中華系スーパーの缶詰台湾スイーツを食べてみた③蘋菓西打(りんごサイダー)

打西菓蘋 りんごサイダー

「蘋菓西打」を買ってきました。
台湾で人気のりんご炭酸ジュースです。

蘋菓西打で、「りんごサイダー」。あれ?缶の文字と逆だよと言う声が聞こえてきますが、これ、右から読みます。「ぴんぐぉしぃだぁ」と発音。これ早口に行ってみてください。「りんごさいだー」と聴こえてきません?空耳?英語も、台湾読みで似た現象の言葉がよくありますよ。Coffeeは「かぁふぇい」とかね。早口で言うと似てきますね。

打西菓蘋 りんごサイダー

話が逸れましたが「蘋菓西打」はりんご果汁の炭酸飲料で台湾では定番のアップルサイダーです。台湾人に長く愛されている素朴なジュースなんです。
このロングセラーの蘋菓西打がなぜこんなにも愛されているのか探ってみたいと思います。

裏の表示を読んでみますと…

打西菓蘋 りんごサイダー

名称:炭酸飲料
原材料名:糖類(果糖ぶどう糖液糖、砂糖)、りんご果汁(台湾産)、りんごジュース/炭酸水、カラメル色素、酸味料、香料
内容量:330ml
原産国名:台湾
【台湾のアップルサイダー「蘋菓西打」の栄養成分表示(100gあたり)※目安の数値】

  • エネルギー 42kcal
  • たんぱく質 0g
  • 脂質 0g
  • 炭水化物 10.6g
  • 食塩相当量 0g

打西菓蘋の製造は、「大西洋飲料」台湾の大手の飲料メーカーです。
台湾のアップルサイダー「蘋菓西打」をあけて香りを嗅ぐとふわっと甘い香り。アップルの香り…はあんまりないかな。

打西菓蘋 りんごサイダー

飲んでみるとキメの細かい微炭酸でほんのり甘く、ほんのちょっと酸味を感じる。味は薄めです。バックに入った日本のりんごジュースを想像していると全く違う。りんご味の飴を溶かして炭酸を加えたような?
炭酸のキメが細かいので、お子さんが好きそうです。

お食事の時にも主張が激しくないので、蘋菓西打は箸休め的な役割をしてくれそう。てか、どんな料理にも合う!さっぱりしているので、これがあると食欲が進むのです。

私は実は蘋菓西打が大好きで常備しています。お風呂あがりにキンキンに冷やした蘋菓西打をグラスに注ぐと見た目はまさにビール。味はビール要素もお酒系でもないけれど、優しい爽快感で喉を潤せます。台湾ではきっと万人に愛されているんだろうな。

台湾ではどこの飲食店入っても置いてあるもん。私はスパイシーな鶏肉の唐揚げ鶏排や小籠包とあわせて飲むのが好きです。

皆さんも見つけたら飲んでみてくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA