はぴねす台湾

台湾を愛するチャッキーあゆみのブログです。 友達が少ないので気ままなソロ旅が多いです。 台湾のお友達に教えてもらった地元の人ならではの情報もお伝えしたいと思います。台湾がはじめての人にもリピーターの人にも足を運んでもらいたい観光スポットをご紹介します!

「台湾へは何度か行っている、初めてだけれどフリータイムには自分の足で観光したい」という皆さんに「自分で行ける台湾観光」をお伝えします!
気軽な台北市内からちょっと足を伸ばして行ける穴場なスポットをお届けします!

スクリーンショット 2019-01-18 16.05.46

エバー航空の機内食が美しい!美味しい!プレミアムローレルクラス


今回キャンペーンでとてもお得な料金でビジネスクラスに乗ることが出来ました。愛すべきエバー航空の写真をアップします。
ほぼ機内食レポートですが…。
東京羽田から台北松山です。

スクリーンショット 2019-01-18 16.05.58
足元広々で楽ちんのプレミアムローレルクラス。
機体は古い感じがするけど東京ー台北を往復80,000円で(キャンペーン価格でした)快適に移動出来るのだから文句はありません。普段はLCCばかり乗っていますがここぞとばかりにチケットを購入しました。シートは180度背もたれが倒れるライフラットシートです。
東京〜台北が4時間程度なのでシートを倒すこともほぼないんですがとりあえずは1度倒してみましたよ。お隣のお席と区切るパーテンションがヘッドレストからスライド式で出すことができました。
これがあるとリラックスして眠れますね。
スクリーンショット 2019-01-18 16.06.05
なんだかんだぎっしり詰まっていますが入っているものはいたって普通。
冊子類が縦の差し込み式に収納されているのは使いやすかったです。
ヘッドホンが大きくて「イイやつ」でした。
スクリーンショット 2019-01-18 16.06.11
ミールタイムです。
ビジネスクラスでも凝った機内食が有名なエバー航空。通常のメニューに加えネット予約限定のメニューが4種類もあり、私も予約してみました。 サイトのメニュー表記が英語なので自分の想像したものが正解なのか当日までドキドキしましたが大体合っていました。 洋食なのか和食なのか中華なのかが分かりにくくて。。。 日本語も表示して欲しいなあ。
前菜:シーフフードと柿のカクテル オリーブと香草の香りとともに(訳:チャッキーあゆみ)」
ヒラメなどのシーフードのカクテルを薄く切った柿でセルクルの様にしています。
美しくて感激しました。
世間で賛否両論ある「甘い×塩辛いの組み合わせ」が好きな私にとってはほんのりとした柿の甘みが嬉しい。
スクリーンショット 2019-01-18 16.06.17
メイン:エビと白身魚のベーコン巻き&たっぷりグリル野菜のパスタアメリケーノ(訳:チャッキーあゆみ)
プリプリの大きな海老が食べごたえありました。
パスタはまあ普通。結構なボリュームですがエビの他に白身魚と蕪、ブロッコリー。お野菜たっぷりは大歓迎です!
その他「ガーリックトーストとバターロール」
機内でバターとガーリックたっぷりの熱々バゲットが出てくるとは。
美味しかったです。
スクリーンショット 2019-01-18 16.06.23
デザートは「フルーツとモンブラン」or「ハーゲンダッツ」。
そりゃフルーツとモンブランでしょう。と思いきや機内は意外とアイスクリームが多かった。
へ〜そうなんだ。
スクリーンショット 2019-01-18 16.06.29
食後にエスプレッソを頂きまーす。
お食事の食器もそうですが、機内で陶器のカップで頂けるのが嬉しいです。これもビジネスクラスのありがたみですね。リラックスできます。
このシュガースティック可愛くて大好きだけどエスプレッソは一気飲み派には歯がゆいです。ザラザラっとお砂糖を入れてぐるぐる回して一気飲みしろとゴットファーザーも言っていました。溶けるまで待てないです。
スクリーンショット 2019-01-18 16.06.35
あっという間に台湾です。
ビジネスクラスはお値段は高いですがただの移動をイベントにしてくれます。
だからキャンペーンがあると飛びついちゃう。いい経験になりました。
頑張ってお仕事します〜!

キティちゃんがいっぱい!エバー航空のキティジェット

エバー航空でパリへ旅立ちました!エバー航空大好きなんです!わざわざ台湾経由して選ぶ価値ありのエバーです。今回はキャンペーンでビジネスクラス破格だったので、この時しか乗れない!とプレミアムローレルクラスにしてみました。
東京から出発の私は関西から来る友人とトランジットの台湾桃園空港で待ち合わせでした。数便しかないキティジェットに乗ってみたくて、待ち合わせ時間の4時間前に台北に着く事になりましたが、それでも乗ってよかった!と思える内容でした。

もう全てがキティ!載せている写真はごく1部でございます。ちなみにキティジェットは5種類くらいの外観があるらしいです。日本では見当たりませんでいたが、台北の空港にはキティのどピンク自動チェックイン機までありましたよ。モニターの中でもキティが案内していました。

キャラクターものとは昔から縁遠く、特にキティちゃんが好きな訳ではなかったのですが、徹底されている事でさらにテンション上がってひとりで鼻息があらくなっていました。フン!フン!お陰で移動がイベントになりました。またキティジェットを狙って乗りたいです!
スクリーンショット 2019-01-16 0.53.18
チケットがキティです。ここから怒涛のキティちゃん祭りが始まります。
スクリーンショット 2019-01-16 0.53.30
 ラゲッジタグまでキティちゃん!
スクリーンショット 2019-01-16 0.53.38
出発エントランスの表示もキティ!
スクリーンショット 2019-01-16 0.53.44
TVモニターも!
スクリーンショット 2019-01-16 0.53.52
クッション、「安全のしおり」までキティ!徹底しています。でもまだまだ序の口。
スクリーンショット 2019-01-16 0.53.58
キティチラリズム
スクリーンショット 2019-01-16 0.54.04
コースターやナプキンまでキティ。
スクリーンショット 2019-01-16 0.54.11
お手洗いのアメニティーも!ちなみにトイレットペーパーもキティちゃんでしたよ!
スクリーンショット 2019-01-16 0.54.18
メニューも!
スクリーンショット 2019-01-16 0.54.32
メニューの中まで!徹底してるな−!
スクリーンショット 2019-01-16 0.54.38
ナプキンホルダーやペーパーナプキンも!
スクリーンショット 2019-01-16 0.54.49
デザートも!きゃわわわわ!!!

キティちゃん好きでなくても気分が上がりまくりのキティジェットでした!絶対また乗るぞー! 
 スクリーンショット 2019-01-18 16.01.02

エバー航空プレミアムローレルクラスの機内食の記事はこちら

スクリーンショット 2019-01-16 0.23.18

台湾は金門島の南西部にある古い建物が残る村、水頭村に滞在

伝統的な閩南式(ミンナン式)の古い建物が残っています。洋と中が入り混じったメルヘンな世界です。今回はその村にある民宿「依山行館」に泊まりました。水頭村の民宿「依山行館」はテラスでアフターヌーンティも出来るんです!
スクリーンショット 2019-01-16 0.23.28
 民宿の眼の前の風景。洋風?華風?メルヘンな町並みは、おとぎ話の世界のようです。
スクリーンショット 2019-01-16 0.23.37
水頭村の風景。とても静かで時間がゆっくり流れるようです。人が少ない!てか居ない!
スクリーンショット 2019-01-16 0.23.45
石造りのお家が並びます。民宿が何件かありました。
スクリーンショット 2019-01-16 0.23.52
民宿の裏手には花がたくさん咲いていてメルヘン度が上がります。本当におとぎ話に出てきそう。洋風だけどどこか中華風で不思議な雰囲気です。
スクリーンショット 2019-01-16 0.24.05
今回宿泊した「依山行館」。民宿のフロント…というか、ロビーですね。ここでチェックインしました。伝統的な建物に洋風の洒落たソファーが素敵です。玄関があって中庭を挟むように宿泊の建物があります。
スクリーンショット 2019-01-16 0.24.13
中庭です。の~んびり。時間がゆっくり流れます。民宿の方もフレンドリーでとっても親切。
スクリーンショット 2019-01-16 0.24.24
中庭の通路もおしゃれです!屋根があるので雨に濡れず移動できます。
スクリーンショット 2019-01-16 0.24.32
休憩所でホッと一息。お茶やお菓子を好きな時に自由に頂けます。胡麻を固めたお菓子が美味しくて、たくさん食べてしまいましたがすぐ補充してくれました。
この休憩所がすごくリラックスできて観光の作戦会議もここでしていました。居心地最高です。
朝食もこちらで頂きます。
スクリーンショット 2019-01-16 0.24.41
宿泊したお部屋です。広くないけどロフトにもう一つの寝室が合って快適です。オーナーさんのセンスに脱帽!ため息が出るような素敵なお部屋でした!乙女の心が踊ります!バスルームなどの水回りもきれいでした。
スクリーンショット 2019-01-16 0.24.49
ぬいぐるみが台湾らしい!ロフト階の寝室です。金門島は色んな鳥が居て朝は小鳥の声で目覚めました。とっても幸せです。
スクリーンショット 2019-01-16 0.24.56
ロフトの階段部分です。可愛さに抜かり無いですね。
スクリーンショット 2019-01-16 0.25.06
幸せな朝ごはんを食べました。豆漿(トウジャン)、お粥、焼餅、桂園(ドライフルーツの龍眼)入りの饅頭。ふかふかで熱々の饅頭が美味しかった!饅頭は少し煙でいぶしたような独特な香りがほんのりして(龍眼の香りなのかな?)絶品でした!この朝食を日本に帰ってきてからも夢に見ます。


台湾の金門島で食べたランチ

新鮮な魚介がとっても美味しい!
どれも台湾ならではの優しい味付けで癒やされます。
台湾の料理は味付けが薄めで出汁がしっかりと効いています。
中華料理と和食の中間の様な料理だと思っています。

スクリーンショット 2019-01-11 13.26.29
お店①
これまたレトロなお店に来ましたよ。
営業中なのかよく分からないお店で裏を覗くと営業しているみたい。でもなぜか正面が閉まっていたので裏口の厨房から入りました。お店の方もそれが当たり前のようで驚きもせず席に案内してくれました。

こんにちは!お邪魔しま~す。
スクリーンショット 2019-01-11 13.26.37

お店①

案内された席はレトロ感満載の味のあるお部屋でした。日本の古民家カフェにありがちなレトロ風ではございません。本物のレトロ…レトロというかこれは現在。歴史を感じる扇風機も現役でございます。
スクリーンショット 2019-01-11 13.26.44
お店①
滋味あふれる牡蠣料理。
牡蠣オムレツ、牡蠣素麺、牡蠣スープ、牡蠣の天婦羅と牡蠣尽くし。どれもプリプリ新鮮で美味しかった!身体に染み入る滋味。スープは溢れんばかりに牡蠣が入っています。台湾の牡蠣は大きさこそ小さいのですが味が濃い!
 
テーブルクロスがとっても可愛いです!真似したくてもこの可愛さはこのお店のこのレトロな部屋あってのもので容易に真似はできません。

スクリーンショット 2019-01-11 13.27.04

お店②「成功鍋貼店」

島の案内を民宿でお願いしました。ガイド兼運転手のおじさんに連れて来てもらった、餃子が美味しいお店です。50年の歴史があるお店だそうです。

これは観光客は入れない…入りにくい。だってお店の入り口の前にバイクだよ。お店かどうかも分かりにくい!わかっても開店しているの暗くて外からは分からない!シャッターもちょっと下りてきてるしー!こういうお店、金門島には多いです。だから連れてきてもらって喜びもひとしお!
 スクリーンショット 2019-01-11 13.27.12
なんとも殺風景な店内。
だが名店だったのだ!!
スクリーンショット 2019-01-11 13.27.18
牡蠣とあさりが入ったスープ。海の香り!細く切ったきくらげやもやし、ポリポリと軽快な歯ざわり。
お野菜もたっぷり入った食べごたえありのスープです。美味しかった!
スクリーンショット 2019-01-11 13.27.24
あっさり塩味、きゅうりの炒め物。緑がきれいです。熱々のきゅうり!瑞々しいから火傷しそう!きゅうりで火傷しそうになる日が来るとは。にんにくが効いていて美味しかったです!
スクリーンショット 2019-01-11 13.27.29
あさりの炒め物。
唐辛子が入っていてピリ辛。
なんせ島で周りは海だから魚介がとにかく美味しいです!お皿の底に溜まったあさりの出汁が効いたスープまで、余すとこなく頂きました。海の色が美しい一品でした。
スクリーンショット 2019-01-11 13.27.37
なんとこちらでのランチ、案内のおじさんがご馳走して下さいました!
ありがとうございます!ありがとうございます!
 スクリーンショット 2019-01-11 13.27.43
物々しい、荒々しい姿の餃子!皮が厚めでモチモチ、そして焼き目がパリパリで、中のお肉がジューシー!雑誌やテレビの取材もある、有名な餃子で数々の賞を取っているそうです。ほ~んとに美味しかった!「こんなにいっぱい食べられない~」なんて最初は言っていましたが、美味しくて結局おかわりしてこの量、ひとり一皿食べられちゃいました!
スクリーンショット 2019-01-11 13.27.49
あ~、もう一度たべたい!
カリッとした皮、ほとばしる肉汁!

ごちそうさまでした!


依山行館〜金門島の風情満点のホテル〜
 

台湾の金門島は花が咲き乱れる美しい島でした

台北から飛行機に乗って金門島へ行ってきました。
中国南東部、福建省アモイ市のすぐ沖合にある金門島。中国大陸から10キロほどしか離れていない中国に近い島です。70年代まで中国と最前線で戦っていた島です。

台湾松山空港から飛行機で2時間くらいかかりました。1時間位で着くと思っていたのでその遠さにびっくり!台湾から日本に帰れるんじゃないかと思ってしまいました。それくらい台湾本土から離れているんですね。小さいプロペラ機だったので揺れる揺れる!

ちょっと怖い飛行機に乗って到着したのは台湾だけどちょっとヨーロッパのような雰囲気もあって、色とりどりの花が咲いているのどかな雰囲気の島でした。
深い歴史のある島ですが、おとぎ話に迷い込んでしまったのかと錯覚してしまう様なふしぎな雰囲気です。

海岸からは中国福建省の街、廈門(アモイ)が望めます。
街中のいたる所に大砲、トーチカ、トンネルなど、中国との防戦の色が濃く残ります。
複雑な歴史がある島ですが、閩南文化の伝統と美しさが感じられる印象的な島でした。

スクリーンショット 2019-01-02 13.47.09

静かでのんびり。赤いレンガが美しい水頭村の風景です。
10年前はこの島に外国人は入れなかったそうです。この村に滞在3日したのですが日本人には全く会わず。日本語は通じないし日本語の案内も全くない…。私の頼りない中国語や英語では全然通じない。友達の堪能な中国語のおかげでなんとか滞在を乗り切れました。

スクリーンショット 2019-01-02 13.47.20

本当にのどかです。人も少ないです。街中どこもきれいに整備されています。道路も公園もピッカピカ。新しいわけでもないのですが清掃が行き届いている感じです。町にゴミひとつ落ちてないです。金門島は島自体が財政が豊かな島だと聞きました。国からの助成が多いそうです。軍事的な歴史背景があるからでしょうか?

スクリーンショット 2019-01-02 13.47.26

金門島には美しいランタナが街中、そして道路の脇道などいたるところに咲いていました。

スクリーンショット 2019-01-02 13.47.36

博物館の中にあるカフェ。なんと半水中なんです!目の前を亀が泳いで横切っていきました。泳いでる亀を下から眺められるという不思議なカフェ。水面にプカプカと揺れる蓮の葉を眺めていると何時間でも居てしまいそう。照明もちょっと暗くて何時間でもいられそうな、なんだかとっても落ち着くカフェでした。

そして翟山坑道へ。

スクリーンショット 2019-01-02 13.47.43スクリーンショット 2019-01-02 13.47.50

国共内戦の際、最前線であった金門では、当時自衛の場として設置されたトンネルや坑道が沢山あります。戦車が通れる大きな坑道で水路もあります。ちょっと物々しいけれど幻想的な坑道。
戦車や船が収納出来るくらいとっても広い坑道でした。

スクリーンショット 2019-01-02 13.47.56

博物館にて。

スクリーンショット 2019-01-02 13.48.11

邱良功母節孝坊。台湾の古い町並みっていい雰囲気ですよね。

 スクリーンショット 2019-01-02 13.48.18

風獅爺
金門の人々が信仰する石神さまです。とってもユーモラスな表情で街の至る所にいらっしゃいます。表情や大きさ、身長など様々な風獅爺。カラフルなものも多く、風獅爺が金門島のふしぎな雰囲気に一役買っています。街のいたるところにありました。手作りの色んな服を着せてもらったりして地元の人に大変愛されているんだなと思いました。

スクリーンショット 2019-01-02 13.48.28
風獅爺、大集合 

金門島は見どころがたくさんあります。
改めて一つずつブログに載せていきたいと思います。ひとまずはこちらからどうぞ。
       ↓

金門島の美味しい海鮮ランチ 

金門島の美しい宿「水頭村の依山行館」



↑このページのトップヘ