台湾道教のお寺が埼玉に?!日本最大級「五千頭の龍が昇る聖天宮」

五千頭の龍が昇る聖天宮

埼玉県坂戸市に台湾道教のお寺(正確には宮)があると聞いて行ってきましたよ〜!

ででーん!

五千頭の龍が昇る聖天宮

五千頭の龍が昇る聖天宮

目の前に田んぼが広がりその周りは住宅地というのどかな景色に突然現れる色鮮やか、
かつ煌びやかな宮にビックリ!そしてめっちゃ大きいじゃないですか!

五千頭の龍が昇る聖天宮

周りの景色との対比が凄い。ちょっと浮いているようにも感じるこの建物。聖天宮は台湾・中国の道教のお宮です。

五千頭の龍が昇る聖天宮

周りは田んぼ

なぜ埼玉に道教の宮が?!

聖天宮は台湾出身の康國典大法師が建立したそうなんですが、その建てた理由が凄い。

大法師は、若いくして大病を患った際に「三清道祖」に祈願したところ数年の闘病生活を経て病が完治。

その事から大法師は「三清道祖」に感謝の気持ちを抱き、他の多くの人々も自身と同じように「三清道祖」に助けていただけるよう宮を建てることにしたそうです。

ここでまた驚いたのが建立地を考えていた時に「日本の埼玉県坂戸市に建立しなさい」とお告げがあったため、この地に聖天宮を建立することになったそうです。

唖然。だって作ろうと思って簡単に作れる規模じゃないんですもん。

 

はやる気持ちを抑え静々と入場料500円を払いいざ!

五千頭の龍が昇る聖天宮

う、美しいー!一つ一つを間近で見たいのですが手の届く高さではないのです。

でっかい!ひたすら見上げるのみ!

五千頭の龍が昇る聖天宮

煌びやかな天門

めっちゃ大きいよ!めっちゃ凝った装飾だよ!そしてここは日本の埼玉だよ!

お告げがあったとしても異国の地に建設しようと思ったってなかなか出来ることではないですよね。

五千頭の龍が昇る聖天宮

威武堂々、荘厳という言葉がぴったりの立派な宮です。

埼玉の宮と聞いた時、私はもっと簡素でこじんまりしているものだと思っていました。

五千頭の龍が昇る聖天宮

聖天宮は、1981年に着工よりし、15年の歳月をかけて1995年に開廟しました。現存する道教の宮としては日本国内最大級です。本殿の大きさは幅50メートル、高さ25メートル!横浜の媽祖廟や関帝廟より大きいんですよ!

建築の際の装飾品は台湾から運びこまれ、台湾の宮大工さんによって建造されたそうです。

五千頭の龍が昇る聖天宮

一つの石から作られている彫刻が施されている門

主な施設は本殿、前殿、天門、鼓楼、鐘楼、客庁、行事場、中庭、前庭、寿金亭、外苑・休憩所等があります。

台湾のおみくじ「神杯」で神様の指南を伺う

前殿の中もゴージャスです。

五千頭の龍が昇る聖天宮

前殿の窓から本殿を望みます。大きな窓からの日差しが燦々と降り注がれて
本殿の神々しさが際立ちます。

五千頭の龍が昇る聖天宮
前殿にも神様がいらっしゃいます。
神様は人間から見ると「人間の形」に見えるそうです。
五千頭の龍が昇る聖天宮
軍神様でしょうか。勇ましいお顔をされています。迫力あるなー!

台湾のおみくじがありました!

五千頭の龍が昇る聖天宮

神杯がある!日本で神杯を見るとかちょっと感動〜!

神杯は神託を問うために、落とすように投げて使う道具です。

五千頭の龍が昇る聖天宮

神杯は2つでひとセット。凹凸で陰陽が分かれます。分かりやすくシールを貼ってくれていますね。

神杯は神様からのYES!、NO!とかGO!、またはOK!といった意味合いがあって、ここでは棒のおみくじを引いた後に神杯を振ってそのおみくじで合っているのか神さまに伺います。

床に落とした杯が陰陽両方出たらそのおみくじでOKという事。陰陰とか陽陽と出たらおみくじを選びなおします。今回私はなかなか陰陽が出なくて焦りました。おみくじさえ引かせてくれないのかと

台湾好きを歓喜させる休憩所

無事おみくじを引いた後は本殿に、と思いましたが休憩所発見。

まだ疲れてはいないですがちょっと覗いてみました。

五千頭の龍が昇る聖天宮

なななななんとなんと!自販機の飲み物が台湾の有名どころのドリンク!いやいや、ドリンクどころか台湾土産の定番となりつつあるミルクヌガーや八宝粥、緑豆湯なんかもありますよ。

五千頭の龍が昇る聖天宮

そしてタピオカミルクティー、やはりこちらでもすかさず入り込んで来てますわ〜。
なんだか台湾のコンビニにいるみたいやぁー!

なんか、泣けてくる。台湾好きにはたまらないこの待遇とサービス精神!人差し指で嬉し涙をぬぐいながら小銭投入。大好きなパパイヤミルクとマンゴーミルクを買いました。

五千頭の龍が昇る聖天宮

見たことないパッケージだけど可愛いやん!

お味ですか?お風呂やで飲むフルーツ牛乳パパイヤ風味&マンゴー風味です(笑)

台湾のドリンクスタンドのマンゴーミルクティーやパパイヤミルクティーはフレッシュフルーツで作るので、全く別物だと思うのですが私は缶や牛乳パックに入っているチープな味も大好き!キャンデーにありそうな味。甘甘です。

休憩所ではしゃぎ倒したテンションで本殿に向かいます。本殿に向かう廊下も素敵〜!

五千頭の龍が昇る聖天宮

廊下の天井の装飾にも見とれてしまう。
繊細!
五千頭の龍が昇る聖天宮

本殿には道教の最高神・三清道祖(元始天尊、道徳天尊、霊寶天尊)と南斗星君、北斗星君、四道教の神々が祭られています。

休憩所でテンションが上がってしまいましたが本殿に入るとその荘厳な様に圧倒され、こちらも厳かな気持ちになります。

五千頭の龍が昇る聖天宮

説明をしてくれる係りの方も2人いらっしゃって宮の詳しい説明や道教にまつわるお話しを伺うことが出来ました。お参りの仕方も教えてくれましたよ。

五千頭の龍が昇る聖天宮

台湾独特の長いお線香は、神様にお祈りするときに事細かに情報を伝える必要があり、お祈りの長い時間の間、燃え尽きることが無いように長くなっているんだとか!

五千頭の龍が昇る聖天宮

こちらの宮に来られている方の中にコスプレイヤーさんもいらっしゃいました。ドラマの撮影にも使われるこちらのお寺ではコスプレ撮影も受け付けているそうです。

台湾の雰囲気が素敵ですもんねー!こちらで撮影したいコスプレイヤーさんの気持ちとっても分かります!

五千頭の龍が昇る聖天宮

2階にも上がることができます。
屋根の装飾をじっくり見られますよ!
五千頭の龍が昇る聖天宮
鳳凰の尾がとっても繊細!道教では鳳凰は女性を表すのだとか。男性は龍です。
五千頭の龍が昇る聖天宮
3時になったら太鼓と鐘がなります。ここでも鐘が陰、太鼓が陽と陰陽が用いられています。

聖天宮では定期的にまざまなイベントが催されているようです。

広い境内を利用したイベントはとても楽しそうですね。

・あおぞら太極拳まつり、ドラゴン市場、天空よさこい、ファイナルよさこい、龍季祭、ライチ種とばし大会などなど。

めっちゃ楽しそうじゃないですか。定期的にイベントをチェックしておきたい。

 年間の大きな催事

    • 元始天尊生誕日 11日(旧暦) 
    • 道徳天尊生誕日 215日(旧暦)
    • 霊賽天尊生誕日 815日(旧暦)

 また聖天宮では毎週土曜日・日曜日の朝7時半から8時に聖天宮天門広場にて朝の太極拳が開催されているそう。参加したいー!

私も一時、太極拳を習っていたことがあるんです。ゆっくりの動きですが、結構な運動になるんですよね。でも朝7時半か〜、都内を何時に出なきゃいけないんだ?悔しいかなちょっと厳しい!

もう聖天宮に1時間以上居ましたね。見所多すぎー!休憩所楽しすぎー!

豪華絢爛なたたずまいの聖天宮は色鮮やかな創りで一見の価値がありました!今度は願い事が叶ったお礼参りに行きたいと思います!

五千頭の龍が昇る聖天宮 

おまけ

五千頭の龍が昇る聖天宮
五千頭の龍が昇る聖天宮

♂♀マークが可愛いトイレでした。

五千頭の龍が昇る聖天宮

入場料:大人500

住所:埼玉県坂戸市塚越51-1

 アクセス

●電車の場合

東武東上線若葉駅(川越駅より4つ目)

東口より線路を背に真直ぐ2.3km 徒歩20分~30分程度

●車の場合

関越自動車道 鶴ヶ島IC・坂戸出口から3.5km

関越自動車道 にっさい坂戸西スマートICから4.9km

圏央自動車道 坂戸ICから1.5km

●公共バスを利用の場合

・東武東上線 川越駅 東口6番乗り場

 東武バス 戸宮交差点前下車、300m

 ※若葉02か東坂02にご乗車、40分程度

 ※パイオニア行きは着きません。

・東武東上線 若葉駅 東口

 東武バス 戸宮交差点前下車、300m

 ※坂戸車庫前行きは着きません。

・坂戸市内循環バス 若葉病院前下車、目の前

駐車場120台(無料)大型バス可能

台湾ブログランキングに参加しています!いつもポチして下さってる方!ありがとうございます!

にほんブログ村 台湾ブログ 台湾旅行へにほんブログ村台湾ブログ

台湾ランキング

台湾ブログランキング

2 件のコメント

  • >>1
    ありがとうございます〜!
    聖天宮、美しかったですよ!
    周りは田んぼと住宅で近場の観光はあまりありませんが、台湾にいるみたいでワクワクしましたよ!
    元気が出るお寺です!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA