全然通じない。友達の堪能な中国語のおかげでなんとか滞在を乗り切れました。

スクリーンショット 2019-01-02 13.47.20

本当にのどかです。人も少ないです。街中どこもきれいに整備されています。道路も公園もピッカピカ。新しいわけでもないのですが清掃が行き届いている感じです。町にゴミひとつ落ちてないです。金門島は島自体が財政が豊かな島だと聞きました。国からの助成が多いそうです。軍事的な歴史背景があるからでしょうか?

スクリーンショット 2019-01-02 13.47.26

金門島には美しいランタナが街中、そして道路の脇道などいたるところに咲いていました。

スクリーンショット 2019-01-02 13.47.36

博物館の中にあるカフェ。なんと半水中なんです!目の前を亀が泳いで横切っていきました。泳いでる亀を下から眺められるという不思議なカフェ。水面にプカプカと揺れる蓮の葉を眺めていると何時間でも居てしまいそう。照明もちょっと暗くて何時間でもいられそうな、なんだかとっても落ち着くカフェでした。

そして翟山坑道へ。

スクリーンショット 2019-01-02 13.47.43スクリーンショット 2019-01-02 13.47.50

国共内戦の際、最前線であった金門では、当時自衛の場として設置されたトンネルや坑道が沢山あります。戦車が通れる大きな坑道で水路もあります。ちょっと物々しいけれど幻想的な坑道。
戦車や船が収納出来るくらいとっても広い坑道でした。

スクリーンショット 2019-01-02 13.47.56

博物館にて。

スクリーンショット 2019-01-02 13.48.11

邱良功母節孝坊。台湾の古い町並みっていい雰囲気ですよね。

 スクリーンショット 2019-01-02 13.48.18

風獅爺
金門の人々が信仰する石神さまです。とってもユーモラスな表情で街の至る所にいらっしゃいます。表情や大きさ、身長など様々な風獅爺。カラフルなものも多く、風獅爺が金門島のふしぎな雰囲気に一役買っています。街のいたるところにありました。手作りの色んな服を着せてもらったりして地元の人に大変愛されているんだなと思いました。

スクリーンショット 2019-01-02 13.48.28
風獅爺、大集合 

金門島は見どころがたくさんあります。
改めて一つずつブログに載せていきたいと思います。ひとまずはこちらからどうぞ。
       ↓

金門島の美味しい海鮮ランチ 

金門島の美しい宿「水頭村の依山行館」



↑このページのトップヘ