台湾の味を気軽に楽しめる「青葉の魯肉飯の素(缶詰)」

魯肉飯

台湾料理といえば魯肉飯

台湾料理を語る際に外すことが出来ないのが魯肉飯です。ご飯の上に煮込んだ肉そぼろや小さめに角切りされた豚肉を乗せた料理です。お店や地方によってお肉の大きさが違って呼び名が変わったり、台湾の南に行くほど味付けも甘くなったりします。

魯肉飯

ほんのりと台湾の香辛料八角が香ってこれを食べると「台湾に来たなぁ」と実感する、台湾を代表する料理です。

魯肉飯缶詰は日本でも手に入る!

今回はその魯肉飯が気軽に食べられる缶詰をご紹介します。

魯肉飯

台湾でも売られているこの青葉魯肉飯缶詰は日本でも中華系のスーパーで購入できますし、カルディコーヒーファームの台湾フェアなどでもたまに登場します。Amazonでも売っているのを以前見かけましたので割と日本でも手に入りやすいかと思います。

缶を開けて熱々ご飯にのせるだけ

そぼろとツユが入っています。暖かい日に開けると良い感じにそぼろとツユが馴染んでいますが、気温が低い時は油分が固まって白くなっている事があるのでちょっとギョッとするかも知れません…。

魯肉飯

魯肉飯の上には煮卵を乗せて食べたりするのですが、今回は私の大好きな魯肉飯のお店、台北の西門町にある天天利美食坊の魯肉飯風に目玉焼きを乗せて見ました。

味は結構しっかりめに付いています。台湾のお店で食べる魯肉飯よりも濃いめに感じました。

魯肉飯

また先程地域によって甘さが加わると言いましたが、この青葉の魯肉飯は甘さはなく、大人の味!お肉はそぼろ状です。ツユもたっぷり入っているからご飯に染みて美味しいです。

魯肉飯

「あ、食べたい!」と思った時にすぐに食べられる魯肉飯の缶詰、常備しておきたいと思いました。沢庵や青菜をそえて食べても美味しいですよ!
どこかでこの青い缶詰、見かけたらチャレンジしてみて下さいませ!

こちらの使い方もオススメ

魯肉飯

この魯肉飯の素はビーフンに入れても美味しいです。茹でた野菜とビーフンに砂糖少々と魯肉飯の素を入れて混ぜるだけ!本格的なビーフンに仕上がります!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA